スヌーピーカード必読解説2017最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

スヌーピーカードのココが『お得』!

スヌーピーカード

 

スヌーピーカードは三菱UFJニコスが発行するデザインカードとして、お財布を可愛く彩れる1枚です。

 

入会時にデザインを4種類から自由に選択でき、発行後の変更もいつでも可能なため、新鮮な気持ちでカード利用を楽しめます。

 

デザイン

 

デザインの変更は別途1,000円(税抜)が必要となりますが、常にお気に入りのデザインを持ち歩くことが可能。

 

スヌーピーが好きな方におすすめのクレジットカードです。

 

 

スヌーピーカードの年会費

スヌーピーカードの年会費は初年度無料で2年目以降においては1,250円(税抜)が必要です。

 

しかし学生は在学中無料、その他の方もリボ払いである「楽Pay」の登録後に利用金額が繰越されると年会費が半額になります。

 

楽Pay年会費優遇

 

この楽Payは初回のリボ払い手数料が無料なため、一度だけの繰り越しであれば年会費優遇を受けられお得です

 

しかし他の月は利用金額が繰り越されないように、設定金額の調整が必要になります。

 

この特典を使う際には、リボ手数料が発生しないように気を付けましょう。

 

 

スヌーピーカードの国際ブランド比較

スヌーピーカードはVISAとMasterCardからお好きな国際ブランド選べます。

 

VISAとMasterCardなら国内・海外で不自由なく使え、中国に必携とされる銀聯カードも発行手数料1,000円(税抜)で所持可能です

 

出張や留学に活躍してくれるでしょう。

 

またこのカードは電子マネーである、nanaco・モバイルSuica・楽天Edy・SMART ICOCAへクレジットチャージできます。

 

電子マネー対応

 

クレジット決済分のポイントは貯まりませんが、各電子マネーに前もってチャージしておけば、電車やコンビニ利用時にスマートな決済が可能に。

 

電子マネー決済分として、各電子マネーのポイントをそれぞれ獲得できます。

 

 

スヌーピーカードのポイント

スヌーピーカードはMUFGカードの「スヌーピーポイント」がご利用1,000円につき1ポイント貯まり、前年の利用金額に応じて翌年のポイントがアップする「グローバルPLUS」を利用できます。

 

グローバルPLUS
  • 50万円以上100万円未満:1.1倍(還元率0.55%)
  • 100万円以上:1.2倍(還元率0.6%)

 

また貯めたポイントは、500ポイント単位で1ポイント=4円のキャッシュバックとして使え、共通ポイントであるTポイントやRポイント、Pontaポイントにも交換できます。

 

キャッシュバック

 

共通ポイントへの交換レート
  • 500ポイント→Tポイント2,250ポイント(還元率0.45%)
  • 500ポイント→Rポイント2,500ポイント(還元率0.5%)
  • 500ポイント→Pontaポイント2,500ポイント(還元率0.5%)

 

ポイントの使い道に困らない仕上がりと言えるでしょう。

 

このカードでポイントを貯めれば、スヌーピーのオリジナルグッズにも交換できちゃいますよ。

 

 

スヌーピーカードの補償とサービス

スヌーピーカードは最高2,000万円の海外旅行傷害保険と最高100万円のショッピング保険が付帯しています。

 

このショッピング保険は、保険の適用範囲が国内でのリボ払い・分割払いに限定されていますが、こちらも楽Payを使うことで1回払いも対象なります。

 

リボ払い手数料とのバランスをしっかり計算して、利用を検討しましょう。

 

 

スヌーピーカードおすすめの使い方

スヌーピーカードは、「スヌーピーに関する限定特典を満喫してほしい」クレジットカードです。

 

デザイン券面やオリジナルグッズ以外にも、このカードはスヌーピーの情報誌である「SNOOPY CARD PRESS(PEANUTS HOT NEWS)」を毎月の利用明細と一緒に受け取れます。

 

グッズの販売やイベント情報が掲載されているため、スヌーピー好きな方におすすめの情報誌です。

 

またこのカードは、POINT名人.comと呼ばれるポイントアップモールを経由してネットショッピングを行うと、最大25倍のポイントを獲得できます。

 

頻繁に使うお店がないかチェックしてみてくださいね。

 

主なPOINT名人.com提携先
  • 楽天市場:2倍
  • 楽天ブックス:2倍(キャンペーン時4倍)
  • 楽天トラベル:2倍(キャンペーン時3倍)
  • Yahooショッピング:2倍
  • Amazon:2倍
  • LOHACO:3倍
  • じゃらん:2倍
  • ポンパレモール:2倍(キャンペーン時4倍)
  • セブンネットショッピング:2倍(キャンペーン時7倍)
  • ワタシプラス資生堂:3倍(キャンペーン時5倍)
  • セシール:3倍
  • ファンケル:4倍
  • JAL:2倍
  • ANA(スカイウェブツアー):2倍(キャンペーン時3倍)
  • JTB国内旅行:3倍
  • JTB海外旅行:3倍
  • JTBるるぶトラベル:3倍
  • HIS:2倍
  • じゃらん:2倍
  • 一休.com:2倍(キャンペーン時3倍)
  • エクスペディア(海外・国内航空券):2倍
  • エクスペディア(ダイナミックツアー):2倍(キャンペーン時3倍)
  • ジャパネットたかた:2倍(キャンペーン時3倍)
  • マルイ:3倍
  • NIKE:3倍(キャンペーン時5倍)
  • COACH(コーチ):6倍
  • FolliFollie:6倍
  • ユニクロ:2倍
  • GU(ジーユー):2倍
  • GAP:4倍
  • FOREVER 21:2倍
  • クロックス:4倍

 

 

スヌーピーカードのデメリット

スヌーピーカードにはデメリットはないものの、ETCカードの発行に1,000円(税抜)が必要なことと、ポイントの獲得単位が1,000円に設定されていることに注意が必要です。

 

ポイントに関してはお買い物の都度、1,000円未満のポイントが切り捨てられるわけではありませんが、月間利用額に対しての100円単位は切り捨てられてしまいます

 

影響はそれほど大きくはありませんが、注意点と言えるでしょう。

 

 

スヌーピーカードのライバル比較

スヌーピーカードのライバルは、同じMUFGカードが発行するMUFGカード(ディズニー・デザイン)です。

 

MUFGカード(ディズニー・デザイン)はオリジナルグッズ等の特典こそないものの、その代わりにポイント特典や補償面ではスヌーピーカードを上回っています

 

ミッキーマウスが券面に描かれ、スヌーピーカードと同様に可愛く所持できるため、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

 

 

スヌーピーカードのまとめ

スヌーピーカードは周りの注目を集めるデザイン性と、そのデザインをいつでも選び直せる自由度の両方を提供してくれるクレジットカードです。

 

オリジナルグッズや会員限定の情報誌も手にできることで、他のクレカでは味わえない満足感を得られます。

 

友人や家族に「あれっ。またクレジットカードを変えたの?」と言われちゃうかもしれませんね(笑)。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

スヌーピーカードの基本情報

カード名 スヌーピーカード
申込資格 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方(高校生を除く)
発行期間 最短翌営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 税抜1,250円+税
(在学中無料)
ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い
2年目以降 税抜400円+税 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 15日 支払日 翌月10日

スヌーピーカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高2,000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 - 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 新規発行手数料 税抜1,000円+税

電子マネー

電子マネー チャージ:nanaco/モバイルSuica/楽天Edy/SMART ICOCA

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 三菱UFJニコス株式会社
所在地 東京都文京区本郷3-33-5
設立日 1951年6月

JCB CARD W