JCBプラチナ必読解説2018最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

JCBプラチナのココが『お得』!

JCBプラチナ

 

JCBプラチナはJCBが発行する申込制のクレジットカード中で、最も品位の高いプラチナカードです。

 

わずか2万円台の年会費で招待制のプラチナカード「JCBザ・クラス」と見劣りしない特典を実現しています(JCBザ・クラスの年会費は5万円)。

 

券面もブラックとシルバーの箔押しで高級感のあるデザインを採用。どこで出してもJCBの実績と信頼をステータスとして誇示できます。

 

またこのカードは「プラチナ・コンシェルジュデスク」と呼ばれるコンシェルジュサービス(24時間365日対応)と、世界約500都市で1,000ヶ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パス(本会員のみ)が無料で付帯します。

 

プラチナ・コンシェルジュデスク

 

この年会費の規模でJCBザ・クラスと同程度のコンシェルジュサービスが使えるのは、「さすがはJCB!」と言える太っ腹な仕上がりです。

 

国内最高品質のコンシェルジュデスクを堪能できる、何ひとつデメリットのない1枚として利用者のクレカライフを支えてくれます。

 

プラチナ・コンシェルジュデスクの主な特典
  • 国内・海外のホテル予約
  • 空港券・列車・レンタカーの手配
  • 旅行に関する各種サポート
  • ゴルフ場やレストランなどのエンターテイメントに関する相談
  • その他、可能な限り対応できる相談

 

もちろんJCBゴールドで使える特典は全て完備。JCBゴールドと同様にJCBプラチナでの利用実績が認められればJCBザ・クラスのインビテーションが届きます。

 

JCBザ・クラス

 

JCBの最上級クレジットカードを目指す1枚としてもおすすめです。

 

各種JCBオリジナルシリーズの役割
カード名 役割
JCB一般カード スタンダードカード→40歳以上向けのスタンダードカード
【新追加】JCB CARD W 39歳以下向けのポイント高還元カード
【新追加】JCB CARD W plus L 39歳以下&女性向けのポイント高還元カード
JCB CARD EXTAGE 29歳以下向けのヤングカード
JCB GOLD EXTAGE 29歳以下向けのヤングゴールドカード
JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ ANAマイル獲得用カード
JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ ANAマイル獲得用ゴールドカード
JCBゴールド 申込制のゴールドカード
JCBゴールド ザ・プレミア 招待制のゴールドカード
【新追加】:JCBプラチナ 申込制のプラチナカード
JCBザ・クラス 招待制のプラチナカード

 

 

JCBプラチナの年会費

JCBプラチナは年会費25,000円(税抜)が必要なクレジットカードですが、年会費と特典のバランスを考慮するとお得溢れる仕上がりです

 

月額2,000円程度で持てるカードとしては驚きの特典を手にできます。

 

家族カードは一人目無料、二人目以降も年会費3,000円(税抜)で発行できるため、家族単位で高品質なサービスを受けられます。

 

「家族みんなで上質なひと時を・・・」という使い方もできちゃいますよ。

 

またJCBプラチナは、原則25歳以上であればカードの発行が可能です。

 

20代でも所持しやすい年会費設定はメリットと言えるでしょう。

 

原則25歳以上となっていますが、もちろん24歳以下の方でも申し込みは可能です。

 

「JCBプラチナが絶対欲しい!」と言う方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

JCBプラチナの国際ブランド比較

JCBプラチナは日本が世界に誇る国際ブランド「JCB」の一択となります。

 

JCBは一般的に海外利用には不向きというイメージがありますが、国内最高水準のクオリティとハワイ・グアムを始めとしたアジア諸国での利便性を確保しています

 

またこのカードは海外旅行保険がとても充実しており、日本語の海外サポートが受けられる「JCBプラザ」や「JCBプラザ ラウンジ」といったサービス拠点と併せて、日本人の海外渡航を支えてくれます。

 

現地語が不安な方にも安心の仕上がりです。

 

QUICPay

 

このカードは電子マネーも便利に使えます。

 

後払い式のポストペイ式電子マネー「QUICPay」が一体型としてカードに組み込み可能なため、1枚でスピーディーな会計を実現。

 

セブンイレブンやファミリーマート等のコンビニ各店、イオンやイトーヨーカドーでもQUICPay利用分としてクレカポイントを獲得できます。

 

日常生活にも寄り添ったクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

JCBプラチナのポイント

JCBプラチナはJCBゴールドと同様にJCBの「Oki Dokiポイント」がご利用1,000円につき1ポイント貯まり(1ポイントは5円相当:還元率0.5%)、海外利用は2倍のポイントが貯まります。

 

ネットだけでなく街のお店も名を連ねる、JCBオリジナルシリーズ提携店舗のお買い物では最大20倍のポイントを獲得できるため、利用店舗があれば要チェックです。

 

OkiDokiポイント交換先

 

主なJCB ORIGINAL SERIES提携店舗(街のお店)
  • 昭和シェル石油:2倍
  • エッソ・モービル・ゼネラル2倍
  • スターバックス:5倍
  • イトーヨーカドー:3倍
  • セブンイレブン:3倍
  • ラグーナテンボス:5倍

 

主なJCB ORIGINAL SERIES提携店舗(オンラインストア)
  • Amazon:3倍※MyJチェック未登録の方は2倍
  • 楽天市場:2倍~
  • Yahooショッピング:2倍~
  • マツモトキヨシ:2倍~
  • THE BODY SHOP:6倍
  • HMV:7倍
  • U-NEXT:2倍
  • スポーツオーソリティ:2倍~
  • 高島屋:2倍~
  • 東急ハンズ:2倍~

 

上記店舗の中でもスターバックスは「国内利用1倍+優待4倍=5倍(還元率2.5%)」、Amazonでは国内ショッピングも海外扱いとなり「海外利用2倍+優待2倍=4倍(還元率2.0%)」のポイントを獲得できます。

 

また、年間利用額に応じて翌年のポイント付与率がアップする「JCB STAR MEMBERS」も、プラチナカード以上のステージが特別に用意されています

 

JCB STAR MEMBERS
  • 前年度利用額50万円以上:翌年ポイント30%UP(還元率0.65%)
  • 前年度利用額100万円以上:翌年ポイント60%UP(還元率0.8%)
  • 前年度利用額300万円以上:翌年ポイント70%UP(還元率0.85%)

 

更にこのカードは、ポイントの交換先にも困りません。

 

Amazonギフト券やnanacoポイント、ANA&JALマイル(ANAマイルは移行手数料無料)などの幅広い選択肢があり、nanacoポイントに交換すれば最も効率の良いポイント交換が可能です(還元率0.5%)。

 

nanaco

 

ポイント交換先が豊富なことも、このカードを所持する上でのメリットとなるでしょう。

 

 

JCBプラチナの補償とサービス

JCBプラチナは最高1億円の海外・国内旅行傷害保険と最高500万円のショッピング保険が付帯しており、旅行傷害保険は海外・国内共にカードで旅行代金等を支払わなくても自動で最高1億円まで保険が適用されます。

 

自動付帯で最高1億円まで補償される保険は、数あるクレジットカードの中でも最上位の補償内容です

 

持っているだけで手厚い保険を携帯できます。

 

またこのカードは国内・海外渡航遅延保険の他にも、JCBゴールド特典として健康関連のサービスを受けられます。

 

JCBゴールドの特典
  • 人間ドッグサービス:提携医療機関の優待利用
  • ドクターダイレクト24(国内):健康や介護、育児に関する24時間無料相談
  • 健康チェックサービス:自宅に居ながら専門家のアドバイスを受けられる健康相談サポート

 

上記サービスは、クレジットカードで健康面をサポートしてくれる珍しい特典です。

 

いざという時も安心のサポート体制を提供してくれます。

 

 

JCBプラチナおすすめの使い方

JCBプラチナは年会費25,000円(税抜)の元がすぐに取れるクレジットカードです。

 

質の高いコンシェルジュサービスやプライオリティ・パスだけでも十分に元が取れますが、下記に紹介するハイクオリティな特典を利用すれば更に簡単です。

 

  • グルメ・ベネフィット
  • JCBプレミアムステイプラン
  • ダイニング30

 

どの特典もプレミアムなお得を還元してくれる特典となりますので、順番に紹介していきます。

 

グルメ・ベネフィット

 

グルメ・ベネフィットはレストランのコース料理に関する特典です。

 

グルメ・ベネフィットを使うと、国内の有名レストランのコース料理が2名以上の予約で1名分が無料になります。

 

年間の利用回数に制限はなく、1店舗につき半年に1回であればグルメ・ベネフィット利用分としてお得に食事を楽しむことも。

 

対象店舗もJCBが厳選した高級店舗ばかりです。

 

JCBプレミアムステイ

 

JCBプレミアムステイは旅館やホテル宿泊に関する特典です。

 

こちらもJCBが全国から選び抜いた宿泊施設をお値打ちに利用できる「スペシャルプライスプラン」と、スイートルームに割引価格で泊まれる「スイートルームプラン」を提供しています。

 

会員限定特典が使える施設もあるため、旅行好きな方におすすめです。

 

ダイニング30

 

ダイニング30は対象レストランをJCBプラチナで支払うと、コース料金の30%OFFにてお食事を楽しめるサービスです。

 

家族での外食やデート、ビジネスにももちろん利用できます。

 

上記の3特典はどれも年会費を上回るお得を簡単に手にできます

 

ぜひ大切な人とのひと時に有効活用してみてくださいね。

 

またこのカードはその他の特典として、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の中にあるJCBラウンジと、京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」が利用できます。

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンJCB LOUNGE
  • ザ・フライング・ダイナソー優先搭乗(希望の方のみ)
  • ドリンクサービス
  • 雑誌閲覧

 

JCB Lounge 京都

 

JCB Lounge 京都
  • ドリンクサービス
  • 雑誌閲覧

 

ラウンジにアルコール類はありませんが、上記特典は全て無料で利用できます。

 

歩き疲れた時の休息の場として便利ですね。

 

 

JCBプラチナのデメリット

JCBプラチナはコストパフォーマンスに優れた1枚として、所持する上でデメリットはありません。

 

コンシェルジュサービスやグルメ&ホテル関連の特典を使えば、年会費よりもお得面が目立つハイパフォーマンス仕様になっています。

 

ステータス面でも申し分のない力を発揮してくれるため、幅広いシーンで活躍するクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

JCBプラチナのライバル比較

JCBプラチナのライバルは同程度の年会費で所持できるプラチナカード「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

 

このカードは三菱UFJニコスが発行する最上位の1枚として、コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスを提供してくれます。

 

しかしJCBプラチナと比較するとコンシェルジュの質や旅行保険の手厚さ、ステータス面においてもJCBプラチナに遠く及ばず、「年会費の元が取れるカード」という意味合いでもJCBプラチナのほうが優れています

 

  JCBプラチナ MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
申込資格 原則として25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。※学生不可 原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方。(学生を除く)
年会費(初年度) 25,000円(税抜) 20,000円(税抜)
年会費(2年目以降) 25,000円(税抜) 20,000円(税抜)
家族カード年会費(初年度) 3,000円(税抜)※1人目無料 3,000円(税抜)※1人目無料
家族カード年会費(2年目以降) 3,000円(税抜)※1人目無料 3,000円(税抜)※1人目無料
ポイント還元率 0.5%(1,000円利用につき1ポイント) 0.5%(1,000円利用につき1ポイント)
海外旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯) 最高1億円(自動付帯:5,000万円)
国内旅行傷害保険 最高1億円(自動付帯) 最高5,000万円(利用付帯)
海外ショッピング保険 最高500万円 最高300万円
コンシェルジュサービス
プライオリティ・パス

 

年会費5,000円(税抜)の差を感じさせないお得感を、JCBプラチナなら簡単に手にできます。

 

 

JCBプラチナのまとめ

JCBプラチナは、JCBが発行するクレカの中で最上位に位置付けるプラチナカードとして、上質なサービスと高いステータスを提供してくれる1枚です(招待制:JCBザ・クラスを除く)。

 

「JCBのお墨付き」を常にステータスとして持ち歩けることで利用するシーンを選ばず、どこで使っても高い信頼と信用を得られます。

 

お得面だけでなく上質なサービスで周りの人を魅了するこのカードは、認められた一部の人だけが利用を許されるプレミアムなクレジットカードです。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

JCBプラチナの基本情報

カード名 JCBプラチナ
申込資格 原則として25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。※学生不可
発行期間 最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い 公式サイト参照
年会費(本人) 初年度 25,000円+税 2回払い 公式サイト参照
2年目以降 25,000円+税 ボーナス払い 公式サイト参照
年会費(家族) 初年度 税抜3,000円+税
(1人目無料)
分割払い 公式サイト参照
2年目以降 税抜3,000円+税
(1人目無料)
リボ払い 公式サイト参照
解約金 - その他 -
締め日 公式サイト参照 支払日 公式サイト参照

JCBプラチナの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高1億円 ショッピング保険 最高500万円
国内 最高1億円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー 一体型:QUICPay チャージ:nanaco

空港サービス

空港ラウンジ プライオリティパス

発行会社

会社名 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立日 1961年1月

JCB CARD W
JCB CARD Wポイント追加2倍キャンペーン中!キャンペーンの内容やお得な利用方法についてはこちら