ANA JCB法人ワイドカード必読解説2016最新版

ANA JCB法人ワイドカードのココが『お得』!

ANA JCB法人ワイドカードはANAとJCBが発行するANA JCB法人一般カードの上位カードとして、マイルの貯まりやすさと補償内容を充実させた法人向けクレジットカードです。

 

ANA JCB法人一般カードと同じでコーポーレート型として発行され、初期利用設定額も30万円~100万円程度のスタートとなります。

 

 

ANA JCB法人ワイドカードの年会費

ANA JCB法人ワイドカードの年会費は11,750円(税抜)が必要となりますが、入会ボーナスで2,000マイル(3,000円相当)がプレゼントされるため、実際の費用負担は比較的少なくすみます。

 

こちらもANA JCB法人一般カードと同じように、年会費750円(税抜)にて8枚まで追加カードを発行できますので、海外出張等の多い会社には貴重な価格設定と言えるでしょう。

 

 

ANA JCB法人ワイドカードのポイント

ANA JCB法人ワイドカードのポイント優待はANA JCB法人一般カードと同じで、JCBの「OkiDokiポイント」を1ポイント=10マイルとして交換できます(マイル移行手数料5,000円(税抜)が必要)。

 

このカードの特典としてはANA JCB法人一般カードで10%だったフライトマイル特典が25%に設定されており、フライトでの獲得マイルを更に沢山貯められます。

 

 

ANA JCB法人ワイドカードの補償とサービス

ANA JCB法人ワイドカードには最高5,000万円の海外旅行傷害保険、国内航空傷害保険と最高100万円の海外ショッピング保険が付帯しています。この海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険は旅費などをカード決済しなくても自動付帯にて保険が適用されますが、国内の傷害保険は航空機搭乗中のみに適用される航空傷害保険となっていますので注意が必要です。

 

また、このカードは24時間365日いつでもインターネットで出張手配できる「ANA@desk」や混雑しやすい国際線エコノミークラスでのチェックインを専用カウンターにてスムーズに行えるサービスなど、利便性の高い特典も利用できます。

 

 

ANA JCB法人ワイドカードのまとめ

ANA JCB法人ワイドカードはANAマイルの貯まりやすさと手厚い海外旅行傷害保険をプラスしたワンランク上の法人クレジットカードです。

 

経費の一元管理を容易に行うことができ、業務の効率化が図れる特典も兼ね備えたこのカードは、『お得』と利便性を兼ね備えた1枚と言えるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

ANA JCB法人ワイドカードの基本情報

カード名 ANA JCB法人ワイドカード
申込資格 法人または個人事業主で、カード使用者が18歳以上の方
発行期間 約2週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い 公式サイト参照
年会費(本人) 初年度 税抜11,750円+税 2回払い 公式サイト参照
2年目以降 税抜11,750円+税 ボーナス払い 公式サイト参照
年会費(追加) 初年度 税抜750円+税 分割払い 公式サイト参照
2年目以降 税抜750円+税 リボ払い 公式サイト参照
解約金 - その他 -
締め日 公式サイト参照 支払日 公式サイト参照

ANA JCB法人ワイドカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高5,000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 最高5,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立日 1961年1月

 

公式サイトでもっと見る

楽天カード特集