クレジットカードの使い方

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

何百とある券種の中から選び抜き、ようやく手にした念願のクレジットカード。いくら事前に勉強したとは言え、実際に使ってみるまではクレジットカードがどんなものか把握するのは難しいですよね。

 

そこで、実際に利用する前にある程度知識を身に着けておくことで、戸惑うことなくクレジットカードライフをスタートできるよう準備が必要です。

 

慣れないクレカを初めて使う時はきっと緊張してしまうはず。会計時に少しでも焦ることがないように大まかな流れをここで把握しておきましょう!

 

 

使用可能かどうかの確認

現在はほとんどのお店でクレジットカードが利用できるようになりましたが、それでもまだ使えないお店も存在しています。カードが利用できると思い込んでしまい「会計時に現金が足りない・・・」なんてことにならないよう、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

 

街のお店でもインターネットでもレジの周辺や購入ページにクレジットカードの国際ブランド(VISA・MasterCard・JCB等)の記載があると思いますので、まずは自分のカードの国際ブランドが対象であるかどうかの確認をする必要があります。

 

使用可能かどうかの確認

 

例えば国際ブランドがJCBの場合、お店側にJCB対応と表記してあれば問題なく利用できますが、クレジットカード対応のお店であってもJCBに対応していなければ、そのカードではお支払いができません。

 

海外ではJCBを取り扱っていないことが多いため、海外でも利用したい方はVISAかMasterCardがおすすめです。もしも探しても分からない場合は直接お店の人に聞けば教えてくれますので、自分のカードがお店に対応しているかどうかの確認をしましょう。

 

また、クレジットカードが使えない原因としてもう1つ考えられるのが残高不足。限度額いっぱいまでカードを使ってしまい、翌月の引落日まで利用残高が空になってしまうとカードはストップしてしまいます。常にWeb上の会員ページで利用残高を確認しておきましょう。

 

 

街のお店で利用する

街のお店で利用する場合は現金とほとんど同じように利用できるため、クレジットカードだからと言って特別な気構えは必要ありません。ショッピングでもお食事でも会計時にカードをお店の方に差し出し、サインもしくは暗証番号を入力すれば、それで支払いの完了となります。

 

また、現金とクレジットカードを組み合わせて支払うこともできるので「いくら分はクレジットカードで、いくら分は現金で」とお店の人に伝えるだけで細かい支払額の管理もできて便利です。

 

初めはとても簡単なので「これでいいの?」となってしまうかもしれませんが、これがクレカの利便性ですね!

 

最近では会計時にサインも暗証番号も必要ないサインレスに対応しているお店も多くありますので、実質クレジットカードを差し出すだけで支払いを完了できます。その分、盗難や紛失してしまうと面倒なことになりますので、盗難・紛失保険が付帯しているとはいえ、カードの取り扱いには注意しましょう。

 

 

インターネットで利用する

インターネットで利用する場合は現金払いより更に簡単です。購入ページで必要事項を入力する途中で、クレジットカード情報の入力画面が出てきますので、そこにカード番号と有効期限、英文字表記の名前を入力すれば支払いの完了となります。

 

代金引換や銀行振り込みのように現金を用意したり、支払いに出向く手間も不要なため、驚くほど簡単にお買い物ができてしまいます。

 

無駄な手数料も掛からず、あとは商品が自宅に届くのを待つだけ。非常に便利ですね。

 

インターネットで利用する

 

また、お店によっては決済の安全性を高めるために、セキュリティコードや3Dセキュアといった不正使用を防止するシステムや、会員情報と一緒にクレジットカード情報を保存して、お買い物の度にクレジットカード番号の入力を省略できる便利なシステムもあります。

 

巡り会った時には「あ~これね!」とその便利さを肌で感じていただければと思います。

 

 

クレジットカードの請求と口座引落とし

クレジットカードを利用すると、約1ヶ月後にお買い物などの利用明細書がご自宅へ郵送にて届きます。

 

この利用明細書には「いつ・どこで・いくら」利用したのかが記載してありますので、カード利用時に受け取って保管しておいたレシートと確認することができます。現金のように「いくら何に使ったのか覚えてない」という心配も無用ですね。

 

実際に利用した金額と利用明細書の金額に間違いがなければ、あとは記載してある振替日に指定口座からその分の金額が引き落とされ、1ヶ月分のお支払いが正式に完了するという流れです。

 

クレジットカードの請求と口座引落とし

 

現金決済はその都度お金の出入りを確認しなくてはなりませんが、カードなら月に一度まとめて引き落としが行われるため、金銭管理が楽になるメリットもあります。

 

また、利用明細書は申込時にインターネット利用明細書を選択しておけば、インターネットで書面の利用明細書と同じ情報を確認することができます。インターネットの方が書面よりも比較的早く利用履歴などの情報が反映されるため、是非こちらも合わせてチャレンジしてみてください。

 

ココまで来れば、カード利用の大筋の流れはお分かりいただけたのではないでしょうか?あとは実践でたくさん利用して、クレジットカードの持つ『お得』パワーをどんどん感じてくださいね!

 

 

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket