ANAダイナースカード必読解説2017最新版

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ANAダイナースカードのココが『お得』!

ANAダイナースカードは最高級なおもてなしを提供するダイナースクラブと国内最大手航空会社であるANAが提携発行するクレジットカードです。

 

このカードは空の旅はもちろんのこと、現地に到着してからも贅沢な時間を約束できる1枚となっています。

 

 

ANAダイナースカードの年会費

ANAダイナースカードは年会費27,000円(税抜)が必要となります。

 

ゴールドカードを上回るダイナースの特典とANAでのマイル特典を考慮すると、頻繁にANAを利用する方であればすぐに元の取れる仕上がりとなっています。

 

また、カードを継続すると継続ボーナスとして毎年2,000マイル(約3,000円分)がプレゼントされるので、実際の負担は少なくカードを所持することができます。

 

 

ANAダイナースカードのポイント

ANAダイナースカードはダイナースクラブカードと同じポイントプログラムである「リワード・ポイント」が有効期限なしの永久ポイントとして貯まります。

 

貯めたポイントは永久ポイントとしてANAを利用する際に、まとめてANAマイルに移行することができるので、ポイント失効などを防ぐことができます。

 

フライトで貯まるANAマイルは通常のフライトマイルに加え、都度フライトボーナスとして区間基本マイルの25%分を追加ボーナスとして獲得することができます。

 

ANA利用者であれば、この特典だけでも年会費の元が取れる高還元な『お得』となるでしょう。

 

 

ANAダイナースカードの補償とサービス

ANAダイナースカードは最高1億円の海外・国内旅行傷害保険と最高500万円のショッピング保険が付帯しています。

 

これはプラチナカードと同等かそれ以上の手厚い補償となっており、海外・国内旅行傷害保険ともに旅行代金をカードで支払わなくても自動付帯で最高5,000万円までの保険が適用されるので、安心して利用できる補償内容となっています。

 

また、ANAダイナースカードはダイナースクラブカードの基本的なサービスを贅沢に利用することができるので、国内・海外問わずその上質な特典とステータスを満喫することができます。

 

 

ANAダイナースカードのまとめ

ANAダイナースカードはとにかくANAマイルがよく貯まり、サービス面においても最高品質の特典を求めている方におすすめできる1枚です。

 

海外ではこのダイナースクラブ発行のクレジットカードが身分証明になるほどの信用を得ているカードとなりますので、様々なシーンで周りからの注目を集めることができるでしょう。

 

このカードでANAのマイルをザクザク貯めて『お得』と贅沢を1度に手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ANAダイナースカードの基本情報

カード名 ANAダイナースカード
申込資格 年齢27歳以上の方
発行期間 審査完了後:最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 税抜27,000円+税 2回払い -
2年目以降 税抜27,000円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 税抜6,000円+税 分割払い -
2年目以降 税抜6,000円+税 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 15日 支払日 翌月10日

ANAダイナースカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高1億円 ショッピング保険 最高500万円
国内 最高1億円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ プライオリティパス -

発行会社

会社名 三井住友トラストクラブ株式会社
所在地 東京都中央区晴海1-8-10 トリトンスクエアX棟
設立日 1977年4月

jcb一般