KCカード必読解説2017最新版

最新記事: 更新
「KCカード」は2016年2月18日をもって新規発行を終了しました。
  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket

KCカードのココが『お得』!

KCカードは分かりやすいポイントプログラムでポイントがザクザク貯まるクレジットカードです。

 

その還元率は最大で1.51%と業界最高水準のポイントを獲得することができるので「とにかくクレジットカードはポイント!」という方にもおすすめできる仕上がりとなっています。

 

 

KCカードの年会費

KCカードは初年度年会費無料で2年目以降は2,000円(税抜)が必要となりますが、メールアドレスを登録し、KCカードからのメール配信に同意すれば2年目以降も無料にすることができるので、実質無料で持つことのできる『お得』クレジットカードであると言えます。

 

 

KCカードのポイント

KCカードは業界最高水準のポイント高還元率で、還元率はなんと最大1.51%にもなります。

 

そのKCカードのポイントプログラムは至ってシンプル。まずKCカードの「点でうれしいポイント」が通常200円で1ポイント、誕生日月は2倍の200円で2ポイント貯まり、ボーナスポイントとして貯めたポイントの半分(40,000ポイントのみ最終到達ボーナスとして+5,000ポイント)がプレゼントされるシステムとなっています。

 

このボーナスポイントのすごいところは、通常こういったボーナスは1年間のポイント合計に対して付与されるのが一般的なのですが、このKCカードは2年間のポイント合計に対して付与されるので、ボーナス目標を達成しやすく、どんどんボーナスポイントを獲得することができます。

 

ボーナスポイント
  • 2,000ポイント到達:1,000ボーナスポイント
  • 5,000ポイント到達:2,500ボーナスポイント
  • 10,000ポイント到達:5,000ボーナスポイント
  • 20,000ポイント到達:10,000ボーナスポイント
  • 40,000ポイント到達:25,000ボーナスポイント

 

また、KCカードのポイント使用方法は貯まったポイントをキャッシュバックとして請求金額から割引する「P割」に交換するか、ドコモポイントやauポイントに交換、またはANAマイレージクラブ、楽天スーパーポイントと交換できるなど、自由に選択できる種類が多いのもKCカードの魅力の1つです。

 

 

KCカードの補償とサービス

KCカードは海外・国内ともに最高2,000万円の旅行傷害保険が付帯されており、実質年会費無料のクレジットカードとしては最高水準の手厚い補償内容となっています。

 

また、海外旅行傷害保険はKCカードを持っているだけで保険が適用される自動付帯となっていますので、旅行や出張などで海外に出掛けるという方にも持っているだけで価値のあるクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

KCカードのまとめ

KCカードは年会費・ポイント・補償にとトータルバランスのとれたクレジットカードです。

 

ザクザク貯まるポイントプログラムはもちろんのこと、自動で海外旅行傷害保険が付帯されるカードとしても様々な場面で活躍してくれるはずです。

 

年会費などを気にせず、多くの『お得』を手に入れることができるのはクレジットカードの醍醐味ですね!

 

 

公式サイトでもっと見る

KCカードの基本情報

カード名 KCカード
申込資格 原則18歳以上の安定収入のある方
発行期間 約2週間
入会金 無料 支払い方法 1回払い
年会費(本人) 初年度 無料 2回払い
2年目以降 税抜2,000円+税 ボーナス払い
年会費(家族) 初年度 無料 分割払い
2年目以降 税抜600円+税 リボ払い
解約金 無料 その他 -
締め日 月末 支払日 翌月27日

KCカードの付帯保険・補償

旅行傷害保険 海外 最高2,000万円 ショッピング保険 -
国内 最高2,000万円 紛失・盗難補償

ETCカード

ETCカード 年会費 税抜500円+税
備考 -

電子マネー

電子マネー -

空港サービス

空港ラウンジ - プライオリティパス -

発行会社

会社名 KCカード株式会社
所在地 福岡市博多区博多駅前3丁目4番2号
設立日 1963年4月

jcb一般