セディナカードファースト必読解説2016最新版

最新記事: 更新
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

セディナカードファーストのココが『お得』!

セディナカードファースト

 

セディナカードファーストはセディナが18歳以上25歳以下に向けて限定発行する、OMC Plus(利用明細等の照会が行える会員専用インターネットサービス)付帯のヤングクレジットカードです。

 

セディナカード Jiyu!Da!セディナカードクラシックセディナゴールドカードと同じく、生活に密着した多彩なサービスを提供しており、25歳以下の方が限定特典を受け取れる1枚として人気があります。

 

セブンイレブン・イトーヨーカドー・イオン・ダイエーで毎日ポイント3倍、マルエツでは第2・第4日曜日に5%OFFでお買い物ができるため、一人暮らしの節約にも大きく役立つでしょう。

 

また、このカードは電子マネーQUICPayやハローキティが券面にデザインされたカードも選択可能。デザイン性重視派の人にも満足の仕上がりとなっています。

 

キティデザインカード

 

 

セディナカードファーストの年会費

セディナカードファーストは初年度年会費無料、2年目以降は通常1,000円(税抜)が必要となりますが、2年目以降も年一回以上のカード利用で翌年年会費を無料にできます。

 

スーパーマーケットで食料品を一度購入するだけで簡単に条件を達成できることから、実質年会費無料カードとしても所持可能。旅行傷害保険やショッピング保険も付帯しており、生活に欠かせないスーパーマーケットやコンビニエンスストアでも『お得』が貯まります。

 

また、このカードは26歳になった最初のカード更新時に、セディナカードクラシックへと自動的に切り替わります。お試しの1枚としてもおすすめです。

 

 

セディナカードファーストの国際ブランド比較

セディナカードファーストは主要国際ブランドであるVISA・MasterCard・JCBのうちどれでも自由に選択可能です。

 

このカードは国際ブランドによる大きな違いはないため、海外旅行好きの方は世界中で使えるVISAかMastesCardを、国内利用が多い方はJCBを選択すると良いでしょう。

 

JCBを選択すれば電子マネーnanacoも利用可能。チャージ等のポイント還元率は良くありませんが、利便性をアップできます。

 

 

セディナカードファーストのポイント

セディナカードファーストはセディナカードクラシックと同様に、「わくわくポイント」がカード利用200円につき1ポイント貯まり(還元率0.5%)、海外の利用で3倍貯まります(還元率1.5%)。

 

セブンイレブンやイトーヨーカードーで毎日3倍、OMC Plus特典であるイオンやダイエーでも毎日3倍のポイントが貯まるため、マルエツの5%OFF特典と併せて日用品に強い1枚として所持可能です。

 

また、会員限定サイトである「セディナポイントモール」を経由してお買い物をすると最大20倍、利用総額に応じて翌年のポイントが増加する「トクトク!ステージ」において最大1.3倍のポイントも獲得できます。

 

主なセディナポイントモール提携企業
  • Amazon.co.jp:ポイント2倍
  • 楽天市場:ポイント2倍
  • Yahoo!ショッピング:ポイント2倍
トクトク!ステージ
  • 50万円以上100万円未満:翌年のポイント1.1倍(還元率0.55%)
  • 100万円以上200万円未満:翌年のポイント1.2倍(還元率0.60%)
  • 200万円以上:翌年のポイント1.3倍(還元率0.65%)

 

多方面からポイントを獲得できるこの1枚は、何気ない日常にワクワクを付け加えてくれるクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

セディナカードファーストの補償とサービス

セディナカードファーストは最高1,000万円の国内・海外旅行傷害保険、最高50万円のショッピング保険が付帯しています。

 

実質年会費無料でショッピング保険の補償期間も180日間と長く設定されており、ヤングカードとして申し分のない仕上がりです。

 

また、セディナトラベルデスクにて海外・国内のパッケージツアーを予約すると基本旅行代金が最大7%OFF(3~7%OFF)、毎月抽選で150名に海外旅行・国内宿泊が当たる「ウキウキトラベル賞」にも応募できます。

 

パッケージツアー

 

日常だけでなく、旅行に関わる『お得』も獲得できますよ。

 

 

セディナカードファーストおすすめの使い方

セディナカードファーストは年1回以上のカード利用を心掛け、年会費無料カードとして持つことが25歳以下限定の特典を満喫するために必要不可欠です。

 

一般カードであるセディナカードクラシックの特典は全て利用できるため、イオン・マルエツ等のスーパーマーケット優待をフル活用しましょう。

 

特別なことをしなくても生活環境の中でザクザクと『お得』が貯まる仕上がりとなっていますので、初めてカードを持つ方にも簡単に利用できるはずです。

 

 

セディナカードファーストのデメリット

セディナカードファーストのデメリットは年会費無料で持てることを考慮すると特にありませんが、マルエツで「第2・第4日曜日5%OFF」特典以外の日は還元率が低くなってしまうことに注意が必要です(還元率0.5%)。

 

マルエツ利用でポイントが2倍となる「わくわくポイント2倍デー」がありますが、月に2回程度の指定日開催のため、毎日ポイント3倍が受け取れるセブンイレブン・イトーヨーカドー・イオン・ダイエーと比較するとお得感が薄れてしまいます。

 

わくわくポイント2倍デー

 

しかし、5%という割引率を使える環境にいる方は、お買い物のタイミングを工夫してマルエツを有効活用しましょう。

 

 

セディナカードファーストのライバル比較

セディナカードファーストは同じヤングカードとして三井住友VISAデビュープラスカードと比較できるでしょう。

 

デビュープラスカードもこのカードと同じく、2年目以降は条件達成で年会費無料カードとして所持できます。

 

デビュープラスカードは電子マネーWAONを利用することで、イオンやジャスコにて5%OFFの優遇が受けられるため、セディナカードファーストのポイント3倍特典よりもお得です(還元率1.5%)。

 

イオン利用でお得なヤングカードをお探しの方にはデビュープラスカード、スーパーマーケットを固定していない方にはセディナカードファーストがおすすめと言えるでしょう。

 

 

セディナカードファーストのまとめ

セディナカードファーストは生活に密着した特典を、全て年会費無料で利用できる若年層向けヤングカードとなります。

 

対象年齢も18歳から25歳を対象としているため限られた『お得』を手にでき、26歳の時に切り替わるセディナカードクラシックへの「信用の土台作り」としても活躍してくれるはずです。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

セディナカードファーストの基本情報

カード名 セディナカードファースト
申込資格 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
発行期間 約3週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 税抜1,000円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 税抜300円+税 分割払い
2年目以降 税抜300円+税 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 月末 支払日 翌月27日

セディナカードファーストの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高1,000万円 ショッピング保険 最高50万円
国内 最高1,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 新規発行手数料 税抜1,000円+税

電子マネー

電子マネー QUICPay/プラスEX

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社セディナ
所在地 愛知県名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
設立日 2009年4月

 

公式サイトでもっと見る

楽天カード特集