三井住友VISAゴールドカード必読解説2017最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

三井住友VISAゴールドカードのココが『お得』!

三井住友VISAゴールドカード

 

三井住友VISAゴールドカードは2,100万人以上の会員数を誇る「三井住友VISAカード」が、上質かつきめ細やかなサービスの提供を目的として発行しているゴールドカードです。

 

選ばれた会員だけが所持できるこのステータスカードは、基本的なクレジットカードの機能は全て備わっており、国内でも海外でも不自由なく利用できます。

 

旅行や出張など様々なシーンで活躍する万能カードとも言えるでしょう。

 

 

三井住友VISAゴールドカードの年会費

三井住友VISAゴールドカードは年会費初年度無料、2年目以降は10,000円(税抜)が必要ですが、条件を満たせば2年目以降の年会費を最大6,000円(税抜)割り引くことが可能です。

 

2年目以降年会費優遇サービス
  • カード利用代金WEB明細書サービス利用:年会費9,000円(税抜)
  • マイ・ペイすリボ登録特典(年1回以上カード利用):年会費5,000円(税抜)
  • WEB明細書サービス&マイ・ペイすリボ登録特典:年会費4,000円(税抜)
  • 前年利用額100万円以上300万円未満:年会費8,000円(税抜)
  • 前年利用額300万円以上:年会費5,000円(税抜)

 

注目すべきは、年会費が4,000円(税抜)となる「WEB明細書サービス&マイ・ペイすリボ登録特典」。

 

WEB明細書サービスは請求書を郵送からWEB明細に切り替えることで簡単に達成でき、マイ・ペイすリボ登録はリボ設定額をカード利用枠と同じ額(全額設定)にすることで、リボ手数料を回避しつつ特典条件を満たせます

 

この登録を行えば、憧れの三井住友VISAゴールドカードを誰でも年会費4,000円(税抜)にて所持可能。

 

簡単にお得をゲットできる特典を、ぜひお試しくださいね。

 

 

三井住友VISAゴールドカードの国際ブランド比較

VISA

 

三井住友VISAゴールドカードはVISAとMasterCardの2枚持ちが追加年会費2,000円(税抜)で可能ですが、大きなこだわりが無い限りはVISA一枚で問題ありません

 

ヨーロッパに強いと言われるMasterCardがどうしても必要な場合だけ2枚持ちも検討しましょう。

 

また、このカードは中国において圧倒的なシェアを誇る「銀聯カード(UnionPay)」も追加発行できるため、長期に及ぶ中国出張のお供としても携帯できます。

 

 

三井住友VISAゴールドカードのポイント

ポイント

 

三井住友VISAゴールドカードは三井住友VISAクラシックカードと同様に、三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」がご利用1,000円につき1ポイント貯まり、会員限定サイトである「ポイントUPモール」経由のお買い物で最大20倍のポイントが貯まります。

 

過去においてはインターネットショップのみの対応で、利用範囲も限られていましたが、現在では街のお店でもポイント優待を活用できるようになりました

 

利用店舗がある方は「要チェック」のおすすめ特典です。

 

※「ポイントアップモール」については三井住友VISAクラシックカードにて提携店舗の紹介や利用方法を解説しています。併せてご覧ください。

 

このカードならではの特典としては、前年利用額に応じてポイントが追加される「ボーナスポイント」が三井住友VISAクラシックカードの2倍付与されます。

 

これはゴールドカード以上の限定特典となっており、利用額の多い方がプラスの『お得』を手にできる人気のポイント優待となっています。

 

ポイントボーナス
  • 利用額300万円以上:50万円で300ポイント/以降10万円ごとに60ポイント
  • 利用額100万円以上300万円未満:50万円で150ポイント/以降10万円ごとに30ポイント
  • 利用額50万円以上100万円未満:50万円で100ポイント/以降10万円ごとに20ポイント

 

なお、ポイントボーナス時の還元率は以下の通りです。

 

ポイントボーナス(還元率)
  • 利用額300万円以上:0.8%
  • 利用額100万円以上300万円未満:0.65%
  • 利用額50万円以上100万円未満:0.6%

 

 

三井住友VISAゴールドカードの補償とサービス

三井住友VISAゴールドカードは最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険と、年間最高300万円のショッピング保険が付帯しており、家族会員以外のご家族にも最高1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。

 

家族カードは一人目が無料で、二人目からは1,000円(税抜)にて発行できるため、夫婦で「本会員+家族カード(1枚目無料)」を持ち、お子様の海外旅行傷害保険を特典の範囲内で最高1,000万円まで付与可能です(お子様は19歳未満に限る)。

 

また、全国28カ所の空港でドリンクバー&無料の無線LANを使える空港ラウンジの利用や、医師へ24時間年中無休で無料電話相談ができる「ドクターコール24」を利用できます。

 

空港ラウンジ

 

これは、ステータスカードの所持者だけが利用を許される贅沢な特典です。

 

三井住友VISAゴールドカードを所持していることで、心地よい時間を満喫できるでしょう。

 

更に、このカードは一流ホテルや高級旅館に「最低価格保証付き」で宿泊できる予約サイト、「relux(リラックス)」を追加一律3,000円引きで利用できます。

 

宿泊サイトrelux

 

別途、relux内で使えるポイントも5%貯まるため、高級宿泊を身近に感じることができますよ。

 

 

三井住友VISAゴールドカードおすすめの使い方

三井住友VISAゴールドカードはポイント優待よりも、ゴールドカードに付帯する特典を有効活用し、他のクレジットカードにはないハイグレードなサービスを堪能すべきです

 

WEB明細書サービス&マイ・ペイすリボ登録で年会費を4,000円(税抜)まで引き下げ、空港ラウンジやドクターコール24等のゴールドカード特典を活用。

 

お得面においては宿泊サイト「relux」を利用し、国内最安値の宿泊を満喫しましょう。

 

ポイントUPモールを活用すれば、更にお得を手にできます。

 

年間50万円を目標にカードを利用することで、ポイントボーナスも100ポイント貰えるため、少し意識して使うだけで年会費分のお得を実感できるでしょう。

 

お客様感謝デー

 

また、このカードは電子マネーWAON利用においても、イオングループ店舗で毎月5日の付く日にWAONポイント2倍、20日・30日は5%OFFにてお買い物できます。

 

WAONチャージ時にワールドプレゼントポイントは貯まりませんが、上記イベント時であればカード支払いよりも高い還元率にてショッピングできます。

 

お住まいのエリアにイオンがある方は、併せて活用してくださいね。

 

 

三井住友VISAゴールドカードのデメリット

三井住友VISAゴールドカードは特典利用で年会費4,000円にて利用できるため、大きなデメリットはありません。

 

ETCカードは年会費が別途500円(税抜)必要となりますが、年1回以上のETCカード利用で無料にできるため、利用する方は気にせず所持できます。

 

ETC利用の無い方は500円が必要となってしまうため、申し込まないよう気を付けましょう。

 

 

三井住友VISAゴールドカードのライバル比較

三井住友VISAゴールドカードのライバル比較としてはjcbゴールドカードが有力です。

 

年会費はJCBゴールドが初年度無料、2年目以降10,000円となるため、三井住友VISAゴールドカードの方が半額以下でお得に所持できます

 

旅行傷害保険についてはJCBゴールドが優れていますが、海外でのJCBのシェアを考慮すると旅行傷害保険の範囲は絞られてしまいます。

 

所持することによって得られるステータス性は三井住友VISAゴールドカードの方が高いため、「海外利用&地位の高いカード=三井住友VISAゴールドカード」「国内利用をとにかく手厚く=JCBゴールド」という判断基準が妥当と言えるでしょう。

 

 

三井住友VISAゴールドカードのまとめ

三井住友VISAゴールドカードは世界シェアNo.1の「VISA」を利用できることで、日本人があまり訪れない海外地域でも安心です。

 

このクレジットカードが1枚あれば、日常生活からプライベートまで幅広くカバーできます。

 

幅広いお得と多くの人を魅了するステータスで、有意義かつ心安らぐひと時を提供してくれるはずです。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

三井住友VISAゴールドカードの基本情報

カード名 三井住友VISAゴールドカード
申込資格 原則として満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
発行期間 最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 税抜10,000円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 税抜1,000円+税
(1人目無料)
分割払い
2年目以降 税抜1,000円+税
(1人目無料)
リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 15日または月末 支払日 翌月10日または26日

三井住友VISAゴールドカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高5,000万円 ショッピング保険 最高300万円(年間)
国内 最高5,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 初年度無料
備考 2年目以降 税抜500円+税(1年間に1回以上ETC利用の請求があれば無料)

電子マネー

電子マネー ポストペイ:iD/PiTaPa チャージ:WAON

空港サービス

空港ラウンジ プライオリティパス -

発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
所在地 大阪市中央区今橋4-5-15
設立日 1967年12月

jcb一般