シェル-Pontaクレジットカード必読解説2016最新版

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

シェル-Pontaクレジットカードのココが『お得』!

シェル-Pontaクレジットカード

 

シェル-Pontaクレジットカードは昭和シェル石油SSやPonta提携社、その他クレジット決済にてPontaポイントがザクザク貯まり、「旅クレジットカード最強バイブル」誌の「クレジットカード2015年アワード」「暮らし一般部門」にてグランプリ賞(第一位)を獲得したポイント高還元クレジットカードです。

 

また、クレジットカードの代わりに読み取り機へかざすことで、給油メニューの注文&支払いができるICキーホルダー「Shell Easy Pay」(年会費無料)を本カードに紐づけられるため、お支払いを簡単スピーディーに行いたい方にもおすすめです。

 

シェル-Pontaクレジットカード

 

 

シェル-Pontaクレジットカードの年会費

シェル-Pontaクレジットカードは初年度年会費無料、2年目以降において1,250円(税抜)が必要なPonta提携カードとなりますが、Ponta加盟の昭和シェルSSにて1年に1回以上のカード利用で翌年以降も年会費無料にて利用できます。

 

自動車を利用する方にとっては簡単に達成できる条件となるため、通勤エリアや生活圏内に昭和シェルSSがある方は要チェックです。

 

 

シェル-Pontaクレジットカードのポイント

シェル-Pontaクレジットカードは普段の生活でPontaポイントがポンポン貯まる、生活密着型の『お得』クレジットカードです。

 

シェル-Pontaクレジットカード

 

ポイント獲得シーン
  • 昭和シェルSSにてガソリン・軽油給油で1ポイント/1リットル当たり
    &クレジットポイント1ポイント/1リットル当たり
  • Ponta提携店にて100円につき通常ポイント1ポイント&クレジット100円につき1ポイント
  • VISA加盟店にて100円につき1ポイント

 

昭和シェルSSでの利用は1リットルにつきポイントが加算されるため、原油の値上がり等によってはお得が減ってしまうため注意が必要ですが、それでも月々の固定費として欠かせないガソリン代において2倍のポイントを獲得できるのは魅力的です。

 

貯めたPontaポイントはPonta提携店にて1ポイント1円として利用できる他、バラエティ豊かな商品・特典と交換できるため、使い道に困ることなく有効的に使うことができます。

 

 

シェル-Pontaクレジットカードの補償とサービス

シェル-Pontaクレジットカードは最高2,000万円の海外旅行傷害保険、最高100万円のショッピング保険が付帯しています。

 

これだけの補償が実質年会費無料で受けられる上に高還元率を誇るこのクレジットカードは、昭和シェルSSユーザーに多大なお得を還元してくれるはずです。

 

 

シェル-Pontaクレジットカードのまとめ

シェル-Pontaクレジットカードは「実質年会費無料」「ポイント高還元」「手厚い補償」など、どの角度から見てもメリットが感じられる『お得』で『安心』の一枚です。

 

Pontaポイントは提携先が非常に多いことでも有名なので、コツコツ貯めたポイントを余すことなく利用できるのもこのクレジットカードの魅力となっています。

 

昭和シェルSSユーザーはぜひ検討してみてください。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

シェル-Pontaクレジットカードの基本情報

カード名 シェル-Pontaクレジットカード
申込資格 原則として18才以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。
発行期間 約2週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 税抜1,250円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い
2年目以降 無料 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 5日 支払日 当月27日

シェル-Pontaクレジットカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高2,000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 - 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 新規発行手数料 税抜1,000円+税

電子マネー

電子マネー

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 三菱UFJニコス株式会社
所在地 東京都文京区本郷3-33-5
設立日 1951年6月

 

公式サイトでもっと見る

楽天カード特集