三井住友ビジネスゴールドカード必読解説2016最新版

最新記事: 更新
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

三井住友ビジネスゴールドカードのココが『お得』!

三井住友ビジネスゴールドカードは、三井住友ビジネスクラシック(一般)カードのワンランク上に位置づける法人ゴールドカードです。

 

中小企業向けのコーポレートカードとして、経費管理の一元化や経理業務のコスト削減を実現できます。

 

カード利用枠も発行当初から20万円~300万円が見込めるため、ゆとりをもって経営に専念できるでしょう。

 

海外・国内共に充実した保険が付帯することで、「どこへ出張しても安心を備えた1枚」として活躍してくれます。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードの年会費

三井住友ビジネスゴールドカードは年会費10,000円(税抜)が必要です。

 

20名まで発行できる社員用の追加カードは、1枚2,000円(税抜)の低価格に設定されているため、経営を圧迫せずに所持できます。

 

ETCカードにおいては年会費初年度無料、2年目以降は500円(税抜)が必要ですが、2年目以降も年1回以上の利用で無料になります

 

社用車が多い場合は、ETCカードの管理も大変なはずです。

 

年1回は利用できているか忘れずにチェックしましょう。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードの国際ブランド比較

三井住友ビジネスゴールドカードは、VISAとMasterCardから選択でき、年会費250円(税抜)を追加すれば、二つのブランドを合わせ持つことが可能です。

 

どちらのブランドも世界中に加盟店があるため、両方発行する必要性は低いでしょう。

 

ただし、VISAでしか受けられないサービスもあるため、特にこだわりがなければVISAがおすすめです。

 

VISA選択時の限定特典
  • VJデスク:世界各地の情報・サービスを日本語で案内
  • Visaビジネスオファー:消耗品・出張・会議室利用などの優待
  • Visaビジネスグルメオファー:全国の人気レストラン優待
  • VJタクシーチケット:加盟タクシーのチケット購入(20枚つづり)

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードのポイント

三井住友ビジネスゴールドカードは、三井住友カードのポイントプログラム「ワールドプレゼントポイント」が1,000円利用する毎に1ポイント貯まり(還元率0.5%)、前年の利用額に応じてボーナスポイントがプレゼントされます。

 

ポイントボーナス
  • 利用額300万円以上:50万円で150ポイント/以降10万円ごとに30ポイント(還元率0.65%)
  • 利用額100万円以上300万円未満:50万円で75ポイント/以降10万円ごとに15ポイント(還元率:0.575%)
  • 利用額50万円以上100万円未満:50万円で50ポイント/以降10万円ごとに10ポイント(還元率:0.55%)

 

また、会員限定サイトである「ポイントUPモール」を経由してお買い物をすると、最大20倍のポイントを貯めることが可能。

 

ポイントUPモール内から登録することで、実店舗でのお買い物もサイト内と同様のポイント優待を得られます

 

提携店舗はどれも有名なお店ばかりなので、買い物前にチェックしておきましょう。

 

主なポイントUPモール提携先(ネットショップ)
  • 楽天市場:2倍
  • 楽天スーパー:2倍
  • Yahooショッピング:2倍
  • Amazon:2倍
  • GROUPON(グルーポン):4倍(キャンペーン時9倍)
  • ポンパレモール:2倍(キャンペーン時4倍)
  • NIKE:4倍(キャンペーン時5倍)
  • ユニクロ:2倍
  • GU(ジーユー):2倍
  • GUCCI:5倍
  • ケイトスペード:5倍
  • コーチ:4倍
  • Francfranc:2倍

 

主なポイントUPモール提携先(実店舗)
  • 東急百貨店:3倍
  • 高島屋:3倍
  • 小田急:3倍
  • 大丸・松坂屋:3倍
  • 阪急メンズ東京:3倍
  • 渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス):3倍
  • ユニバーサル・シティウォーク大阪:3倍
  • 三井アウトレットパーク:3倍
  • 紳士服はるやま:4倍
  • フォーエル 大きいサイズの店:10倍
  • 東急ハンズ:3倍

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードの補償とサービス

三井住友ビジネスゴールドカードには、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険と、年間最高300万円のショッピング保険が付帯しています。

 

三井住友ビジネスクラシック(一般)カードと比較して補償額が大きくアップし、どちらの保険も国内外を問わず、安心して使えるのが魅力的です。

 

また、ゴールドカードならではのサポートとして、空港ラウンジサービスを用意しています。

 

その他の優待特典
  • プラスEX:東海道新幹線のネット予約&チケットレス
  • エアライン&ホテルデスク:希望の国際線・世界各地のホテルの予約・手配
  • ビジネス用じゃらんnetホテル予約
  • 航空券チケットレス発行サービス:国内航空券をチケットレス予約・発券
  • オフィス用品デリバリーサービス
  • 国際エクスプレス輸送割引サービス
  • レンタカー優待サービス
  • 引越割引サービス
  • 福利厚生代行サービス:国内外の宿泊・スポーツ・医療健康・語学などの施設割引
  • 国内ゴルフエントリーサービス
  • 財務会計システムデータ連携サービス

 

国内外への出張に関するサポートが充実しており、ゴールドカードとして申し分ない仕上がりです。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードおすすめの使い方

三井住友ビジネスゴールドカードのおすすめの使い方は「経費の支払いをカードに集中させ、出張時は空港ラウンジを満喫しよう」です。

 

経費の支払いでポイントが貯まり、旅行傷害保険も充実しているため、幅広くビジネスをサポートしてくれます。

 

社員が空港ラウンジを使えることも、メリットとなるはずです。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードのデメリット

三井住友ビジネスゴールドカードは所持する上でのデメリットはありませんが、ETCカードの年会費が必要なことに注意しましょう。

 

年1回以上の利用が見込めないカード発行はおすすめできません。

 

使う分だけに発行を控えてくださいね。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードのライバル比較

三井住友ビジネスゴールドカードのライバルはJCBゴールド法人カードです。

 

年会費や付帯保険ではJCBカードが優れていますが、海外利用においては三井住友カードに軍配が上がります

 

「国内利用か?海外か?」という判断基準で、カードを選択するのが良いでしょう。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードのまとめ

三井住友ビジネスゴールドカードは、カード決済額にゆとりを持たせたい会社や、出張の多い会社を力強くサポートしてくれます。

 

法人カードとしての利便性はもちろん、安心と贅沢を両立できるゴールドカードでとして活躍してくれるでしょう。

 

空港ラウンジ等の福利厚生目的として、発行するのもおすすめです。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

三井住友ビジネスゴールドカードの基本情報

カード名 三井住友ビジネスゴールドカード
申込資格 法人のみを対象
発行期間 約3週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 税抜10,000円+税 2回払い -
2年目以降 税抜10,000円+税 ボーナス払い -
年会費(追加) 初年度 税抜2,000円+税 分割払い -
2年目以降 税抜2,000円+税 リボ払い -
解約金 無料 その他 -
締め日 15日または月末 支払日 翌月10日または26日

三井住友ビジネスゴールドカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高5,000万円 ショッピング保険 最高300万円
国内 最高5,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 初年度無料 2年目以降 税抜500円+税
備考 -

電子マネー

電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ プライオリティパス -

発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
所在地 大阪市中央区今橋4-5-15
設立日 1967年12月

 

公式サイトでもっと見る

楽天カード特集