イオンカード必読解説2017最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

イオンカードのココが『お得』!

イオンカード

 

イオンカードはイオングループ店舗であるイオン・ダイエー・マックスバリュ・ミニストップ等でお買い物をする方へ、多くのお得を還元するおすすめクレジットカードです。

 

持っているだけでも力を発揮するこのカードは、日々のお買い物に少し『お得』意識をプラスするだけで、今までの生活に節約をもたらしてくれます。

 

「毎月20日・30日5%OFF」優待は、イオンカードを代表する特典として有名ですね。

 

主なイオンカード特典
  • イオン:毎月20日・30日5%OFF
  • イオン:55歳以上に限り、毎月15日5%OFF(G.G感謝デー)
  • イオン:ぴゅあウォーター1日2回まで給水無料(最大7.6リットル/日)
  • イオンシネマ:会員+同伴1名300円OFF
  • ビッグエコー:最大30%OFF
  • シダックス:最大20%OFF
  • オリックスレンタカー:最大50%OFF
  • ニッポンレンタカー:5%OFF
  • エクスペディア:海外ホテル9%OFF、航空券+ホテル2,500円OFF

 

イオンシネマでは2人で特典を楽しむことができ、毎月20日・30日であれば、カードを提示するだけで1,100円にて鑑賞できます。

 

お連れの方とも一緒に楽しめる、おすすめ優待と言えるでしょう。

 

 

イオンカードの年会費

イオンカードは年会費永久無料で利用できます。

 

1枚持つことで、食料品や生活雑貨のお買い物を安く抑えられるため、節約をお考えの主婦の方や一人暮らしの方におすすめです

 

家計管理が楽になるメリットも同時に手にできます。

 

 

イオンカードの国際ブランド比較

イオンカードはVISA・MasterCard・JCBが使えます。

 

どのブランドを比較しても大差はありませんが、MasterCard選択時であれば、電子マネー「au WALLET」にチャージが可能です。

 

au WALLET

 

おサイフケータイとして使えるiDは全ブランドで使えるため、au WALLETを使いたい方はMasterCardが有力候補となるでしょう。

 

「海外利用ならVISA・MasterCard、国内ならJCB」という選択方法もおすすめですよ。

 

 

イオンカードのポイント

イオンカードはイオンフィナンシャルサービスの「ときめきポイント」がご利用200円につき1ポイント貯まり、イオングループ対象店舗の利用でいつでも2倍のポイントが貯まります(還元率1.0%)。

 

ポイント2倍対象店舗
  • イオン
  • ダイエー
  • マックスバリュ
  • ザ・ビック
  • ピーコックストア
  • KASUMI
  • マルナカ
  • まいばすけっと
  • イオンモール
  • イオンリカー
  • R.O.U
  • 未来屋書店
  • 四六時中
  • イオンペット
  • タルボット
  • イオンボディ
  • ウエルシア薬局
  • イオンスタイル
  • グルメシティ
  • イオンスーパーセンター
  • アコレ
  • サンデー
  • KOHYO
  • ホームワイド
  • ミニストップ
  • イオンタウン
  • イオンバイク
  • スポーツオーソリティ
  • イオンコンパス
  • イオンシネマ
  • saQwa
  • ikka
  • ハックドラッグ

 

また、毎月10日であれば「Wポイントデー」として、イオングループ以外でもポイントが2倍に。

 

どこで使っても『お得』を手にできる、おすすめ特典です。

 

その他にも、このカードは会員サイトである「ときめきポイントTOWN」を経由してお買い物をすると、最大21倍のポイントを獲得できます。

 

ネットショッピングでもお得な1枚として活躍してくれるでしょう。

 

 

イオンカードの補償とサービス

イオンカードには旅行傷害保険は付帯していませんが、最高50万円のショッピング保険が付帯しています。

 

これは、クレジットカードで購入した一品5,000円以上の商品が偶然による事故(破損事故・火災事故・盗難事故)等で、被害を受けた場合に補償してくれる保険です。

 

このような現金払いにはない『安心』は、いざという時にホッとできる心強い特典と言えるでしょう。

 

海外旅行のトラブルに対応してくれる「イオンワールドデスク」を有効活用することで、プラスアルファの『安心』も手にできますよ。

 

イオンワールドデスク
  • 各国・各都市に関する情報
  • 交通機関に関する情報
  • ホテル、レストラン、土産物の情報
  • 現地ツアー・観光に関する情報
  • レンタル用品、手荷物ピックアップサービス等のその他案内

 

 

イオンカードおすすめの使い方

イオンカードはカード名にもある通り、「イオン」をお得に使い倒す1枚として利用しましょう。

 

毎月20日・30日の5%OFF特典は、クレジットカード決済を行わなくてもレジでカードを提示するだけで割引を受けられます

 

カードで支払えば、決済分のポイントが別途貯まるため、できる限りカードを使ったほうがお得ですが、カード決済に抵抗がある方は提示利用がおすすめです。

 

お買い物はイオングループ店舗に限定し、日々の節約に役立ててくださいね。

 

 

イオンカードのデメリット

イオンカードは年会費無料で使えるため、デメリットはありません。

 

ポイントの還元率が低めに設定されていますが、5%OFFで食料品や生活雑貨を購入できるため、目に見えたお得を手にできます。

 

イオンの「専用カード」としても使えますよ。

 

 

イオンカードのライバル比較

イオンカードのライバル比較としての対象は、同じイオン発行のラインナップであるイオンカード(WAON一体型)です。

 

イオンカード(WAON一体型)はイオンカードに電子マネー「WAON」を組み込んだ1枚として、利便性がアップしています。

 

年会費も同じく無料で使え、ポイント優待も充実しているため、こだわりがない方はイオンカード(WAON一体型)がおすすめです

 

その他にも、イオン銀行と連携するイオンカードセレクトや、通勤&通学で活躍するイオンSuicaカード、JALマイルの貯まるイオンJMBカード(JMB WAON一体型)など、目的別に用意されたラインナップも充実。

 

ライフスタイルにピッタリ合った1枚を見つけられます。

 

 

イオンカードのまとめ

イオンカードは年会費永久無料で、イオングループ店舗の多彩な割引&ポイントを手にできる、生活密着型クレジットカードです。

 

このカードを持つことにより、今までのお買い物では実感できなかった『お得』を、家計の節約に大きく役立てることができます。

 

生活エリアにイオンがある方にとっては、必携の1枚として活躍してくれるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

イオンカードの基本情報

カード名 イオンカード
申込資格 18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
発行期間 約3週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 無料 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い
2年目以降 無料 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 10日 支払日 翌月2日

イオンカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 - ショッピング保険 最高50万円
国内 - 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー おサイフケータイ:iD チャージ:au Wallet(MasterCard)

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 イオンクレジットサービス株式会社
所在地 東京都千代田区神田美土代町1番地 住友商事美土代ビル
設立日 1981年6月

JCB CARD W