ANA VISA nimoca必読解説2018最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ANA VISA nimocaのココが『お得』!

ANA VISA nimoca

 

ANA VISA nimocaは、九州エリアの交通系IC「nimoca(ニモカ)」とANAマイレージを同時に叶えるクレジットカードです。

 

nimocaは西日本鉄道(通称:西鉄)の電車・バスだけでなく、相互利用エリアとして全国で使えます(相互エリアの利用ではオートチャージ不可)。

 

nimoca相互利用エリア

 

西鉄電車や西鉄バスの定期券もカードに組み込めるため、通勤・通学にも貢献してくれるでしょう。

 

ANA VISA nimocaと定期券

 

またこのカードは、入会時や毎年のカード継続でANAマイルが1,000マイル貯まり、カード会員専用の割引サービス「ビジネスきっぷ」を使えば、最大43%OFFでANAの国内線全路線を利用できます。

 

ビジネスきっぷ

 

ビジネスきっぷを利用すると区間マイルが100%貯まるため、出張の多いビジネスマンにもおすすめです。

 

 

ANA VISA nimocaの年会費

ANA VISA nimocaの年会費は初年度無料で2年目以降は2,000円(税抜)が必要ですが、条件を満たすことで2年目以降も割引価格で所持できます

 

2年目以降年会費優遇サービス
  • カード利用代金WEB明細書サービス利用:年会費1,500円(税抜)
  • マイ・ペイすリボ登録特典(年1回以上カード利用):年会費751円(税抜)

 

上記の「マイ・ペイすリボ」は通常であれば自動的にリボ払いに切り替わり、手数料が発生してしまいます。

 

しかし毎月のリボ設定額を「全額」に変更すれば、手数料をかけずに年会費優遇特典の受け取りが可能です

 

ANA VISA一般カードよりも割引額が優れているため、ひと手間必要ですが積極的に活用しましょう(ANA VISA一般カードの割引適用後の年会費は1,025円+税)。

 

またこのカードは、カードの発行時にオートチャージ機能付きと機能なしを選択できますが、発行後に駅・バス営業所・定期券発売所・ポイント交換機で手続きをすれば、オートチャージの設定を後から行えます。

 

基本的にはオートチャージを使ったほうが便利なことが多いため、特段こだわりがない方は設定をしておきましょう。

 

この設定さえしておけば「残高不足で改札で止められる・・・」なんてこともなくなりますよ。

 

 

ANA VISA nimocaの国際ブランド比較

ANA VISA nimocaで選べる国際ブランドはVISAの一択です。

 

ANA VISA一般カードはMasterCardも使えるため、少々物足りない仕上がりですが、ナンバーワンの加盟店数を誇るVISAが付帯すれば世界中で不自由なく使えます。

 

ヨーロッパ方面に強いと言われるMasterCardを使いたい方は、ANA VISA一般カードも比較しつつ検討しましょう。

 

また、このカードは電子マネーnimoca・iD・楽天Edy・PiTaPaが使えます。

 

残念ながら楽天Edy やPiTaPaチャージではポイントが貯まりませんが、nimocaとiDであればポイントの獲得が可能です

 

nimocaにはクレカからオートチャージができるため利便性も抜群です。

 

中国渡航に必携と言われる「銀聯カード(UnionPay)」も追加で発行できます。

 

 

ANA VISA nimocaのポイント

ANA VISA nimocaはANA VISA一般カードと同様に、指定航空便利用で区間基本マイルの10%をフライトボーナスとして獲得でき、ショッピングやnimocaチャージではご利用1,000円につき1ポイントの「ワールドプレゼントポイント」が貯まります(還元率0.5%)。

 

前年のカード利用実績によってボーナスポイントも貯まるため、使えば使うほどお得です。

 

ボーナスポイント

 

ポイントボーナス
  • 利用額300万円以上:50万円で150ポイント/以降10万円ごとに30ポイント
  • 利用額100万円以上300万円未満:50万円で75ポイント/以降10万円ごとに15ポイント
  • 利用額50万円以上100万円未満:50万円で50ポイント/以降10万円ごとに10ポイント

 

また、ANAカードマイルプラス加盟店のお買い物で100円~200円につき1マイルが追加で貯まり、会員専用サイト「ANAマイレージモール」経由なら、提携店舗でも追加のマイルが貯まります。

 

主なANAカードマイルプラス提携店舗
  • 高島屋
  • 阪急百貨店
  • 大丸松坂屋
  • ココストア
  • マツモトキヨシ
  • スギ薬局
  • ENEOS
  • 出光

 

主なANAマイレージモール提携先
  • 楽天市場:200円につき1マイル
  • Yahooショッピング:300円につき1マイル
  • GROUPON(グルーポン):100円につき1マイル(キャンペーン時100円につき2マイル)
  • ポンパレモール:300円につき1マイル
  • じゃらん:200円につき1マイル(キャンペーン時200円につき2マイル)
  • 食べログ:ネット予約の来店人数×30マイル
  • HOT PEPPERグルメ:予約で20マイル
  • NIKE:100円につき1マイル(キャンペーン時100円につき2マイル)
  • ユニクロ:300円につき1マイル(キャンペーン時300円につき5マイル)
  • ケイトスペード:100円につき1マイル
  • コーチ:100円につき1マイル
  • Francfranc:300円につき1マイル

 

ANAマイレージモール

 

※ANA VISA nimocaは、ANAが運営する「ANAマイレージモール」以外にも、類似のサービスとして三井住友カードの「ポイントUPモール」を利用できます。

 

ANAマイレージモールとポイントUPモールの違いや比較については、下記のページで解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

 

→ ANA VISAカードでマイルを貯めるなら、「ANAマイレージモール」とVISAの「ポイントUPモール」どちらを利用するほうがお得?

 

ANAマイレージモールとポイントUPモール

 

貯めたポイントは2つのコースから選んでマイルに交換できます。

 

ワールドプレゼントポイントからANAマイレージへの交換レート
  • 5マイルコース:1ポイント=5マイルへ交換(移行手数料無料)
  • 10マイルコース:1ポイント=10マイルへ交換(移行を行った場合に限り、6,000円+税/年度ごと)

 

前述した「ポイントボーナス」の獲得分は、上記のどちらを選んでも1ポイント=3マイル交換となるため注意しましょう。

 

またこのカードは、貯めたANAマイルをnimocaポイントへも交換可能です。

 

ANAマイルとnimocaポイント

 

ポイントからマイルへは交換率が良くありませんが、相互交換ができるおすすめの仕上がりです。

 

 

ANA VISA nimocaの補償とサービス

ANA VISA nimocaは最高1,000万円の海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険、最高100万円の海外ショッピング保険が付帯しています。

 

国内航空傷害保険は航空機の搭乗中の事故のみを補償する、旅行傷害保険の簡易版のような保険です。

 

「旅行傷害保険」とネーミングが似ていますが注意しておきましょう。

 

また海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険は、旅費等を事前にカード決済しなくても自動で保険が適用されます。

 

こちらは国内航空傷害保険を補う、お得な仕上がりです。

 

 

ANA VISA nimocaおすすめの使い方

ANA VISA nimocaはお買い物やANAマイル、nimocaの利用で便利に使えますが、カードに付帯する割引特典を活用すると更にお得に使えます。

 

ANA VISA nimoca割引特典
  • 空港免税店「ANA DUTY FREE SHOP」:5%OFF
  • 空港内店舗「ANA FESTA」:10%OFF
  • 国内線・国際線の機内販売:10%OFF
  • 成田空港パーキング割引
  • ANAショッピング「A-style」:5%OFF
  • ANA SKY WEB TOUR:5%OFF
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース:5%OFF
  • ANAビジネスソリューション公開講座:15%OFF

 

上記の特典を組み合わせて、お得な旅を満喫しましょう。

 

またこのカードはクレカからチャージしたnimocaを使うことで、福岡天神のショッピングモール「ソラリアプラザ」でいつでも5%OFF、毎月最終土曜日ならnimocaポイントが10倍貯まります。

 

ソラリアプラザ

 

年に数回10%OFFのイベントも開催されるため、ソラリアプラザを利用する方は要チェックです。

 

 

ANA VISA nimocaのデメリット

ANA VISA nimocaはポイントからマイルへ移行する手間が必要です。

 

ポイントをマイルに交換し、nimocaポイントにも交換できるため利便性は高いですが、その分手続きが発生してしまいます。

 

自動移行の場合は1週間、自身で移行する場合でも1~2ヵ月程度の期間を見積もっておきましょう。

 

またETCカードは発行手数料・年会費共に無料ですが、二年目以降に年1回以上ETCを使わないと年会費500円(税抜)が必要になります。

 

高速道路を使わない方は発行を控えてくださいね。

 

 

ANA VISA nimocaのライバル比較

ANA VISA nimocaは、他にANAマイル+nimocoを叶えるカードが存在しないためライバルはいません。

 

西鉄沿線にお住いの方なら簡単にお得を手にできます。

 

また関東圏のSuicaをメインで利用している方にはANA VISA Suicaカードもおすすめです。

 

ANA VISA nimocaでは実現できないSuicaエリアでのオートチャージを可能にしてくれます

 

どちらのカードも定期券をカードに組み込めるため、「トータル的にどちらが自分的にお得か?」を念頭に入れて検討しましょう。

 

 

ANA VISA nimocaのまとめ

ANA VISA nimocaは、ANAマイル・nimoca・nimocaポイント・定期券・クレジットの5役を担うクレジットカードです。

 

1枚で日常生活から空の旅までをカバーできるため、財布をスッキリさせつつ利便性を手にできます。

 

大手航空会社ANAの割引特典も使えるカードとして節約に貢献してくれるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ANA VISA nimocaの基本情報

カード名 ANA VISA nimoca
申込資格 高校生を除く満18歳以上の方
発行期間 最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 税抜2,000円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い
2年目以降 税抜1,000円+税 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 15日 支払日 翌月10日

ANA VISA nimocaの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高1,000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 - 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 2年目以降 税抜500円+税(1年間に1回以上ETC利用の請求があれば無料)

電子マネー

電子マネー 一体型:nimoca/iD チャージ:楽天Edy/PiTaPa

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
所在地 大阪市中央区今橋4-5-15
設立日 1967年12月

JCB CARD W
JCB CARD Wポイント追加2倍キャンペーン中!キャンペーンの内容やお得な利用方法についてはこちら