ビックカメラSuicaカード必読解説2017最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ビックカメラSuicaカードのココが『お得』!

ビックカメラSuicaカード

 

ビックカメラSuicaカードはビューカード(JR東日本グループ)が発行する、ビックカメラ&Suicaでお得なクレジットカードです。

 

より便利に改札を抜けられるオートチャージ機能や、貯まりやすいポイントは日常生活に大きく貢献してくれます。

 

Suica利用可能エリア
  • Suicaエリア:首都圏エリア(PASMOエリア含む)、仙台エリア、新潟エリア
  • SAPICAエリア:札幌エリア
  • Kitacaエリア:JR北海道
  • TOICAエリア:JR東海
  • manacaエリア:名古屋市交通局、名鉄等
  • ICOCAエリア:JR西日本、大阪市交通局等
  • SUGOCAエリア:JR九州
  • nimocaエリア:西鉄等
  • はやかけんエリア:福岡市交通局

 

残念ながらオートチャージは、首都圏・仙台・新潟エリアにしか対応していません。

 

しかし「Suicaインターネットサービス」を使えば、全国のエリアでチャージ可能です。

 

Suicaインターネットサービス

 

「ビックカメラでお買い物をするかどうか」に重点を置き、比較検討しましょう。

 

 

ビックカメラSuicaカードの年会費

ビックカメラSuicaカードは年会費初年度無料で、2年目以降は477円(税抜)が必要です。

 

しかしカードを年1回以上すれば、翌年の年会費が無料になり、実質無料カードとして所持できます

 

実質無料特典

 

また利用明細書を、郵送からWebに切り替える「Web明細ポイントサービス」に登録すれば、毎月20ポイント(50円相当)を入手可能。

 

ひと月に1回、カード利用やSuicaチャージするだけで、年間で最大240ポイント(600円相当)が貯まります。

 

できる限りWeb明細に切り替えて、年会費以上のお得を手にしてくださいね。

 

 

ビックカメラSuicaカードの国際ブランド比較

ビックカメラSuicaカードはVISA・JCBからお好きな国際ブランドを選べます。

 

VISAは海外利用に強く、JCBなら国内利用において手厚いサービスを受けられます。

 

Apple Payでは、VISA選択時にSuicaチャージ未対応となるため、注意しましょう。

 

 

ビックカメラSuicaカードのApple Pay対応

ビックカメラSuicaカードは、Apple Pay対応クレジットカードです。

 

割り当ての電子マネーは「QUICPay」となり、コンビニやスーパー、全国の加盟店で利用できます。

 

ビックカメラSuicaカードのApple Pay対応

 

JCB選択時ならSuicaチャージでポイント3倍、VISAはチャージ未対応ですが、Suicaアプリでオートチャージ設定を行えば、同様にポイントが3倍貯まります

 

「VISAはオートチャージ設定が必要」と覚えておきましょう。

 

またApple Payでビックカメラのお買い物をすると、通常10%貯まるポイントが8%しか貯まりません

 

2%の分のポイントを損してしまうため、ビックカメラではApple Payの利用は控えましょう。

 

 

ビックカメラSuicaカードのポイント

ビックカメラSuicaカードは2つのポイントが貯まるクレジットカードです。

 

ご利用1,000円につきビックポイントが5ポイント(5円相当)、ビューサンクスポイントが2ポイント(5円相当)貯まります(合計還元率1.0%)。

 

ビックカメラSuicaカードのポイント優待

 

貯めたポイントも、効率良くそれぞれのポイントに交換できるため安心です。

 

「ポイントがバラバラで管理が難しい・・・」ということにもなりません。

 

ビックカメラSuicaカードのポイント交換
  • ビックポイント1,500ポイント→Suicaチャージ1,000円分
  • ビューサンクスポイント400ポイント→ビックポイント1,000ポイント
  • ビューサンクスポイント400ポイント→Suicaチャージ1,000円分

 

Suicaへチャージできるのは嬉しいですね。

 

またこのカードは、「VIEWプラス」対象商品の購入でポイントが3倍、「Suicaポイントクラブ」の提携店舗で追加ポイントも獲得できます。

 

VIEWプラス対象商品(JR東日本)
  • Suica定期券
  • Suicaチャージ
  • オートチャージ
  • モバイルSuica利用
  • 乗車券購入
  • 定期券購入
  • 特急券購入
  • 回数券購入
  • 特別企画乗車券購入
  • 携帯電話等による「エキネット」からのライナー券予約
  • モバイルSuica・Suicaアプリケーション利用
  • JR東日本国内ツアー購入

 

主なSuicaポイントクラブ提携先
  • KIOSK:200円につき1ポイント
  • NewDays:200円につき1ポイント
  • acure(アキュア):100円につき1ポイント
  • 駅弁屋:200円につき1ポイント
  • 駅そば:200円につき1ポイント
  • Perie(ペリエ):200円につき1ポイント
  • ecute(エキュート):100円につき1ポイント
  • Jexer(ジェクサー):100円につき1ポイント
  • スリーエフ:200円につき1ポイント
  • イトーヨーカドー:200円につき1ポイント
  • 紀伊国屋書店:100円につき1ポイント
  • コナカ:100円につき1ポイント
  • 洋服の青山:100円につき1ポイント
  • タイムズ:100円につき1ポイント
  • ANA:200円につき1ポイント
  • ヤマト運輸:200円につき1ポイント

 

上記記載の駅ナカ自動販売機「acure(アキュア)」なら、追加ポイントと「VIEWプラス」のSuicaチャージ分で、最大2.5%のポイントを獲得できます。

 

特約店優待である、ガソリンスタンド「ENEOS(エネオス)」でも2倍のポイントが貯まりますよ。

 

 

ビックカメラSuicaカードの補償とサービス

ビックカメラSuicaカードは最高500万円の海外旅行傷害保険と、最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯しています。

 

海外旅行傷害保険は、旅行代金をカードで支払わなくても自動付帯で保険が適用され、国内旅行傷害保険は切符や旅行商品をカード決済すると、電車の乗車中も補償してくれます。

 

残念ながらSuica決済は保険対象外ですが、いざという時に役立つ補償内容と言えるでしょう。

 

紛失・盗難時であればSuicaチャージの残額分も補償してくれます

 

通勤や通学にも安心して使えますね。

 

 

ビックカメラSuicaカードおすすめの使い方

ビックカメラSuicaカードのおすすめの使い方は、「ビックカメラのお買い物とSuicaの合わせ技で、11.5%のポイント還元を手に入れよう」です。

 

ビックカメラでは通常、現金支払いの際に10%のポイントが貯まりますが、このカードも現金払いと同様に10%分のポイントを獲得できます。

 

他のクレジットカードでは8%分しかポイントが貯まらないため、この時点ですでにお得です。

 

しかしこのカードは更に、チャージしたSuicaでお買い物を行うことで、「1.5%+10%=11.5%」の還元を受けられます(VIEWプラス特典)。

 

ビックカメラ11.5%還元

 

Suicaチャージへは2万円が上限となるため、高額商品の購入では残額が現金払いとなってしまいますが、それでも「2万円分は11.5%、残りの支払いは10%」のポイントを獲得可能です。

 

ビックカメラで最もポイントを獲得できる使い方として、有効活用してくださいね。

 

ビックカメラの子会社であるコジマでも、「現金ポイント+1.5%」を獲得できますよ。

 

 

ビックカメラSuicaカードのデメリット

ビックカメラSuicaカードは実質年会費無料でいつでもどこでも1.0%のポイントが貯まるため、デメリットはありません。

 

しかし、ETCカードの年会費が477円(税抜)必要なことと、定期券をクレジットカードに組み込めないことに注意しましょう

 

「ビックカメラの利用を前提に考えた1枚」として使うのがおすすめです。

 

 

ビックカメラSuicaカードのライバル比較

ビックカメラSuicaカードはビックカメラ利用を優先に考えた場合、ライバルは特にいません。

 

しかしSuicaの利用に重点を置いた場合には、「ビュー・スイカ」カードがライバルの有力候補となるでしょう。

 

どちらのカードもSuicaチャージで1.5%のポイント得られますが、「ビュー・スイカ」カードであれば、定期券をクレジットカードに組み込めます

 

定期券の購入分も紛失・盗難保障の対象になるため、Suicaに関しては「ビュー・スイカ」カードがお得です。

 

ポイントの獲得面においては、「ビュー・スイカ」カードが常時0.5%還元なのに対し、ビックカメラSuicaカードならいつでも1.0%還元を手にできます。

 

「Suicaとの連携を重視するのか?ポイントを重視するのか?」を考慮して比較してくださいね。

 

 

ビックカメラSuicaカードのまとめ

ビックカメラSuicaカードは日常的に使うSuicaの利便性を確保しつつ、家電や日常雑貨をお得に購入できる、生活密着型のクレジットカードです。

 

「ビックカメラ+Suica+VIEW」を叶えるこのカードがあれば、新生活の準備から出勤&通学に至るまで、日常生活を幅広くサポートしてくれます。

 

ビックカメラを最もお得に使える1枚として、クレジットカードを節約に役立てたい方におすすめです。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ビックカメラSuicaカードの基本情報

カード名 ビックカメラSuicaカード
申込資格 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方(高校生除く)
発行期間 約1週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 税抜477円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 - 分割払い
2年目以降 - リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 月末 支払日 翌々月4日

「ビュー・スイカ」カードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高500万円 ショッピング保険 -
国内 最高1,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 税抜477円+税
備考 -

電子マネー

電子マネー 一体型:Suica チャージ:モバイルSuica

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社ビューカード
所在地 東京都品川区大崎一丁目5番1号 大崎センタービル
設立日 2009年9月

jcb一般