ANA VISAワイドカード必読解説2017最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ANA VISAワイドカードのココが『お得』!

ANA VISAワイドカードはANA VISA一般カードのワンランク上のクレジットカードとして、全日本空輸のANAマイルが貯まりやすい1枚です。

 

入会時&毎年のカード継続時に貰えるボーナスマイルが2,000マイル貰えるため、飛行機を使わない方もお得を手にできます。

 

また、急な出張にも柔軟に対応可能な「ビジネスきっぷ」特典を用意。

 

当日の予約・変更だけでなく、国内線全路線を最大43%OFFの破格運賃で使えます。

 

ビジネスきっぷ

 

指定航空機への搭乗で区間マイルが100%貯まる、おすすめの特典です。

 

 

ANA VISAワイドカードの年会費

ANA VISAワイドカードを使うには年会費7,250円(税抜)が必要ですが、年会費優遇の条件を達成すれば、割引価格にてカードの所持が可能です

 

2年目以降年会費優遇サービス
  • カード利用代金WEB明細書サービス利用:年会費6,750円(税抜)
  • マイ・ペイすリボ登録特典(年1回以上カード利用):年会費6,275円(税抜)

 

通常であればマイ・ペイすリボ登録特典は、優遇以上のリボ手数料が発生するためおすすめできません。

 

しかしこのマイ・ペイすリボは、毎月の支払額を「全額」に設定すれば、「手数料ゼロ」で一括払いとして利用できます

 

より多くの『お得』を手にしたい方は、年会費優遇だけを手にしちゃいましょう。

 

またこのカードは、追加年会費1,500円(税抜)にて発行できる家族カードのマイルも、「ANAファミリーマイル」として本会員カードに合算可能です。

 

「みんなで貯めて、みんなで使う」という楽しみも手にできますね。

 

 

ANA VISAワイドカードの国際ブランド比較

ANA VISAワイドカードで使える国際ブランドはVISA・MasterCardです。

 

両ブランドとも世界を股にかけるブランドとして、海外渡航を支えてくれます。

 

どちらにしようか悩んだ場合は、三井住友カードとして連携の良いVISAがおすすめですが、「今持っているカードがVISAだから、次はMasterCardにしよう」という選び方もOKです。

 

ライフスタイルに併せて検討してくださいね。

 

またこのカードはどのブランドを選んでも、電子マネーiD・楽天Edy・PiTaPaが使えます。

 

楽天Edy・PiTaPaはチャージでポイントが貯まらないものの、iDはカード一体型の後払い式電子マネーとして活躍してくれます。

 

中国へ頻繁に出掛ける方には、中国シェアナンバーワンの「銀聯カード(UnionPay)」も追加発行できますよ。

 

 

ANA VISAワイドカードのポイント

ANA VISAワイドカードはANA VISA一般カードと同じで、三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」がご利用1,000円につき1ポイント貯まり、年間のカード利用実績に応じてボーナスポイントがプレゼントされます。

 

ボーナスポイント

 

ポイントボーナス
  • 利用額300万円以上:50万円で150ポイント/以降10万円ごとに30ポイント
  • 利用額100万円以上300万円未満:50万円で75ポイント/以降10万円ごとに15ポイント
  • 利用額50万円以上100万円未満:50万円で50ポイント/以降10万円ごとに10ポイント

 

ANAカードマイルプラス加盟店のお買い物で100円~200円につき1マイルを追加獲得でき、会員だけがネットショッピングで『お得』を手にできる「ANAマイレージモール」も、ANA VISA一般カードと同様に使えます。

 

主なANAカードマイルプラス提携店舗
  • 高島屋
  • 阪急百貨店
  • 大丸松坂屋
  • ココストア
  • マツモトキヨシ
  • スギ薬局
  • ENEOS
  • 出光

 

主なANAマイレージモール提携先
  • 楽天市場:200円につき1マイル
  • Yahooショッピング:300円につき1マイル
  • GROUPON(グルーポン):100円につき1マイル(キャンペーン時100円につき2マイル)
  • ポンパレモール:300円につき1マイル
  • じゃらん:200円につき1マイル(キャンペーン時200円につき2マイル)
  • 食べログ:ネット予約の来店人数×30マイル
  • HOT PEPPERグルメ:予約で20マイル
  • NIKE:100円につき1マイル(キャンペーン時100円につき2マイル)
  • ユニクロ:300円につき1マイル(キャンペーン時300円につき5マイル)
  • ケイトスペード:100円につき1マイル
  • コーチ:100円につき1マイル
  • Francfranc:300円につき1マイル

 

ANAマイレージモール

 

では、ワイドカードと一般カードの違いは?

 

それはフライトマイルの獲得数です

 

一般カードでは区間基本マイルの10%しか獲得できないのに対して、ワイドカードは2.5倍の25%を獲得できます。

 

ワイドカードの上位カードにあたるANA VISAワイドゴールドカードも同じく25%に設定されているため、年会費の安いワイドカードはお得な仕上がりと言えるでしょう(ワイドゴールドカードの年会費は14,000円+税)。

 

貯めたポイントの交換率や交換方法は一般カードと同じ設定です。

 

ワールドプレゼントポイントからANAマイレージへの交換レート
  • 5マイルコース:1ポイント=5マイルへ交換(移行手数料無料)
  • 10マイルコース:1ポイント=10マイルへ交換(移行を行った場合に限り、6,000円+税/年度ごと)

 

一般カードかワイドカードかで迷ったら、フライトマイルを比較して検討しましょう。

 

出張や旅行でたくさん飛行機に乗る方は、ワイドカードがおすすめですよ。

 

 

ANA VISAワイドカードの補償とサービス

ANA VISAワイドカードは最高5,000万円の海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険、最高100万円の海外ショッピング保険が付帯しています。

 

この海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険は、航空運賃等をカードで支払わなくても自動付帯として保険が適用されるため、旅行や出張にも心強い味方となります。

 

国内の保険は航空機搭乗中のみに保険が適用される航空傷害保険となっており、旅行傷害保険よりも保険範囲が狭まりますが、年会費と比較しても手厚い補償内容と言えるでしょう。

 

 

ANA VISAワイドカードおすすめの使い方

ANA VISAワイドカードはフライトでマイルを貯めるカードです。

 

保険も充実しているため、出張や旅行で飛行機を使う方ならカードの恩恵を感じられます。

 

カードに付帯している割引特典もフル活用して、更なる『お得』獲得を目指しましょう

 

ANA VISA一般カードの割引特典
  • 空港免税店「ANA DUTY FREE SHOP」:5%OFF
  • 空港内店舗「ANA FESTA」:10%OFF
  • 国内線・国際線の機内販売:10%OFF
  • 成田空港パーキング割引
  • ANAショッピング「A-style」:5%OFF
  • ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANAワンダーアース:5%OFF
  • ANAビジネスソリューション公開講座:15%OFF

 

特にツアーパッケージの割引特典は、旅行もお得に楽しめるおすすめ特典です。

 

 

ANA VISAワイドカードのデメリット

ANA VISAワイドカードはJAL発行のクレジットカードと違い、マイルが直接貯まらないことがデメリットです。

 

カード利用で貯まるのはマイルではなく三井住友カードのワールドプレゼントポイントとなるため、利用する際には「移行」というワンクッションを要します。

 

ポイントとマイルの有効期限を、両方管理しなければならないことにも注意しましょう。

 

また、ETCカードは発行二年目以降において1度もETCを使わないと、年会費500円(税抜)が必要になります

 

こちらも併せて注意してくださいね。

 

 

ANA VISAワイドカードのライバル比較

ANA VISAワイドカードのライバルはJALカード発行のJAL CLUB-Aカードです。

 

  ANA VISAワイドカード JAL CLUB-Aカード
年会費(初年度) 7,250円+税 10,000円+税
年会費(2年目以降) 7,250円+税 10,000円+税
入会ボーナスマイル 入会だけで2,000マイル 入会後初めての搭乗で5,000マイル
継続ボーナスマイル 継続だけで2,000マイル 毎年初回搭乗時に2,000マイル
搭乗ボーナスマイル フライトマイルの25% フライトマイルの25%
マイルアップ年会費 6,000円+税 3,000円+税
海外旅行傷害保険 最高5,000万円 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 なし 最高5,000万円
ショッピング保険 最高100万円 最高100万円(海外のみ)

 

2つのカードを比較してみると、年会費や入会ボーナスマイルではANA VISAワイドカード、保険関係ではJAL CLUB-Aカードが優れています。

 

ANAカードが搭乗中だけしか補償されない国内航空傷害保険なのに対し、JALカードは旅行中も保険対象となる国内旅行傷害保険が最高5,000万円付帯することにも注目です。

 

マイルの獲得が2倍になる「10マイルコース(ANA)」や「ショッピングマイル・プレミアム(JAL)」は、JALカードが追加3,000円(税抜)なのに対し、ANAカードでは6,000円(税抜)が必要となります。

 

移行の手間が掛からないことを踏まえても、マイル獲得面においてはJAL CLUB-Aカードのほうが優れていると言えるでしょう

 

年会費に約3,000円の差があるため、そのあたりも考えつつ検討してくださいね。

 

 

ANA VISAワイドカードのまとめ

ANA VISAワイドカードはゴールカード並みの手厚い補償と、フライトマイルを獲得できるクレジットカードです。

 

航空機の利用でポイントが貯まりやすいため、ANA便にたくさん乗る方へ更なる『お得』を還元してくれます。

 

ANAの上質なサービスを堪能しつつ、節約も兼ねてマイルを貯められるこのカードは、節約&安心面で旅をサポートしてくれるはずです。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

ANA VISAワイドカードの基本情報

カード名 ANA VISAワイドカード
申込資格 満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)
発行期間 最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 税抜7,250円+税 2回払い
2年目以降 税抜7,250円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 税抜1,500円+税 分割払い
2年目以降 税抜1,500円+税 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 15日 支払日 翌月10日

ANA VISAワイドカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高5,000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 - 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 初年度無料
備考 2年目以降 税抜500円+税(1年間に1回以上ETC利用の請求があれば無料)

電子マネー

電子マネー 一体型:iD チャージ:楽天Edy/PiTaPa

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 三井住友カード株式会社
所在地 大阪市中央区今橋4-5-15
設立日 1967年12月

jcb一般