JCB一般カード必読解説2017最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

JCB一般カードのココが『お得』!

JCB一般カード

 

JCB一般カードはJCBが発行する「JCB ORIGINAL SERIES(JCBオリジナルシリーズ)」の中で、トータルバタンスに優れた1枚として人気です。

 

一般的にクレジットカードは「ポイントは貯まりやすいけど、旅行傷害保険が付帯していない・・・」など一部分だけに特化したものが多い中で、このカードはポイント優待やサービス面の両面で高いパフォーマンスを発揮してくれます。

 

更に、このカードはWeb限定デザインを選択することで、申し込みから発行までが最短当日で完了。

 

通常のデザインもインターネットからの申し込みで、最短3営業日にて発行が可能です。

 

JCB一般カード(Web限定デザイン)

 

お急ぎの方にもすぐに対応してくれる、柔軟性の高い1枚と言えるでしょう。

 

またJCBオリジナルシリーズのラインナップとして、新たにJCB CARD WJCB CARD W plus Lが仲間に加わりました。

 

これらのカードの追加により、長年に渡り「JCBのスタンダード」を担ってきたJCB一般カードの役割に動きがあります。

 

各種JCBオリジナルシリーズの役割
カード名 役割
JCB一般カード スタンダードカード→40歳以上向けのスタンダードカード
【新追加】JCB CARD W 39歳以下向けのポイント高還元カード
【新追加】JCB CARD W plus L 39歳以下&女性向けのポイント高還元カード
JCB CARD EXTAGE 29歳以下向けのヤングカード
JCB GOLD EXTAGE 29歳以下向けのヤングゴールドカード
JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ ANAマイル獲得用カード
JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ ANAマイル獲得用ゴールドカード
JCBゴールド 申込制のゴールドカード
JCBゴールド ザ・プレミア 招待制のゴールドカード
【新追加】:JCBプラチナ 申込制のプラチナカード
JCBザ・クラス 招待制のプラチナカード

 

今までよりも、お得を手にしやすいユーザーの区別がはっきりとしたため、更に自分ピッタリの1枚を探せるようになりました。

 

39歳以下の方は必見です。

 

 

JCB一般カードの年会費

JCB一般カードは年会費初年度無料(オンライン入会のみ対象)で2年目以降は1,250円(税抜)が必要です。

 

しかしネット上で利用明細を確認できる「MyJチェック」に登録し、年間50万円以上のカード利用があれば、条件付きとは言え年会費無料カードとして所持できます。

 

では「年間50万円」を達成するには、月換算でいくら必要なのでしょうか?

 

答えは毎月42,000円以上です。

 

決して低いハードルではありませんが、月々の携帯電話料金や公共料金等をカード決済することで、目標達成を目指しましょう。

 

本会員が条件を達成できれば、もれなく家族カードも無料になります。

 

家族みんなでお得を手にしてくださいね。

 

 

JCB一般カードの国際ブランド比較

JCB一般カードの国際ブランド選択は、JCBブランド一択です。

 

一般的に「JCB」は、日本人の訪問が少ない海外地域では使えないことがあり、世界各地を飛び回る人には不便な面もあります。

 

しかし、JCBカードには世界51カ所に「JCBプラザ」と呼ばれる海外サービス窓口と「JCBプラザ ラウンジ」が世界に9カ所あるため、海外でのトラブル時に日本語で相談できます。

 

海外の主要国においては比較的不自由なく利用できることから、「国内利用をメインとしつつ、海外のトラブル時に備える」という使い方がおすすめです。

 

QUICPay

 

またJCBは、電子マネー「QUICPay」を有効活用できます。

 

後払い式のQUICPayは、チャージ不要でお会計を1秒決済できるだけでなく、利用時にカード決済と同じようにポイントが貯まるため、お得かつ便利に使えます。

 

QUICPay対象のセブンイレブンやファミリーマートを始めとしたコンビニ各店、イオンやイトーヨーカドー等のスーパーマーケットを利用する方は必見です。

 

 

JCB一般カードのApple Pay対応

JCB一般カードはApple Payに対応しています。

 

電子マネーである「QUICPay」が割り当てられ、コンビニやその他加盟店でスピーディーな支払いが可能です。

 

オンラインの支払いでも、便利&お得に使えます。

 

オンライン支払いでお得な利用先
  • 出前館
  • じゃらん
  • TOHOシネマズ
  • giftee
  • 全国タクシー

 

 

JCB一般カードのポイント

OkiDokiポイント

 

JCB一般カードは、JCBの「Oki Dokiポイント」がご利用1,000円につき1ポイント貯まり(1ポイントは5円相当:還元率0.5%)、海外利用でいつでも2倍、JCB ORIGINAL SERIES提携店舗の利用で最大20倍のポイントが貯まります。

 

OkiDokiポイント交換先

 

この提携店舗優待は他のカードとは違い、オンラインストアだけではなく実際にある街のお店でも利用可能です

 

誰もが1度は聞いたことのある有名店舗のショッピングが劇的にお得になります。

 

主なJCB ORIGINAL SERIES提携店舗(街のお店)
  • 昭和シェル石油:2倍
  • エッソ・モービル・ゼネラル2倍
  • スターバックス:5倍
  • イトーヨーカドー:3倍
  • セブンイレブン:3倍
  • ラグーナテンボス:5倍

 

主なJCB ORIGINAL SERIES提携店舗(オンラインストア)
  • Amazon:3倍※MyJチェック未登録の方は2倍
  • 楽天市場:2倍~
  • Yahooショッピング:2倍~
  • マツモトキヨシ:2倍~
  • THE BODY SHOP:6倍
  • HMV:7倍
  • U-NEXT:2倍
  • スポーツオーソリティ:2倍~
  • 高島屋:2倍~
  • 東急ハンズ:2倍~

 

特にスターバックスは「国内利用1倍+優待4倍=6倍(還元率2.5%)」、Amazonは国内ショッピングも海外扱いとなり「海外利用2倍+優待1倍=3.0倍(還元率1.5%)」のポイントが貯まります。

 

スターバックスやAmazonを積極的に有効活用しましょう。

 

またこのカードは、年間利用額に応じて翌年のポイント付与率がアップする「JCB STAR MEMBERS」を使うことで、決済額の多い方へプラスアルファのお得を提供してくれます。

 

JCB STAR MEMBERS
  • 前年度利用額50万円以上:翌年ポイント20%UP(還元率0.6%)
  • 前年度利用額100万円以上:翌年ポイント50%UP(還元率0.75%)

 

ポイント交換先も豊富でAmazonギフト券やnanacoポイント、ANA&JALマイルなど、多くの選択肢から交換できます。

 

その中でもnanacoポイントと交換するのが、最もおすすめですよ(還元率0.5%)。

 

 

nanaco

 

 

JCB一般カードの補償とサービス

JCB一般カードは最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険(利用付帯)と、最高100万円の海外ショッピング保険が付帯しています。

 

このカードは、年会費の安さと比較しても補償内容が充実しており、2年目以降も無料カードとして使える最高水準の仕上がりです。

 

その他の特典としては、海外旅行の際に「JCBフォン・JCB Dataレンタル無料」や「空港宅配優待サービス15%割引」、「海外レンタカー5%〜25%割引」が利用できます。

 

JCBならではの充実した特典ラインナップと言えるでしょう。

 

 

JCB一般カードおすすめの使い方

JCB一般カードのおすすめの使い方は「質の高いサービスと安心を手に入れつつ、ポイント優待を最大限に活用する」です。

 

このカードは通常時のポイント還元率が平均的なスペックとなっているため、前年利用額に応じて翌年のポイント付与率がアップする「JCB STAR MEMBERS」と、優待提携先を上手に利用する必要があります。

 

JCB STAR MEMBERSでは年会費が無料になる50万円以上の利用を目指し、翌年の通常還元率0.6%を獲得。

 

スターバックスやAmazonを有効活用することで、効率の良いポイント獲得を目指しましょう。

 

またセブンイレブンでは、nanacoにQUICPay機能を追加して更なるポイントをキャッチ!

 

QUICPayの支払先にJCB一般カードを設定するだけで、nanaco利用で0.5%、紐づけられたQUICPayの決済で加盟店ポイントとして2.0%(4倍)のポイントが貯まります(合計還元率2.5%)

 

ひと手間必要ですが、ぜひ利用してみてくださいね。

 

 

JCB一般カードのデメリット

JCB一般カードは年会費を必要とするカードとなりますが、条件付きで無料になる特典や付帯している手厚いサービスを考慮すると、年会費以上のお得が溢れています。

 

1点注意事項としてはポイント獲得が1,000円単位となっており、1ヶ月の利用合計金額において発生した100円単位の端数はポイントが付与されません(例:月間利用合計35,500円の場合、500円は切り捨て)。

 

お買い物単位では切り捨てられませんが、利用明細を見たときに驚かないようにしましょう。

 

 

JCB一般カードのライバル比較

JCB一般カードと他のクレジットカードを比較した時に、1番に名が挙がる有力候補は三井住友VISAクラシックカードです。

 

どちらも信頼&実績が高く、トータルバランスの優れたクレジットカードです。

 

ポイントの利便性は三井住友VISAクラシックカード、旅行傷害保険や各種サービスにおいてはJCB一般カードに軍配が上がります。

 

しかし若干程度の差となりますので、「JCBブランド= JCB一般カード」「VISAブランド=三井住友VISAクラシックカード」のように、お好きなブランドによってカードを選ぶのも良い選択です。

 

両カードとも利用シーンを選ばない1枚として活躍してくれます。

 

 

JCB一般カードのまとめ

JCB一般カードは唯一の国内ブランドとして、実績&信頼を積み上げてきたクレジットカードです。

 

各種特典からお問い合わせ対応に至るまで、最高水準のサービスを幅広く受け取れます。

 

国内ブランドならではの安心感とお得を与えてくれるこのカードは、お財布のパートナーとして長く活躍してくれるでしょう。

 

※最短当日発行が可能なWeb限定デザインの詳細は、こちらからご覧ください。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

JCB一般カードの基本情報

カード名 JCB一般カード
申込資格 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方
発行期間 最短即日
入会金 無料 支払い方法 1回払い 公式サイト参照
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い 公式サイト参照
2年目以降 税抜1,250円+税 ボーナス払い 公式サイト参照
年会費(家族) 初年度 税抜400円+税 分割払い 公式サイト参照
2年目以降 税抜400円+税 リボ払い 公式サイト参照
解約金 - その他 -
締め日 公式サイト参照 支払日 公式サイト参照

JCB一般カードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高3,000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 最高3,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー 一体型:QUICPay チャージ:nanaco

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立日 1961年1月

JCB CARD W