クレジットカード銀行振込

あらゆる用途の支払いに便利なクレジットカードですが、いまだにクレカが使えないケースも少なくありません。

「クレジットカードを使って支払いを済ませたい」と思う場面は大きく分けて2つあります。

一つはポイントを貯めたい場合。もう一つは手元にお金がない場合です。

そんな時にクレジットカードが使えないと、とても不便ですよね・・・。

そこで今回は、クレジットカードを有効活用しつつ銀行へ振り込みが行える2つの方法を紹介します。

方法1:ちょコム送金を利用する

ちょコム送金

ちょコム送金を利用すれば、サイトを経由してクレカから銀行振込が行えます。

「クレジットカードで送金用電子マネーを購入し、その電子マネーで振り込みを行う」という仕組みです。

大手のNTTグループが提供しているサービスなので、安心して利用できます。

ちょコム送金の使い方

【家賃もカードでOK!?】クレジットカードで銀行振込みをする2つの方法。

使い方
  1. 銀行振込を申し込む(送金用電子マネーの購入+送金の依頼)
  2. 指定の銀行口座に、「ちょコム」から振り込みが行われる
送金後
  • 振込人名義は自身の名前の後に「-ST」という文字が記載される
  • 後日カード会社から、送金用電子マネーと送金手数料が請求される(クレカ利用と同じイメージ)
  • 利用明細には「ちょコム送金」または「チョコムソウキン」と記載される
主な使用例
  • 家賃の支払い
  • 家族への仕送り
  • 商品代金の支払い
  • 塾代の支払い・・・等

ちょコム送金のメリット

ポイントが貯まる

ちょコム送金では、「電子マネーをクレジットカードで購入する」というひと手間が必要です。

しかしその手間を挟むことで、クレジットカード利用時と同様にクレカポイントを貯められます

とにかく楽チン

ちょコム送金はネットから簡単に手続きでき、銀行やATMに行く手間が省けます。

また、クレジットカード情報や振込先銀行口座の登録もできるので、一度登録してしまえばスムーズな振り込みが可能になります。

振込人名義がわかりやすい

塾代などの子供名義で振り込みが必要な時にも、ちょコム送金なら「自身の名前+子供の名前」で振り込みが可能です。

ネットショッピングにも便利

ネットショッピングの支払いでは、振込人名義に「注文番号」を入れることもできます。

注意点も忘れずに・・・

そんな便利に使えるちょコム送金ですが、注意点もいくつかあります。

  • 利用できるのはVISAかMasterCardのみ
  • 利用上限額は月間30万円まで
  • 送金手数料が必要

送金手数料に関しては、下記の通りです。

支払金額 手数料(小数点以下切り捨て)
1円~999円 支払金額の5.40%+248円
1,000円~2,999円 支払金額の5.40%+198円
3,000円~4,999円 支払金額の5.40%+148円
5,000円~7,999円 支払金額の5.40%+98円
8,000円~9,999円 支払金額の5.40%+48円
10,000円~29,999円 支払金額の4.86%
30,000円~99,999円 支払金額の4.64%
100,000円~199,999円 支払金額の4.32%
200,000円~300,000円 支払金額の4.10%

10万円送金すると、5,000円近い手数料がかかりますね・・・。

方法2:クレカのキャッシングを利用する!

クレジットカードから振り込みを行う2つ目の方法は、「クレジットカードのキャッシング機能を利用する」ことです。

一般的なクレジットカードであればキャッシング枠が付帯しているので、いざという時にもATMから現金を引き出せます。

この機能を利用して現金を引き出し、振り込みに利用できます。

しかしこの方法は手数料が発生してしまう上、クレカのポイントがつかないことがほとんどです。

まれに、キャンペーンや条件付きでポイントがもらえることもありますが、「キャッシングリボ利用で100ポイントプレゼント」など、手数料と比較してもお得とは言えません。

ちょコム送金とキャッシングの比較

では、「ちょコム送金とキャッシングはどちらがお得なのか?」

手数料という観点から比較してみます。

例:クレジットカードで10,000円の振り込みを行い、1ヶ月後に返済するとします(キャッシング手数料は一般的と言われている年率18.0%で計算)。

  • ちょコム→10,473円
  • キャッシング→10,150円

以外にも、ちょコム送金のほうが高いという結果になりました。

「ポイント目的で、家賃を毎月ちょコムから振り込むぞ!」という考えはあまりおすすめできません。

この例では、ポイントよりも手数料のほうが高くなってしまいます。

あくまでも「どうしても銀行振込が必要になった場合に・・・」くらいがちょうどいいと思います。

1ヶ月程度の想定なら、キャッシングのほうが合理的なのかもしれません。

ちょコム送金とキャッシングはこんな人向け

ちょコム送金とキャッシングは、それぞれどんな人に向いているのかまとめてみました。

  • ちょコム:クレジットカード引落日には支払えるけど、今は手元にお金がない。しかしすぐに振込みたい。
  • キャッシング:一時的にお金がないけど、急に振り込みが必要になった。引落日より前に返済できる

キャッシングは手元にお金があればATMからいつでも返済できるので、引落日まで待つ必要はありません。

そのため、すぐに返済できる場合は日割りの手数料を抑えられます

そういう点では短期ならキャッシングのほうがお得ですね。

今回は、クレジットカードを使った2つの振込方法を紹介しました。

どちらも手数料が必要になってしまうため、「どうしても!」という時の選択肢にしてくださいね。

もっと読む

クレジットカードの引落日より前に繰り上げ返済は可能なのか?その実態について調べてみました。利用可能枠を回復させたい方におすすめの記事です。

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket