ライフカード必読解説2017最新版

最新記事: 更新
「ライフカード」は2017年7月からポイント優待が一部変更になります。お申し込みの際には、必ずこちらをご覧ください。
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ライフカードのココが『お得』!

ライフカード

 

ライフカードは「何も気にせず、とにかくポイントをザクザク貯めたい!」という方におすすめな、当サイト一押しのクレジットカードです。

 

一般的にポイント高還元と呼ばれるクレジットカードは「加盟店利用でポイント○倍」など、ある特定のサービスでしかポイントボーナスが貰えない仕組みになっています。

 

そのため、特定のサービスを使わなければ「特典」をフル活用できません。

 

しかしこのライフカードなら、とても簡単に業界最高還元のポイントを獲得できます(還元率0.5%~3.3%)。

 

また貯めたポイントは、交換手数料なしでANAマイルにも移行可能

 

クレカのお得で、優雅な空の旅を満喫できます。

 

自分へのご褒美にも活用できる1枚と言えるでしょう。

 

 

ライフカードの年会費

ライフカードは年会費永久無料で所持できるため、持ったその日から「お得だけ」が自分の懐に入ってきます。

 

これはクレジットカードを選ぶ上で、とても大切なことです。

 

どれだけポイントが貯まりやすく、充実のサービスを提供してくれるクレジットカードでも、年会費が高額で元が取れないようでは持つ意味はありません

 

ライフカードはクレカを頻繁に使わない方でも、「いざという時の1枚」として活躍してくれます。

 

 

ライフカードの国際ブランド比較

国際ブランド比較

 

ライフカードはJCB・VISA・MasterCardから、国際ブランドを自由に選べます。

 

全ての国際ブランドで電子マネー「楽天Edy」と「nanaco」が使え、共に1,000円チャージにつき0.5ポイント貯まります(還元率0.25%)。

 

またMasterCardを選べば、「au WALLET」も追加で利用可能。

 

ポイント優待においても楽天Edyやnanacoより優れているため、どの国際ブランドを選べばいいのか悩んだ場合は「MasterCard」がおすすめです

 

au WALLET

 

セブンイレブンにおいて自動車税や国民年金、国民健康保険等を支払える「nanacco」は、他のクレジットカードだとJCBブランドでしか使えません

 

しかしこのカードなら、VISA・MasterCardでもnanacoが使えるため、選択肢を広く持てます

 

国際ブランドに関しては、その他に大きな違いはありませんので、「電子マネー」と「海外利用の有無」で選ぶようにしましょう。

 

海外利用ではVISA・MasterCardが不自由なく使えますよ。

 

 

ライフカードのポイント

ここからは、ライフカードの最大の特徴である「ポイント特典」について解説していきます。

 

ライフカードは、LIFEサンクスポイントがご利用1,000円につき1ポイント貯まり、1ポイントは5円相当として使えます(還元率0.5%)。

 

・・・と、ここまでは他のクレジットカードとあまり大差はありません。

 

しかしこのライフカードは、入会から1年間は常にポイント1.5倍、誕生日月にいたってはナント5倍(還元率2.5%)のポイントが貯まります。

 

ポイント優待概要

 

これは誕生日月であれば、月中のいつ利用しても5倍のポイントが貯まる高還元特典です。

 

誕生日月にまとめ買いをすることで、どのクレジットカードよりも早くポイントが貯まります(au WALLETチャージは5倍対象、楽天Edy・nanacoチャージは対象外)。

 

例えば、「ポイント有効期限5年以内の誕生日月に300万円」使えば、10万円分のギフト券も入手できちゃいます(還元率3.3%)。

 

また、ライフカードには「ステージ制プログラム」というポイントボーナスも完備。

 

ステージ制プログラム

 

これは前年の利用金額によって3段階の利用ステージが用意されており、上位のステージになるほど、翌年のポイント還元率が上がるというものです。

 

最高位のプレミアムステージにもなると、翌年は1年間いつでも2倍のポイントが貯まるため、継続して高還元ポイントを獲得できます(還元率1.0%)。

 

ステージ制プログラム
  • プレミアムステージ:前年利用金額150万円以上でポイント2倍(還元率常時1.0%)
  • スペシャルステージ:前年利用金額50万円以上でポイント1.5倍(還元率常時0.75%)
  • レギュラーステージ(通常時):前年利用金額50万円未満でポイント1倍(還元率0.5%)

 

更にこのカードは、年間利用額が50万円を超えると、毎年スペシャルボーナスとして300ポイントがプレゼントされます。

 

スペシャルボーナス

 

50万円以上利用し、「スペシャルステージ+スペシャルボーナス」の獲得を目指しましょう。

 

ライフカードは他にも、繰り越し手続きでポイントを最大5年間所持できたり、会員限定サイト「L-Mall」経由の利用で最大25倍のポイントが貯まります。

 

主なL-Mall提携先
  • 楽天市場:2倍
  • 楽天ブックス:3倍(キャンペーン時4倍)
  • 楽天トラベル:2倍(キャンペーン時3倍)
  • Yahooショッピング:2倍
  • Amazon:2倍
  • LOHACO:3倍
  • じゃらん:2倍(キャンペーン時3倍)
  • ポンパレモール:2倍(キャンペーン時4倍)
  • GROUPON(グルーポン):4倍(キャンペーン時9倍)
  • セブンネットショッピング:4倍(キャンペーン時7倍)
  • ワタシプラス資生堂:3倍(キャンペーン時5倍)
  • セシール:3倍
  • ファンケル:4倍
  • JALパック(国内ツアー):2倍(キャンペーン時3倍)
  • JALパック(海外ツアー):3倍(キャンペーン時4倍)
  • ANA(スカイウェブツアー):2倍(キャンペーン時3倍)
  • JTBツアー:3倍
  • HIS:2倍
  • 一休み.com:2倍(キャンペーン時4倍)
  • エクスペディア(海外・国内航空券):2倍
  • エクスペディア(ダイナミックツアー):2倍(キャンペーン時3倍)
  • ジャパネットたかた:2倍(キャンペーン時3倍)
  • マルイ:3倍
  • NIKE:4倍(キャンペーン時5倍)
  • FolliFollie:5倍
  • GU(ジーユー):2倍
  • GAP:4倍
  • FOREVER 21:2倍
  • クロックス:4倍(キャンペーン時6倍)
  • 靴下屋:6倍

 

「知って得する」ポイント優待が目白押しですね。

 

 

ライフカードの補償とサービス

ライフカードには旅行傷害保険やショッピング保険は付帯していませんが、紛失・盗難補償が付帯しています。

 

これはクレジットカードを落としてしまった際や、盗難被害に遭い不正利用された場合にも損害を補償し、犯罪であるスキミングやフィッシング詐欺から利用者を守ってくれる心強い保険です。

 

また、このカードは最短3営業日にてカードの発行が可能で、急な出費等にも柔軟に対応してくれます。

 

「使い勝手も良く、長く使えるカード」を、急ぎで探している場合にもおすすめです

 

ライフカードはライフスタイルに合わせて選べるラインナップも充実しています。

 

ライフカードのラインナップ

 

どのカードを選んでも、同様のポイント優待が使えるため、ご自身のライフスタイルに合わせて検討してくださいね。

 

 

ライフカードおすすめの使い方

ライフカードはいかに「誕生日月にポイントを5倍で手に入れるか」「年間50万円以上利用し、スペシャルステージ+ボーナス300ポイントを手に入れるか」というところに注力すべきクレジットカードです。

 

おすすめの使い方は、誕生日月に思いつく全てのまとめ買いを行い、その他の月は楽天市場やnanacoチャージでお得な楽天カードや、公共料金の支払いでお得なVIASOカードを上手に併用する方法です。

 

誕生日月に「どこで使っても1ヶ月間2.5%還元のポイントが手に入る」高還元カードは、ライフカード以外に存在しません

 

最強のサブカードとして1枚押さえておくべきです。

 

また、上級者の使い方としてはMasterCardを選び、au WALLETを活用するという使い方もできます。

 

ライフカード×au WALLET活用術
  • au WALLETチャージ:誕生日月2.5%+au WALLET支払い時:au WALLETポイント0.5%=合計3.0%還元

 

au WALLETへのチャージは10万円が限度となっているため、誕生日月にまとめて10万円分をチャージ。

 

ハードルは高いですが、誕生日月だけでAmazonギフト券等の購入により50万円の利用ができれば、「スペシャルステージ翌年ポイント1.5倍+ボーナス300ポイント」もゲットできます。

 

メインカードとしてお考えの方は、できる限り誕生日に出費をまとめることは同様ですが、nanacoチャージ等で公共料金を支払えば、プラスアルファのお得も手にできます

 

特典をフル活用し、高還元カードの恩恵を満喫しましょう。

 

 

ライフカードのデメリット

ライフカードは年会費無料で持てるため、特にデメリットのないクレジットカードです。

 

しかし、家族カードを発行した際の「誕生日月ポイント5倍特典」は、本会員のみの誕生日にしか適用されないことに注意しましょう。

 

例えば旦那さま8月生まれ、奥さま12月生まれとした場合でも、奥さまの家族カードに紐づけされる誕生日月は、旦那さまの生まれ月である8月となります

 

家族という範囲で一つの誕生日しか適用されないため、注意が必要です。

 

 

ライフカードのまとめ

ライフカードは業界最高水準のポイント還元を、「誕生日月に使う」という簡単な条件で手にできるクレジットカードです。

 

どこのお店でもお得に使える自由度と、目に見えて貯まるポイント還元の両方を手にできます。

 

年会費無料でずっと使えることから、最強のサブカードとしても活躍してくれるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ライフカードの基本情報

カード名 ライフカード
申込資格 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方
発行期間 最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 無料 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い
2年目以降 無料 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 5日 支払日 当月27日

ライフカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 - ショッピング保険 -
国内 - 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー チャージ:楽天Edy/iD/nanaco/au WALLET/モバイルSuica

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 ライフカード株式会社
所在地 神奈川県横浜市青葉区荏田西1-3-20
設立日 2010年7月

VIASOカード