アメリカン・エキスプレス必読解説2017最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

アメリカン・エキスプレス・カードのココが『お得』!

アメリカン・エキスプレス・カード

 

アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックスグリーン)は、誰もが憧れる「ステータスと上質な時間」を提供してくれるクレジットカードです。

 

ポイント優待に関しても「貯まりやすく使いやすい」と人気があり、貯めたポイントを1度でもアイテムに交換すれば、無期限ポイントとして所持できます。

 

使い道や使うタイミングが自由になることで、持つ人の日常に「楽しみ」を加えてくれるでしょう。

 

また、このカードは世界850ヶ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスのスタンダード会員に年会費無料で登録できます。

 

スタンダード会員は通常、99米ドルの年会費と27米ドルの利用料が必要ですが、このカードを所持することで年会費99米ドルが無料に

 

利用料は都度発生してしまいますが、それでも世界の空港ラウンジを使えるメリットは大きいはずです。

 

国内28空港・海外2空港の空港ラウンジについては、同伴者1名までならいつでも無料利用可能。

 

お連れ様との待ち時間も快適ですね。

 

利用可能な空港ラウンジ
  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 中部国際空港
  • 小松空港
  • 大阪国際空港(伊丹空港)
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ ホノルル国際空港
  • 韓国 仁川国際空港

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードの年会費

アメリカン・エキスプレス・カードは年会費12,000円(税抜)が必要なクレジットカードです。

 

この年会費を耳にすると「ゴールドカードでもないのに年会費が高すぎる・・・」と思う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

確かに、通常のクレジットカードでこの年会費は高額な設定です。

 

しかし、このカードはカード色がグリーンながらも、他ゴールドカード以上の「ステータスと特典」を手にできます

 

上質な特典や充実の補償内容を把握することで、年会費が安く感じられる贅沢な仕上がりに納得できるでしょう。

 

クレジットカードは「ステータスと品質にこだわりたい」という方におすすめです。

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードの国際ブランド比較

アメリカン・エキスプレス・カードの国際ブランドは富裕層向けの「アメリカン・エキスプレス(通称AMEX)」一択です。

 

アメリカン・エキスプレスが提供する、主な特典を下記にまとめてみました。

 

主なアメリカン・エキスプレス特典
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト:国内外のショッピング・旅行・食事等の優待特典
  • エクスペディア:最安値を保証する海外ホテル&ツアー代金から更に8%OFF
  • 一休.com:毎月先着100名に3,000円OFFのクーポンプレゼント
  • アップルワールド.com:国内外10万軒のホテル宿泊料5%OFF
  • 日本旅行:「特選の宿」利用で5%OFF
  • コットンクラブ:ジャズやソウル等の一流アーティストが出演する「COTTON CLUB(コットンクラブ)」限定特典
  • 新国立劇場:本格オペラ・バレエ・現代舞踏・演劇等を楽しめる「新国立劇場」優待
  • チケット・アクセス:「e+(イープラス)」にてチケット先行販売

 

この中でも特にエクスペディア優待は、海外旅行がグンとお得になるおすすめ特典です。

 

また、このカードは電子マネー「モバイルSuica」「SMART ICOCA」「楽天Edy」にチャージできます。

 

残念ながらチャージ時にポイントは貯まりませんが、利便性をアップさせることが可能です。

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードのポイント

メンバーシップ・リワード

 

アメリカン・エキスプレス・カードのポイントは「メンバーシップ・リワード」がご利用100円につき1ポイント貯まり、1ポイントを1円相当として利用できます(還元率1.0%)。

 

貯めたポイントは、通常3年に設定された有効期限内に1度でもポイント交換すれば永久ポイントとして所持可能。

 

無期限ポイント

 

人気の交換先である「マイル」へも、ポイントを貯め続け、好きなタイミングで移行することで実質無期限マイルとして所持できます

 

マイルも通常であれば有効期限3年の航空会社が多いため、無期限マイルとして持てるこのカードはお得な仕上がりと言えるでしょう。

 

また、このカードは参加費として年間3,000円(税抜)が必要な、「メンバーシップ・リワード・プラス」に追加登録することで、提携航空パートナー15社へのマイル換算レートが2,000ポイント=1000マイルから、2倍の1,000ポイント=1,000マイルにアップします。

 

提携航空会社

 

2倍のスピードでマイルが貯まるため、提携航空便を使うかどうかチェックしてみてくださいね。

 

提携航空会社15社のマイレージプログラム
  • ANA(全日空)「ANAマイレージクラブ」
  • チャイナエアライン「ダイナスティ・フライヤー・プログラム 」
  • デルタ航空 「スカイマイル」
  • ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」
  • タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」
  • キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」
  • シンガポール航空 「クリスフライヤー」
  • ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」
  • スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」
  • アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」
  • フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」
  • エティハド航空 「エティハド ゲスト」
  • エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」
  • カタール航空「プリビレッジクラブ」
  • エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」

 

ANAマイレージクラブへ参加するには、別途マイレージ参加登録費として年間5,000円(税抜)が必要ですが、他の航空会社へは手数料無料でマイル移行が可能です。

 

更に、このカードはボーナスポイント・パートナーズ提携店舗の利用で最大10倍のポイントが貯まるため、旅行&出張だけでなく日常生活でもポイント獲得に優れています。

 

貯めたポイントは「ポイント・フリーダム」として旅行代金に充当したり、カード利用代金の支払いに使えたりと使い道も豊富。

 

ヨドバシカメラや高島屋では3,000ポイントを1,000円分の商品券にも交換でき、ギフト用としても活躍してくれます。

 

ポイント・フリーダムは還元率0.3%~0.4%と低いため、決してお得な交換先ではありませんが、他のカードには無い選択肢として役に立つでしょう。

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードの補償とサービス

アメリカン・エキスプレス・カードには最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険と最高500万円のショッピング保険が付帯しています。

 

この補償だけでもゴールドカードと同等の充実した付帯内容となっていますが、アメリカン・エキスプレス・カードはAMEX発行カードならではの特別な特典を用意しています。

 

旅の出発から帰宅までを快適に過ごせる特典として、海外旅行の際にスーツケース1個を無料配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」や、出発・帰国時に提携タクシーを専用チャーターとして定額料金で利用できる「エアポート送迎サービス」を利用できます(羽田・成田・中部・関西)。

 

旅先での特典としては「グローバル・ホットライン」を利用でき、レジャーや食事の予約、医療機関の紹介にいたるまで世界中ほぼ全ての国から24時間通話無料でサポートを受けられます。

 

これはどこに出掛けるにも「お得+安心」を携帯できる心強いサービスです。

 

また、旅行以外の特典としても、カード購入した商品の返品をお店側が応じてくれない場合にAMEXが返品を受け付けてくれる「リターン・プロテクション」や、インターネット上でクレジットカードを不正利用されても金額保証してくれる「オンライン・プロテクション」を利用可能。

 

日常生活におけるトラブルにも柔軟に対応できます。

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードおすすめの使い方

アメリカン・エキスプレス・カードは、ポイントを無期限ポイントとして可能な限り貯め、一気にマイル交換を行う使い方がおすすめです。

 

マイルへの換算レートが2倍になる「メンバーシップ・リワード・プラス」への参加も視野に入れることで、ビジネスクラスやファーストクラスへの搭乗も叶えられます。

 

提携航空会社も多いため、「日常生活で貯めたポイントで世界に出られる1枚」として活用しましょう。

 

AMEX特典である「エクスペディア8%OFF特典」を使うことで、旅先での『お得』も手にできますよ。

 

エクスペディア8%OFF

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

アメリカン・エキスプレス・カードは特にデメリットはありませんが、高額な年会費には注意が必要です。

 

AMEXが得意とするトラベル&エンターテイメント特典を全く利用しない場合には、ポイントだけで元を取るのは困難になってしまいます。

 

世界で通用する高いステータスと他サービスを、ご自身のライフスタイルに照らし合わせて判断すべきでしょう。

 

ETCカードは2年目以降に500円(税抜)が必要となりますが、年1回以上のETC利用があれば無料になります。

 

自動車を日常的に使う方であれば、比較的簡単にクリアできますね。

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードのライバル比較

アメリカン・エキスプレス・カードのライバルは、上位に位置するアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

 

比較すると、ステータスでは券面がゴールドに輝くアメックスゴールドが群を抜いていますが、コストパフォーマンスという意味ではアメックスグリーンが優れています

 

アメックスグリーンでできることはアメックスゴールドで全て利用可能なため、「追加特典を利用するかどうか」で決めましょう。

 

 

アメリカン・エキスプレス・カードのまとめ

アメリカン・エキスプレス・カードは国内・海外を飛び回るビジネスマンや旅行好きの方が、普通とは一味違うサービスを手にできるクレジットカードです。

 

他社のゴールドカードを超える「心配りの利いた1枚」として、築き上げられた揺るぎないステータスを手にできます。

 

日常生活から旅の時間に至るまで、「贅沢」の名にふさわしいサービスを堪能できるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

カード名 アメリカン・エキスプレス・カード
申込資格 20歳以上の安定した収入がある方で、日本国内に定住所をお持ちの方
発行期間 約3週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い -
2年目以降 税抜12,000円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 税抜6,000円+税 分割払い
2年目以降 税抜6,000円+税 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 20日 支払日 翌月10日

アメリカン・エキスプレス・カードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高5,000万円 ショッピング保険 最高500万円
国内 最高5,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 初年度無料
備考 2年目以降 税抜500円+税(年1回以上利用で無料)

電子マネー

電子マネー チャージ:モバイルSuica/SMART ICOCA/楽天Edy

空港サービス

空港ラウンジ プライオリティパス

発行会社

会社名 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
所在地 東京都杉並区荻窪4-30-16
設立日 1954年11月

JCB CARD W