クレジットカードの作り方

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

クレジットカードの持つメリットについて一通り理解いただけたら、次はその作り方について。ここではカードの申し込み方法から入手までの一般的な流れを解説していきます。

 

現在はWeb上の手続きで簡単に申し込みができ、カードも自宅に送付されるため店舗に出向く必要はありません。

 

クレジットカードを手に入れれば、とうとう『お得』生活のスタートです!入手方法はとても簡単ですので、是非チャレンジしてみてくださいね。

 

 

申し込み手続き

クレジットカードの申し込み方法には、インターネットでの申し込みと書類による申し込みの2つの方法があります。しかし、現在ではほとんどインターネットからの申し込みが主流で、当サイトとしても圧倒的にインターネットからの申し込みをおすすめします。

 

申し込み手続き

 

その理由としては書類による申し込みの場合、クレジットカード会社や銀行などに申し込み用紙を取りに行き、書類に必要事項を記入後、封筒にて郵送するという手間がどうしてもかかってしまうからです。

 

反対にインターネットでの申し込みの場合、そのカード会社の公式サイトの入力フォームに必要事項を入力し、送信ボタンを押すだけで申し込みが完了するため、こちらの方が効率の良い申し込み方法と言えるでしょう。

 

また、申し込み手続きを済ませてから最短即日でカード発行できるものもあるため、すぐにクレカが必要になった場合や手間をかけずに入手したい方も断然インターネットの申し込みがおすすめです。

 

もちろんカード送付に伴う郵送料も無料なので安心してくださいね。

 

※最短即日で受け取れるクレカについては即日発行クレジットカードまとめにて特集記事として徹底解説しています。併せてご覧ください。

 

更に、インターネットからの申し込みをおすすめする理由はもう1つ。インターネット限定のキャンペーンを設けているカード会社が多数あるためです。

 

限定キャンペーン

 

当サイトではカード会社と提携することで「当サイト限定のキャンペーン」を実施しています。現金相当のポイントやギフトカードのプレゼント等、入会と同時にスタートダッシュを決めるチャンスですので、お得をごっそり先取りしましょう(笑)。

 

今このサイトをご覧いただいている方はインターネットの環境をお持ちだと思います。『お得』生活の第一歩目として、インターネットでの申し込みに是非チャレンジしてみてくださいね!

 

 

本人確認書類送付

インターネットでの申し込みが完了すると、一般的には数日後に本人確認資料を添付する書類が申し込み住所に送られてきます(カード会社によっては審査通過後に本人確認資料を送付する場合も有り)。

 

書類が送られてきたら記入漏れに注意しながら必要事項に記入・捺印を行い、返信用封筒にてカード会社に郵送しましょう。

 

本人確認書類は下記に表として記載しましたので参考にしてください。

 

本人確認書類
運転免許証 現在有効な免許証で交付後に住所が変わっている場合、表と裏のコピー
パスポート 顔写真のあるページと所有者記入欄の2ページのコピー
各種健康保険証 氏名・生年月日・住所が明記されているページのコピー
住民票の写し カード会社に到着した時点で交付日から6カ月以内のもの(原本可)
外国人登録証明書 住所が変わっている場合、表と裏の両面コピー
学生証 学生の方は上記書類の中から1つと学生証のコピー

 

現住所とお申込み住所が異なる場合の必要書類
  • 社会保険料の領収書
  • 電話・電気・水道・都市ガス・NHKなどの公共料金の領収証
  • 国税・地方税の領収証または課税証明書

 

ココまでくればもう一息です!あと少しでクレジットカードを手にすることができます。がんばりましょう!

 

 

クレジットカード審査

「書類は全て送ったけど、審査に通るの・・・」「審査の基準って?」カードを作る上で誰もが抱える審査へ対する不安。クレジットカードの審査は各カード会社の独自判断があり公表はしていませんが、最低限こうしたほうがいい!というものはありますのでお伝えしておきますね。

 

まず、同時に多数のクレジットカードを申し込まないということ。これは多重申込と言って、カード会社側に「この申込者はお金に困っているからたくさん申し込んできたのではないか?」と思われてしまい、いい印象を与えることができません。

 

根本的にクレジットカードはお金に困っている人に発行するものではないので、審査に通らない可能性が高くなってしまいます。月に3枚以上の申し込みは多重申込となる場合がありますので、月間での申し込みは多くても2枚程度に控え、自ら審査基準を上げないようにしましょう。

 

クレジットカード審査

 

次はとても基本的なことですが、申し込み書類などに記入する内容は偽りなく丁寧に書くということ。やはり、記入した用紙の情報はカード会社の人が見ますので、あまりにも適当に記入したものだと審査の段階で「この人に発行して大丈夫だろうか?」ということにもなりかねません。

 

また、年収を少しでも多く見せたいなどの理由で偽りの情報を記入することもおすすめしません。カード会社は相場や情報を把握していますので、偽りが明らかになって人として大切な信用を失ってしまうと大変もったいないですよね。

 

クレジットカードはあなたのステータス。誰にでも与えられるものではなく、今までがんばってきた証として信用のもとに発行される『お得』カードなのです。ですから正しい申し込みで、今後のステップアップにも繋がるようにしましょう。

 

更に詳しい審査基準についてはなぜ落ちる?どうしたら通る?クレジットカード審査基準にて特集記事として対話形式で取り上げています。比較的審査が優しいと言われるカードも紹介していますので、じっくり学んで審査に備えたい方はこちらも併せて参考にしてくださいね。

 

 

カードの発送・受取り

これまで申し込みについての流れを説明してきましたが、あと1ステップで終了です。ここでは念願のクレジットカード受け取りについて説明していきます。

 

審査に通ると、ご自宅に配達記録郵便または本人限定受取郵便にてカードが送られてきます。この配達方法は本人確認の意味が含まれていますので、受け取りの際に本人確認または認印が必要です。

 

特別な事情がない限り、自身で受け取りましょう。

 

カードの発送・受取り

 

カードを受け取ったら自分の物であるか確認し、裏面に直筆のサインを・・・。

 

大変お疲れさまでした!これでとうとうクレジットカード『お得』生活のスタートです!ここで得た知識を踏まえて、素敵なクレジットカードライフを送ってくださいね。

 

 

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket