ANA JCB法人ゴールドカード必読解説2016最新版

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

ANA JCB法人ゴールドカードのココが『お得』!

ANA JCB法人ワイドゴールドカードはANAマイルを空でも陸でも効率良く貯められる法人クレジットカードとして、出張の多い企業から人気のある1枚です。

 

初期利用額も50万円~250万円程度の枠を確保できるため、資金繰りにも大きく貢献してくれます。

 

空港ラウンジも利用でき、ビジネスサポートの充実した仕上がりと言えるでしょう。

 

 

ANA JCB法人ゴールドカードの年会費

ANA JCB法人ワイドゴールドカードは年会費19,000円(税抜)が必要ですが、入会ボーナス2,000マイル(3,000円相当)を手にでき、マイルも貯まりやすいため、『お得』を感じやすい1枚となっています。

 

追加カードは1枚につき年会費4,000円(税抜)が必要で(最大発行枚数8枚)、ANA JCB法人一般カードANA JCB法人ワイドカードよりも高く設定されていますので、社員数と発行枚数を検討する必要があるでしょう。

 

 

ANA JCB法人ゴールドカードのポイント

ANA JCB法人ワイドゴールドカードはANA JCB法人一般カードと同じで、JCBの「OkiDokiポイント」がご利用1,000円につき1ポイント貯まり、1ポイント=10マイルとしてANAマイルに交換できます。

 

ANA JCB法人一般カードANA JCB法人ワイドカードはポイントをマイル移行する際に手数料5,000円(税抜)が別途必要でしたが、このカードは手数料無料にてマイル移行が可能です。

 

また、フライト特典としても区間マイル25%を獲得できますので、陸でも空でも満足なマイル獲得ができます。

 

 

ANA JCB法人ゴールドカードの補償とサービス

ANA JCB法人ワイドゴールドカードには最高1億円の海外旅行傷害保険と最高5,000万円の国内航空傷害保険、最高500万円のショッピング保険が付帯しています。

 

海外旅行傷害保険に関しては旅費などをカード決済しなくても自動付帯にて5,000万円まで保険が適用されますが、ANA便をカード利用した海外出張の場合は1億円まで保険が適用されますので、マイル獲得と保険内容を考慮してもANAの航空機を使うのがおすすめです。

 

また、このカードは24時間365日いつでもインターネットで出張手配できる「ANA@desk」やチェックイン専用カウンター、空港ラウンジ利用など、ゴールドカードとしての上質な特典も満喫できます。

 

 

ANA JCB法人ゴールドカードのまとめ

ANA JCB法人ワイドゴールドカードはフライトを使った出張の多い会社向けに、経費管理の一元化とANAマイル特典を提供してくれる法人用ゴールドカードです。

 

社員のフライト分もマイルが貯まり、そのマイルを使って更なる出張へと利用できるこのカードは、ANA発行の法人クレジットカードとして、上質な時間と多くの『お得』を還元してくれるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

ANA JCB法人ワイドゴールドカードの基本情報

カード名 ANA JCB法人ワイドゴールドカード
申込資格 法人または個人事業主で、カード使用者が18歳以上の方
発行期間 約2週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い 公式サイト参照
年会費(本人) 初年度 税抜19,000円+税 2回払い 公式サイト参照
2年目以降 税抜19,000円+税 ボーナス払い 公式サイト参照
年会費(追加) 初年度 税抜4,000円+税 分割払い 公式サイト参照
2年目以降 税抜4,000円+税 リボ払い 公式サイト参照
解約金 - その他 -
締め日 公式サイト参照 支払日 公式サイト参照

ANA JCB法人ワイドゴールドカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高1億円 ショッピング保険 最高500万円
国内 最高5,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立日 1961年1月

 

公式サイトでもっと見る

楽天カード特集