JCB LINDA必読解説2017最新版

最新記事: 更新
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

JCB LINDAのココが『お得』!

JCB LINDA

 

JCB LINDAは大手クレジットカード会社「JCB」が発行するラインナップの中で、キレイになりたい女性への『お得』を詰め込んだクレジットカードです。

 

豪華プレゼントや綺麗になるための情報を発信する「LINDAリーグ」や、手軽な掛け金で自分に必要な保険が選べる「お守リンダ」が限定特典として使えるため、ビューティ&ヘルス・ファッション・グルメに敏感な女性から人気があります。

 

また、このカードのデザインは8種類と豊富。お好きなカードデザインで、お洒落に財布を彩ることができます。

 

カードデザイン

 

 

JCB LINDAの年会費

JCB LINDAは年会費無料にて利用できますが、別途データ維持料として毎月100円(税抜)が必要となります。

 

しかし、このデータ維持料は下記条件のどちらかを満たせば無料にすることが可能です。

 

JCB LINDAデータ維持料無料条件
  • 月々の携帯電話・PHSの利用料金をJCB LINDAで支払う
  • JCB LINDAでの支払い金額(本会員と家族会員の合計)が月額1万円以上

 

携帯電話・PHS利用は最初に登録しておくだけなので簡単にクリアできますね。

 

また、学生の方は卒業予定年月までのデータ維持料が無料となるため、条件を満たすことなく無料で利用できます。

 

 

JCB LINDAの国際ブランド比較

JCB LINDAの国際ブランドはJCB一択となるため、比較対象はありません。JCBは一般的なイメージとして海外利用に弱い印象をお持ちの方も多いと思いますが、現在では加盟店数を伸ばしており、ハワイやグアム・韓国等では比較的不自由なく利用可能です。

 

また、海外のトラブル時にも日本語でサポートを受けられる「JCBプラザ」「JCBプラザ ラウンジ」が利用できるため、現地語を話せない方も携帯するメリットがあります。

 

QUICPay

 

更に、チャージ不要の1秒会計を可能にした「QUICPay」も利用でき、セブンイレブンやファミリーマートを始めとしたコンビニ各店や、イオンやイトーヨーカドーなどでもカード決済と同じようにポイントが貯まります。

 

安心とお得を両方手にできるカード設計と言えるでしょう。

 

 

JCB LINDAのポイント

ポイント優待

 

JCB LINDAはJCB一般カードと同様に、「Oki Dokiポイント」がご利用1,000円につき1ポイント貯まります(還元率0.5%)。

 

JCB LINDAだけのポイント特典としては、「LINDAボーナス」として入会から1年以内の利用金額が50万円に達するとその翌月からポイント2倍、100万円に達すると3倍貯まります(還元率1.5%)。

 

設定額を達成した後は常に同倍率が適用されるため、継続して『お得』を獲得可能。ハードルは決して低くないですが、お買い物や美容院・エステなどの支払いが多い方は、このJCB LINDAで集中して使うことで驚くほどポイントが貯まります。

 

また、このカードはポイント交換先が豊富なことも魅力の一つとなっており、Amazonギフト券やnanacoポイント、ANA&JALマイルやJCBギフトカードなど、使い道に困りません。

 

交換先としてはnanacoポイントとして活用するのが一番交換率良く利用できますので(還元率0.5%)、多くの『お得』を手にしたい方はnanacoポイントへの交換がおすすめです。

 

nanaco

 

 

JCB LINDAの補償とサービス

お守リンダ

 

JCB LINDAには旅行傷害保険は付帯していませんが、最高100万円のショッピング保険が付帯しています。

 

また、このカードは「お守リンダ」という、必要なプランを選べる保険にわずか月額30円から任意加入できるため、心強い補償も同時に手にできます。

 

女性特定がん

 

乳がん・子宮がん・卵巣がんといった女性特有のがんと向き合うためのプランに、月払掛金30円から加入できます。

 

女性特定がん限定手術保険金として、補償期間中に初めて乳がん・子宮がん・卵巣がんと診断確定され、手術を受けた場合に保険金が50万円支払われます。

 

天災限定傷害

 

天災限定障害は天災によるケガで入院・手術を受けた場合に、月払掛金60円で入院日額5,000円が支払われます。

 

手術補償金としても種類によって5万円・10万円・20万円が受け取れます。

 

犯罪被害補償

 

ひったくり損害保険金として50万円、鍵取替え費用保険金3万円が上限として補償されます。

 

ストーカー行為等を受けた場合も、防犯機器等の購入費用を支払限度50万円まで補償してくれます。

 

傷害入院補償

 

急激かつ偶然な外来の事故で入院した場合に、日額5,000円が補償されます(地震や噴火、これらによる津波による天災は補償対象外)。

 

 この中でも特に、プランAの「女性特定がん」やプランCの「犯罪被害補償」は女性特有の疾患や悩みに柔軟対応している、おすすめの保険と言えるでしょう。

 

その他の特典としては、インターネットで身に覚えのない不正利用があった場合に請求を取り消してくれる「JCBでe安心」も利用できます。

 

カード所持者の不安を取り払ってくれる安心のサービスですね。

 

 

JCB LINDAおすすめの使い方

JCB LINDAはポイントボーナスが貰える「LINDAボーナス」を活用できるに越したことはないですが、利用額のハードルが高いため、ポイント獲得に専念するよりも女性限定の『お得』を活用する使い方がおすすめです。

 

選べる保険「お守リンダ」への加入や「LINDAリーグ」において美を追求するための情報収集を行うことで、通常のクレジットカードでは得られないお得を堪能できます。

 

LINDAリーグ

 

クレジットカードそのものよりも、付加価値の高いカードとして利用することがベストと言えるでしょう。

 

 

JCB LINDAのデメリット

JCB LINDAは実質年会費無料で利用可能なため、無料条件を満たすことができればデメリットはありませんが、ポイントボーナスである「LINDAボーナス」の対象期間が1年に設定されていることに注意が必要です。

 

1年以内にカード利用額が100万円を達成すればポイント3倍となりますが、達成しても1年経過するとリセットされてしまうため、360日目にポイント3倍となっても5日後にはポイント1倍に戻ってしまいます。

 

LINDAボーナス

 

余裕をもって達成しなければ恩恵を受けられないことに注意しましょう。

 

また、ポイント獲得単位が1,000円に設定されており、月間利用合計金額で発生した100円単位はポイントが付与されません。こちらも併せて注意が必要です。

 

 

JCB LINDAのライバル比較

JCB LINDAのライバルとして頻繁に比較されるカードは三井住友VISAアミティエカードです。

 

三井住友カードの女性限定クレジットカードとして発行され、携帯電話・PHS利用でポイントが2倍貯まります。どちらも条件達成で年会費無料カードとして所持できますが、全体的なスペックとしてはアミティエカードが優れている印象です。

 

アミティエカードにはお守リンダやLINDAリーグのような付加機能はありませんので、保険内容等の女性特典で決める方法もおすすめの選択と言えるでしょう。

 

 

JCB LINDAのまとめ

キレイに出会いたい女性のために、女性が求める情報や特典をギュっと詰め込んだ女性専用クレジットカードがこのJCB LINDAです。

 

選べる保険と女性限定特典を実質年会費無料で堪能することによって、安心とお得を両方手にできるこのカードは、「楽しみながら綺麗に」を叶える1枚となるでしょう。

 

 

公式サイトでもっと見る

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

JCB LINDAの基本情報

カード名 JCB LINDA
申込資格

原則として18歳以上でご本人または配偶者に安定継続収入のある方。

または高校生を除く18歳以上で学生の方

発行期間 最短3営業日
入会金 無料 支払い方法 1回払い 公式サイト参照
年会費(本人) 初年度 実質無料 2回払い 公式サイト参照
2年目以降 実質無料 ボーナス払い 公式サイト参照
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い 公式サイト参照
2年目以降 無料 リボ払い 公式サイト参照
解約金 - その他 -
締め日 公式サイト参照 支払日 公式サイト参照

JCB LINDAの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 - ショッピング保険 最高100万円
国内 - 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 無料
備考 -

電子マネー

電子マネー QUICPay/nanaco

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 株式会社ジェーシービー
所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立日 1961年1月

JCB CARD W