GINZA SIX カード プレステージ必読解説2017最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

GINZA SIX カード プレステージのココが『お得』!

GINZA SIX カード プレステージは、高級なお店が立ち並ぶ銀座の商業施設「GINZA SIX(銀座シックス)」を贅沢に使えるプラチナカードです。

 

カードの発行は三菱UFJニコスが行っており、銀座シックスでのショッピングや休憩にも有効活用できます。

 

GINZA SIX カード プレステージの特典
  • LOUNGE SIX:GINZA SIX内5階にあるラウンジの無料利用
  • 駐車場サービス:GINZA SIX駐車場の無料サービス
  • バレーパーキング(予約制・有料):車寄せから駐車場までの回送サービス
  • ポーターサービス:お買い物の荷物をLOUNGE SIXやカウンターでお預かり
  • 特典プレゼント

 

上記の特典は年間のカード利用額によって、BRONZE・PLATINUM・DIAMONDにステージ分けが行われ、それぞれのステージによって特典内容が変化します。

 

  【BRONZE】
(年間100万円未満)
【PLATINUM】
(年間100万円以上)
【DIAMOND】
(年間300万円以上)
LOUNGE SIX -
駐車場サービス 2時間無料 3時間無料 5時間無料
バレーパーキング(税抜) 利用料1,000円 利用料1,000円 無料
ポーターサービス -
特典プレゼント - 特典プレゼント バースデーギフト&特典プレゼント

 

この中でも、PLATINUMステージから使えるようになるLOUNGE SIXは、コンシェルジュ付きで疲れた身体を休められるプレミアムな特典です。

 

LOUNGE SIX

 

プレミアムラウンジ「LOUNGE SIX」の内容
  • コンシェルジュサービス
  • Sweets&Beverage:厳選されたメニューやオリジナルメニューをご提供
  • パーソナルスタイリング(有料):プロのスタイリストによる個室でのスタイリングサービス
  • 各種イベント&体験会へご招待

 

ワンランク下のGINZA SIX カード ゴールドでは年間300万円の利用が必要なのに対して、このカードなら100万円以上のカード利用があれば使えるようになります。

 

 

GINZA SIX カード プレステージの年会費

GINZA SIX カード プレステージは年会費50,000円(税抜)が必要なカードです。

 

一般的なプラチナカードと比較しても年会費が高めに設定されているため、よほど頻繁に銀座シックスを使わない限りは、特典だけで年会費の元を取るのは難しくなります

 

お得感よりもステータスを得られるカードとして使いましょう。

 

 

GINZA SIX カード プレステージの国際ブランド比較

GINZA SIX カード プレステージは国際ブランド「MasterCard」が使えます。

 

MasterCardが付帯すれば、国内だけでなく世界中の加盟店で利用できるため、海外渡航の際にも便利です。

 

またこのカードは、通常であればMasterCardの上級会員しか利用できない「MasterCard Taste of Premium」が使えます。

 

MasterCard Taste of Premiumの主な特典
  • 国際線手荷物宅配優待サービス:帰国時の手荷物を優待価格で宅配
  • 空港クローク優待サービス:1着につき10%OFF
  • 海外用携帯電話・WiFiレンタルサービス:WiFiルーター・携帯電話通信料15%OFF、レンタル料金50%OFF
  • ゴールドトラベルサービス:ホテルスパ・国内ゴルフ会員へ限定サービス提供
  • 会員制ゴルフ:ビジターだけでは利用ができない メンバー限定コースの提供
  • ヘリクルーズ:東京上空からの夜景観賞
  • 歌舞伎・能:チケットの手配
  • ダイニング by 招待日和:全国約200店のレストランにて2名以上の利用で1名無料

 

上記にある「ダイニング by 招待日和」を使えば、有名店舗のコース料理が一人あたり半額になります。

 

ステータスだけでなく、お得も手に入る仕上がりと言えるでしょう。

 

またこのカードは、電子マネーである「楽天Edy」「モバイルSuica」「SMART ICOCA」へのチャージが可能です。

 

チャージの際にポイントは貯まりませんが、コンビニ等で便利に使えます。

 

 

GINZA SIX カード プレステージのポイント

GINZA SIX カード プレステージは「GINZA SIX ポイント」がご利用100円につき1ポイント貯まり、銀座シックスの利用なら3倍の3ポイント貯まります。

 

このカードは、100円の利用につき2ポイント貯まる(銀座シックス利用時)GINZA SIX カード ゴールドよりもポイント獲得に優れており、3.0%の還元率を達成する高還元な仕上がりです。

 

洋服の購入やレストランの利用など、幅広く活躍してくれます。

 

 

GINZA SIX カード プレステージの補償とサービス

GINZA SIX カード プレステージは最高1億円の海外旅行傷害保険と最高5,000万円の国内旅行傷害保険、最高300万円のショッピング保険が付帯しています。

 

海外、国内共に最高5,000万円までは旅費等の支払いに関わらず自動で保険が適用されるため、持っているだけで安心して海外に出掛けられます。

 

数あるプラチナカードの中でも、手厚い補償内容と言えるでしょう。

 

 

GINZA SIX カード プレステージおすすめの使い方

GINZA SIX カード プレステージは銀座シックスにお買い物を集中させつつ、このカードならではの限定特典を使うのが利用方法としておすすめです。

 

プラチナカードのステータスに相応しい、コンシェルジュサービスや海外130ヵ国500都市の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスを有効活用しましょう。

 

コンシェルジュサービスを使えば、レストランの紹介や航空券のチケット手配など、様々な要望にも親切に応えてくれますよ。

 

 

GINZA SIX カード プレステージのデメリット

GINZA SIX カード プレステージは、特典の内容よりも高額な年会費がデメリットとなりえます。

 

前項でも述べたとおり、ポイントの還元や特典内容では年会費50,000円(税抜)の元を取るのは難しいため、ステータス性に重点をおかなければ利用価値は薄れてしまいます

 

「銀座シックスの利用とトラベル」に価値を見出しましょう。

 

銀座シックスで単純にお得なお買い物をしたい場合には、年会費5,000円(税抜)で持てるGINZA SIX カード ゴールドがおすすめです。

 

 

GINZA SIX カード プレステージのライバル比較

GINZA SIX カード プレステージの唯一の比較対象は、ワンランク下のGINZA SIX カード ゴールドとなります。

 

年会費が10倍も違う割に、特典の差は少ない印象です。

 

一覧表にしましたので、比べてみてくださいね。

 

  GINZA SIX カード プレステージ GINZA SIX カード ゴールド
申込資格 原則として20歳以上で、安定した収入のある方(学生を除く) 原則として18歳以上で、安定した収入のある方(学生を除く)
年会費(初年度) 50,000円+税 5,000円+税
年会費(2年目以降) 50,000円+税 5,000円+税
家族カード年会費(初年度) 無料 750円+税
(1人目無料)
家族カード年会費(2年目以降) 無料 750円+税
(1人目無料)
ポイント還元率 3.0%(100円利用につき3ポイント) 2.0%(100円利用につき2ポイント)
空港ラウンジ 国内30ヶ所+海外1,000ヶ所以上 国内6ヶ所+海外1ヶ所
コンシェルジェサービス -
海外旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯5,000万円) 最高3,000万円
国内旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯) 最高3,000万円
ショッピング保険 最高300万円 最高200万円
海外・国内渡航遅延保険 -
犯罪被害傷害保険 最高1,000万円 -

 

上記だけでなく、BRONZE・PLATINUM・DIAMONDのステージ制についても特典や適用条件が異なります。

 

詳細については、GINZA SIX カード ゴールドの解説ページをご覧ください。

 

 

GINZA SIX カード プレステージのまとめ

GINZA SIX カード プレステージは、銀座シックスでのお得とステータスを両方手にできるクレジットカードです。

 

トラベルの時には手厚い保険も付帯されるため、日常生活だけでなく空の旅でもカードの恩恵を受けられます。

 

高級ショッピング施設「銀座シックス」で最も優越感を得られるプラチナカードとして、お買い物を更に楽しくしてくれるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

GINZA SIX カード プレステージの基本情報

カード名 GINZA SIX カード プレステージ
申込資格 原則として20歳以上で、安定した収入のある方(学生を除く)
発行期間 約2週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 税抜50,000円+税 2回払い
2年目以降 税抜50,000円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い
2年目以降 無料 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 15日 支払日 翌月10日

GINZA SIX カード プレステージの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高1億円 ショッピング保険 最高300万円
国内 最高5,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー チャージ:楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA

空港サービス

空港ラウンジ プライオリティパス

発行会社

会社名 三菱UFJニコス株式会社
所在地 東京都文京区本郷3-33-5
設立日 1951年6月

jcb一般