QUICPay+対応

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:澤田貴司、以下 ファミリーマ ート)と株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川一郎、以下 JCB)は、ポストペイ(後払い)型電子マネー「QUICPay+」の取扱いを、2016年12月20日(火)から 全国のファミリーマート・サークル K・サンクス店舗約 18,000店で開始いたします。

後払い式電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」の機能をさらに拡張した、「QUICPay+(クイックペイプラス)」。

そんなQUICPay+が、全国のファミリーマート、サークルK・サンクスで使えるようになりました。早速詳細を見ていきましょう!

ファミマ、サークルK・サンクスがQUICPay+に対応!

クイックペイプラス

ファミリーマート、サークスK、サンクスでは、従来の「QUICPay」での お支払いに対応しておりますが、このたび、「QUICPay+」でのお支払いにも対応し、さらに快適で便利 なお買い物をお楽しみいただけるようになります。

2016年12月20日より、全国のファミリーマート、サークルK・サンクスは、モバイル電子マネー「QUICPay+」の決済に対応しました。

QUICPay+はファミマやサンクスに限らず、下記のお店でも決済端末にモバイル(スマートフォン、携帯電話)などをかざすだけで、支払いが完了します

  • QUICPayマークのあるお店
  • QUICPay+マークのあるお店

QUICPayは1回のお買い物につき2万円までしか利用できないのに対し、QUICPay+なら2万円以上の利用も可能。ただし、2万円以上の利用は「QUICPay+」対応加盟店のみとなります。

お財布からお金を取り出す手間や、おつりを受け取る行程まで全て省けるため、とっても便利です。

「QUICPay+(クイックペイプラス)」とは?

クイックペイプラス

QUICPay+とは前述の通り、後払い式電子マネー「QUICPay」の機能をさらに拡張した決済サービス。

利用分は後から請求されるため、どちらも決済用のカードと紐づけが必須です。QUICPay+の特長を一つずつ説明していきますね。

かざすだけで支払いができる

QUICPay+

QUICPay+を登録したスマートフォン等をかざすだけで、支払いが完了します。

※モバイル端末上で本人認証をする場合があります。

ポイントやマイルが貯まる

QUICPay+

コンビニやスーパーなど、少額の利用でもしっかりポイントが貯まってお得。

ただしポイントの付与率は、QUICPay+の支払いに指定したカードのサービスに準じます。

還元率が高いカードに紐づけた方がお得ですね!

高額のお買い物もOK

QUICPay+

QUICPay+なら、2万円以上の利用も可能。

よりお買い物の幅が広がりそうです。

デビットカード・プリペイドカードも紐づけられる

QUICPay+

QUICPayはクレジットカードしか紐づけられないのに対し、QUICPay+ならクレジットカードの他にデビットカード、プリペイドカードもOK

「クレジットカードだと使いすぎちゃいそう・・・」という方も、安心して利用できます。

「QUICPay」と「QUICPay+」を比較!

やはり、「+(プラス)」というだけあって、機能が充実しています。QUICPayとの違いを簡単に比較してみました。

  QUICPay+ QUICPay
ロゴマーク クイックペイプラス クイックペイ
種類 モバイル カード、モバイル、その他キーホルダー等
紐付け可能なカード クレジット、デビット、プリペイドカード クレジットカード
利用限度額(1回あたり) 支払いに指定されているカードの限度額・残高内で、2万円を超える高額利用が可能 2万円まで

※デビットカード、プリペイドカードとの紐づけについては現在準備中(2016年12月20日現在)。

ファミマ、サンクスがQUICPay+対応まとめ

QUICPay+自体は、まだ開始したばかりの新サービス。今後どのように機能が磨かれていくのか楽しみです。

QUICPay+はモバイルでしか使えないので、カードタイプを希望する方はQUICPay一体型のクレジットカードを検討してみるのもおすすめ(JCB一般カードなど)。

とは言え、「デビットカードやプリペイドカードとの紐づけが可能」というメリットは大きいと思うので、どのカードを紐づけるかもじっくり考慮してみてくださいね。

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket