JCB一般/プラスANAマイレージ必読解説2016最新版

最新記事: 更新
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

JCB一般/プラスANAマイレージのココが『お得』!

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ

 

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブはJCBが発行する人気シリーズ「JCB ORIGINAL SERIES」にANAマイル機能を追加したことで、バランスのとれた特典とマイルが両方手に入るクレジットカードです。

 

JCBブランドでANAマイルを貯めたい方にとっては、格安な年会費で充実のサービスを堪能できますので、コストパフォーマンスの良い1枚としておすすめ。信頼の高いJCBブランドという肩書も含めて要チェックです。

 

最短3営業日発行

 

また、このカードはネット申し込み限定で最短3営業日にて発行でき、お急ぎの方にもメリットをもたらしてくれます。

 

 

JCB一般/プラスANAマイレージの年会費

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブの年会費はJCBの代表的カードであるJCB一般カードと同額の1,250円(税抜)に、ANAマイレージ機能を追加するためのサービス付帯年会費300円(税抜)が必要となります。

 

入会初年度においては年会費1,250円(税抜)が無料となり、サービス付帯年会費300円(税抜)のみで1年間利用可能です(オンライン入会限定)。

 

このカードは2年目以降の年会費も「MyJチェック」と呼ばれるWeb明細に登録を行い、年間50万円以上のカード利用で翌年の年会費を無料にできます。

 

こちらの特典は年会費部分にしか適用されないため、サービス付帯年会費300円(税抜)はどうしても必要となってしまいますが、月間42,000円以上の利用でJCBブランドが300円にて所持できることは大きな『お得』と言えるでしょう。

 

 

JCB一般/プラスANAマイレージの国際ブランド比較

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブの利用できる国際ブランドはJCB一択です。国内唯一の国際ブランドとして、多くの信頼と実績を得たこのブランドは、長く使えるオーソドックスなクレジットカードとして、手厚い補償やサービスを提供してくれます。

 

過去においては海外加盟店も少なく利用の幅は限られていましたが、現在では比較的不自由なく利用でき、ハワイやグアム・韓国等の人気エリアで利用可能です。

 

海外でのトラブル時に日本語でサポートしてくれる「JCBプラザ」や「JCBプラザ ラウンジ」も活用できるため、1枚持っておくと安心も同時に携帯できるでしょう。

 

QUICPay

 

また、このカードはチャージ不要の電子マネー「QUICPay」が使えます。

 

QUICPayはクレジットカードに紐づけることで、後払いにてスピーディーなお会計が可能。セブンイレブンやファミリーマート、イオンやイトーヨーカドーなどでいつでも簡単に使えます。

 

 

JCB一般/プラスANAマイレージのポイント

Oki Dokiランド

 

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブはJCBの「Oki Dokiポイント」がご利用1,000円につき1ポイント貯まり(還元率0.5%)、海外利用でいつでも2倍、OkiDokiランド提携店舗であるAmazonやセブンイレブン等で3倍貯まります。

 

主なJCB ORIGINAL SERIES提携店舗(街のお店)
  • 昭和シェル石油:2倍
  • エッソ・モービル・ゼネラル2倍
  • スターバックス:5倍
  • イトーヨーカドー:3倍
  • セブンイレブン:3倍
  • ラグーナテンボス:5倍

 

主なJCB ORIGINAL SERIES提携店舗(オンラインストア)
  • Amazon:3倍※MyJチェック未登録の方は2倍
  • 楽天市場:2倍~
  • Yahooショッピング:2倍~
  • マツモトキヨシ:2倍~
  • THE BODY SHOP:6倍
  • HMV:7倍
  • U-NEXT:2倍
  • スポーツオーソリティ:2倍~
  • 高島屋:2倍~
  • 東急ハンズ:2倍~

 

特にAmazonは国内で利用しても海外利用扱いとなり、海外利用2倍+優待1倍=3倍(還元率1.5%)のポイントが貯まりますので、有効な『お得』店舗として活用できるはずです。

 

マイル優待

 

また、ANAマイル特典としてはOkiDokiポイント10ポイントを3マイルに手数料なしで無料交換できます(還元率0.3%)。

 

還元率は高くありませんが、JCB一般カード+ANAマイルを簡単に利用できるこの特典は、付加価値としての機能を十分に果たしていると言えるでしょう。

 

サービス付帯年会費300円(税抜)に含まれるANAマイル特典
  • Oki Dokiポイント=3マイルに交換(マイル移行手数料無料)
  • ANA航空機利用でフライトマイル獲得
  • ANAマイレージクラブ提携パートナー利用でマイル獲得
  • グルメマイル:全国7,000店以上のレストランやバーの利用でマイルが貯まる
  • スキップサービス:空港で搭乗手続きをスキップして直接保安検査場に進める

 

上記の中でも、加盟店利用時にカード提示で100円(税込み)につき1マイル貯まる「グルメマイル」はグルメサイトの食べログやぐるなびのような感覚でANAマイルを効率良く貯めることができます。

 

グルメマイル

 

更にANA会員限定のインターネットサイト「ANAマイレージクラブ提携パートナー」を経由して提携店舗を利用することで、OkiDokiポイントとANAマイルをダブルで貯めることも可能です。

 

主なANAマイレージクラブ提携パートナー
  • 楽天市場:200円につき1マイル
  • Yahooショッピング:300円につき1マイル
  • GROUPON:100円につき1マイル(キャンペーン時100円につき3マイル)
  • ポンパレモール:300円につき1マイル(キャンペーン時300円につき2マイル)
  • NIKE:100円につき1マイル(キャンペーン時100円につき2マイル)
  • ユニクロ:300円につき1マイル
  • GU(ジーユー):300円につき1マイル
  • GUCCI:100円につき1マイル
  • ケイトスペード:100円につき1マイル
  • コーチ:100円につき1マイル

 

楽天市場やYahooショッピングにおいては、ANAマイレージクラブ提携パートナーとOki Dokiランドのどちらも提携先となっていますが、最終的にANAマイルに交換するのであれば、「ANAマイレージクラブ提携パートナー」を利用するほうが、ダブルの『お得』でより多くのマイルを手にできます。

 

 

JCB一般/プラスANAマイレージの補償とサービス

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブには最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険(利用付帯)と最高100万円の海外ショッピング保険が付帯しています。

 

同スペックのクレジットカードと比較しても手厚い補償内容となっており、年会費優遇で300円(税抜)で利用可能な点を考慮すると大変『お得』に仕上がった1枚と言えるでしょう。

 

また、このカードは「JCBフォン・JCB Dataレンタル無料」や「空港宅配優待サービス15%割引」、「海外レンタカー5%〜25%割引」など、JCB一般カードを始めとするJCB ORIGINAL SERIESの特典も同じように利用でき、海外でも特典を活用できます。

 

 

JCB一般/プラスANAマイレージおすすめの使い方

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブは伝統あるJCBカードの補償やサービスを受け取りつつ、効率の良いマイル交換を行うことがお得獲得への近道です。

 

通常時のマイル還元率が0.3%と低いため、Oki DokiランドやANAマイレージクラブ提携パートナー等のポイント○倍アップ特典をしっかり活用しましょう。

 

「Amazon利用はOki Dokiランド、楽天市場やYahooショッピングはANAマイレージクラブ提携パートナーを経由」など、利用先に応じて使い方を変えることで、0.3%の還元率を3.0%程まで引き上げることが可能です。

 

基本的にANAマイレージクラブ提携パートナーにある提携先は、Oki Dokiランドを経由するよりお得に使えることが多いことを覚えておいてくださいね。

 

また、このカードは年間50万円以上の利用があれば、翌年ポイント付与率を20%アップすることも可能。利用額の多い方はプラスアルファのお得も手にできます。

 

JCB STAR MEMBERS
  • 前年度利用額50万円以上:翌年ポイント20%UP(還元率0.6%)
  • 前年度利用額100万円以上:翌年ポイント50%UP(還元率0.75%)

 

 

JCB一般/プラスANAマイレージのデメリット

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブは年会費300円(税込み)で利用でき、手厚い補償も手に入るためデメリット等は特にはありませんが、ANAマイルへの交換率の低さとポイント獲得単位が1,000ポイントに設定されいることに注意が必要です。

 

お買い物の都度、1,000円未満が切り捨てられるわけではありませんが、1ヶ月の利用合計金額において発生した端数分のポイントは付与されません(例:月間利用合計35,500円の場合、500円は切り捨て)。

 

意識して端数を発生しないようにすることは難しいですが、利用明細を確認した時に驚かないよう覚えておきましょう。

 

 

JCB一般/プラスANAマイレージのライバル比較

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブのライバルとして比較すべきはANA VISA一般カードです。

 

ANAマイルを貯めることや海外利用を目的とした場合はANA VISA一般カードがおすすめで、年会費の安さや手厚い補償、トータルバランスとしてはJCB一般カード/プラスANAマイレージクラブに軍配があがるでしょう。

 

 

JCB一般/プラスANAマイレージのまとめ

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブはJCBブランドの基本的な特典をそのままに、ANAマイレージクラブ機能を追加したことで、ポイントも補償もマイルも1枚でカバーできるクレジットカードです。

 

毎日のショッピングや公共料金等の支払いをANAの旅に変えられるこのカードは、大手JCB発行の安心クレジットカードとして長く使える1枚となるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブの基本情報

カード名 JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ
申込資格

18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
または高校生を除く18歳以上で学生の方

発行期間 最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い 公式サイト参照
年会費(本人) 初年度 税抜300円+税
(サービス付帯年会費含む)
2回払い 公式サイト参照
2年目以降 税抜1,550円+税
(サービス付帯年会費含む)
ボーナス払い 公式サイト参照
年会費(家族) 初年度 税抜700円+税
(サービス付帯年会費含む)
(1人目税抜300円+税)
分割払い 公式サイト参照
2年目以降 税抜700円+税
(サービス付帯年会費含む)
(1人目税抜300円+税)
リボ払い 公式サイト参照
解約金 - その他 -
締め日 公式サイト参照 支払日 公式サイト参照

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高3,000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 最高3,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー QUICPay

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立日 1961年1月

 

公式サイトでもっと見る

楽天カード特集