JCB CARD W plus L必読解説2018最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

JCB CARD W plus Lのココが『お得』!

JCB CARD W plus L

 

JCB CARD W plus Lは「JCB ORIGINAL SERIES(JCBオリジナルシリーズ)」の中でも、39歳以下の方に高還元ポイント&女性向け特典を同時に還元する1枚です。

 

綺麗になるためのお得情報や豪華プレゼントがもらえる「LINDAリーグ」と、格安な掛け金で自分に合った保険が選べる「お守リンダ」がカードの限定特典として付帯します。

 

選べる女性向け保険「お守リンダ」
  • 女性特定がん補償:月額掛金30円~
  • 天災限定傷害:月額掛金60円
  • 犯罪被害補償:月額掛金100円
  • 傷害入院補償:月額掛金390円

 

女性疾病保険に割安で加入できることも、所持する上でのメリットとなるでしょう(JCB CARD W plus L限定特典)。

 

女性疾病保険(乳がん・子宮がん・子宮筋腫・妊娠の合併症等)
  • 18歳~24歳:月額掛金290円
  • 25歳~29歳:月額掛金540円
  • 30歳~34歳:月額掛金670円
  • 35歳~39歳:月額掛金710円
  • 40歳~44歳:月額掛金740円
  • 45歳~49歳:月額掛金890円
  • 50歳~54歳:月額掛金1,040円
  • 55歳~59歳:月額掛金1,430円
  • 60歳~64歳:月額掛金1,860円
  • 65歳~69歳:月額掛金2,780円

 

またJCBオリジナルシリーズのラインナップや役割は以下のとおりです。

 

各種JCBオリジナルシリーズの役割
カード名 役割
JCB一般カード スタンダードカード→40歳以上向けのスタンダードカード
【新追加】JCB CARD W 39歳以下向けのポイント高還元カード
【新追加】JCB CARD W plus L 39歳以下&女性向けのポイント高還元カード
JCB CARD EXTAGE 29歳以下向けのヤングカード
JCB GOLD EXTAGE 29歳以下向けのヤングゴールドカード
JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ ANAマイル獲得用カード
JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ ANAマイル獲得用ゴールドカード
JCBゴールド 申込制のゴールドカード
JCBゴールド ザ・プレミア 招待制のゴールドカード
【新追加】:JCBプラチナ 申込制のプラチナカード
JCBザ・クラス 招待制のプラチナカード

 

JCB CARD W plus Lが追加されるまでは、JCB一般カードがJCBオリジナルシリーズのスタンダートとして役割を担っていましたが、39歳以下の方であればJCB CARD W plus Lのほうがポイント面や女性向け特典において多くのお得を手にできます

 

JCBのカードを作ろうと思っていた女性の方は、特に要チェックです。

 

 

JCB CARD W plus Lの年会費

JCB CARD W plus LはJCBが発行するクレジットカードとしては珍しく、年会費無料で使えます。

 

発行は39歳以下に限られているものの39歳以下でJCB CARD W plus Lを所持すれば、40歳になった後でもカードの継続が可能です。

 

家族カードも無料で発行できることもメリットと言えるでしょう。

 

またこのカードは、インターネットからの申し込みで最短3営業日にてカードの発行が可能です。

 

年会費1,250円(税抜)が必要なJCB一般カードの「WEB限定デザイン」とは異なり、即日発行には対応していないことに注意しておきましょう

 

 

JCB CARD W plus Lの国際ブランド比較

JCB CARD W plus Lは「JCB」が使えます。

 

一般的にJCBは「日本人の訪問が少ない海外地域では使えない」と言われていますが、ハワイやグアムを始めとしたアジア各国では比較的便利に利用可能です

 

また、JCBカードには世界51ヶ所に「JCBプラザ」と呼ばれる海外サービス窓口と「JCBプラザ ラウンジ」が世界に9ヶ所あるため、海外トラブル時にも日本語で相談できます。

 

海外渡航時にも安心を携帯できる点は、さすがは日本が世界に誇る国際ブランド「JCB」と言えるでしょう。

 

QUICPay

 

このカードは電子マネー利用でも便利です。

 

ポストペイ(後払い式)のQUICPayがカードに一体型として組み込まれ、QUICPay利用分もクレカポイントが貯まるため、1枚でスピーディーな会計を実現してくれます。

 

セブンイレブンやファミリーマートを始めとしたコンビニ各店や、イオンやイトーヨーカドー等のスーパーマーケットを利用する方は要チェックです。

 

 

JCB CARD W plus Lのポイント

JCB CARD W plus Lは、男性向けに発行されているJCB CARD Wと同様にJCBの「Oki Dokiポイント」が他JCBオリジナルシリーズの2倍にあたる、ご利用1,000円につき2ポイント貯まります(1ポイントは5円相当:還元率1.0%)。

 

海外利用時とJCBオリジナルシリーズ提携店舗の利用では他のカードと同様の還元率となりますが、国内利用(ETC利用を含む)でいつでも2倍のポイントを獲得できる太っ腹な仕上がりです(海外利用は1,000円利用につき2ポイント、提携店舗利用では最大20倍)。

 

OkiDokiポイント交換先

 

JCBオリジナルシリーズの提携店舗には、ネットだけでなく街のお店も参加しているため、日常的に使うお店があれば幅広くポイントを獲得できます。

 

主なJCB ORIGINAL SERIES提携店舗(街のお店)
  • 昭和シェル石油:2倍
  • エッソ・モービル・ゼネラル2倍
  • スターバックス:5倍
  • イトーヨーカドー:3倍
  • セブンイレブン:3倍
  • ラグーナテンボス:5倍

 

主なJCB ORIGINAL SERIES提携店舗(オンラインストア)
  • Amazon:3倍※MyJチェック未登録の方は2倍
  • 楽天市場:2倍~
  • Yahooショッピング:2倍~
  • マツモトキヨシ:2倍~
  • THE BODY SHOP:6倍
  • HMV:7倍
  • U-NEXT:2倍
  • スポーツオーソリティ:2倍~
  • 高島屋:2倍~
  • 東急ハンズ:2倍~

 

上記店舗の中でもスターバックスは「国内利用2倍+優待4倍=6倍(還元率3.0%)」、Amazonでは国内ショッピングも海外扱いとなり「海外利用2倍+優待2倍=4倍(還元率2.0%)」のポイントが貯まります。

 

JCBオリジナルシリーズの中でも、スターバックスで3.0%還元を叶えるクレカはJCB CARD W plus LとJCB CARD Wだけです。

 

スターバックでよくコーヒーを飲む方は、ぜひ有効活用してくださいね。

 

またこのカードはポイントの交換先が豊富に用意されているため、貯めたポイントの消費にも困りません。

 

Amazonギフト券やANA&JALマイルなどに交換でき、特にnanacoポイントへの交換がおすすめです(ANAマイルは移行手数料無料)。

 

nanaco

 

ポイントの使い道に困ったら、nanacoポイントへの交換を検討しましょう。

 

 

JCB CARD W plus Lの補償とサービス

JCB CARD W plus Lは最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)と、最高100万円の海外ショッピング保険が付帯しています。

 

年会費無料のカードとしては手厚い補償内容となっており、海外にあるJCBプラザやJCBプラザ ラウンジと共に海外渡航を支えてくれます。

 

選べる保険「お守リンダ」や女性疾病保険も上手く活用して、自分だけの安心を手に入れましょう。

 

またこのカードは海外渡航時に「JCBフォン・JCB Dataレンタル無料」や「空港宅配優待サービス15%割引」、「海外レンタカー5%〜25%割引」が使えます。

 

安心面だけでなく、お得面でもしっかりと活躍してくれますよ。

 

 

JCB CARD W plus Lおすすめの使い方

JCB CARD W plus Lは、「ポイント2倍」を活用するのはもちろんですが、このカード限定の女性特典を満喫する使い方がおすすめです。

 

お守リンダやLINDAリーグ、持ちやすい可愛い券面もJCB CARD Wにはない、プラスアルファ特典として利用者を支えてくれます。

 

また電子マネー利用では、セブンイレブンにおいてnanacoにQUICPay機能を追加してお買い物をするとお得です。

 

QUICPayの支払先にJCB CARD W plus Lを設定するだけで、nanaco利用で0.5%、紐づけられたQUICPayの決済で加盟店ポイントとして2.0%(4倍)のポイントが貯まります(合計還元率2.5%)

 

近所にセブンイレブンがある方に試してほしい必見の裏ワザです。

 

 

JCB CARD W plus Lのデメリット

JCB CARD W plus Lは、高還元なポイントが年会費無料で手に入るためデメリットはありません。

 

しかしポイントの獲得単位が1,000円に設定されていることと、利用明細が書面で発行されずWeb明細のみになることには注意が必要です。

 

ポイントに関しては、1ヶ月の利用合計時の100円単位分はポイントがカットされますが、お買い物の度に100円単位が切り捨てられるわけではありません(例:月間利用合計35,500円の場合、500円は切り捨て)。

 

また利用明細に関しても、Web明細のほうが反映も早く見たい時にいつでも確認できます。

 

JCB一般カードであれば書面での発行も可能なため、紙の明細を希望する方はJCB一般カードへの申し込みを検討しましょう。

 

 

JCB CARD W plus Lのライバル比較

JCB CARD W plus Lのライバルは、JCBが女性向けに発行しているJCB LINDAです。

 

JCB LINDAはJCBオリジナルシリーズではありませんが、選べる可愛い券面とJCB CARD W plus Lと同様に「LINDAリーグ」と「お守リンダ」が使えます。

 

LINDAリーグとお守リンダはJCB CARD W plus Lでは無料で使えますが、JCB LINDAはデータ維持料として毎月100円(税抜)が必要です(条件達成で無料)。

 

またJCB LINDAには「LINDAボーナス」と呼ばれるポイントボーナス特典がありますが、このLINDAボーナスは1年目限定のボーナスで2年目以降は通常のポイント還元に戻ってしまうデメリットがあります

 

ポイント特典においては、常に2倍のポイントが貯まるJCB CARD W plus Lがおすすめです。

 

下記にスペックを比較してみました。

 

  JCB CARD W plus L JCB LINDA
申込資格 原則として18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方 原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方
年会費(初年度) 無料 無料
年会費(2年目以降) 無料 無料
家族カード年会費(初年度) 無料 無料
家族カード年会費(2年目以降) 無料 無料
データ維持料 - 毎月100円(税抜)※条件達成で無料
ポイント還元率 1.0%(1,000円利用につき2ポイント) 0.5%(1,000円利用につき1ポイント)
海外旅行傷害保険 最高2,000万円 -
国内旅行傷害保険 - -
海外ショッピング保険 最高100万円 最高100万円

 

券面のデザインも考慮しつつ、より自分に合った1枚を検討してくださいね。

 

 

JCB CARD W plus Lのまとめ

JCB CARD W plus Lは女性向けの特典を提供するJCBオリジナルシリーズとして、高還元なポイントが手に入るクレジットカードです。

 

券面デザインも可愛くお洒落に所持できるため、どこで使ってもお買い物に楽しみをプラスできます。

 

年会費無料にも関わらず「JCB×高還元ポイント」を叶えるこのカードを持って、お得なクレカライフを満喫してみてはいかがでしょうか?

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

JCB CARD W plus Lの基本情報

カード名 JCB CARD W plus L
申込資格 原則として18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方
発行期間 最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い 公式サイト参照
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い 公式サイト参照
2年目以降 無料 ボーナス払い 公式サイト参照
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い 公式サイト参照
2年目以降 無料 リボ払い 公式サイト参照
解約金 - その他 -
締め日 公式サイト参照 支払日 公式サイト参照

JCB CARD W plus Lの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高2,000万円 ショッピング保険 最高100万円
国内 - 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー 一体型:QUICPay チャージ:nanaco

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立日 1961年1月

JCB CARD W
JCB CARD Wポイント追加2倍キャンペーン中!キャンペーンの内容やお得な利用方法についてはこちら