マルチ電子マネーチャージ機

セガ・インタラクティブ(本社:東京都大田区 代表取締役社長CEO:杉野行雄)は、株式会社PFUが開発を手掛けるマルチ電子マネーチャージ機(以下、本チャージ機)を採用し、全国のアミューズメント施設に向けて販売していくことを決定しました。

1台で12種類の電子マネーにチャージできる「マルチ電子マネーチャージ機」を、ゲームメーカー大手のセガが開発しました。

今後、全国のアミューズメント施設に向けて販売する予定とのことです。

ゲームセンター等で、多様な電子マネーが使えるようになる日が近づいています。

「マルチ電子マネーチャージ機」が登場!

前述の通り、セガが「マルチ電子マネーチャージ機」を開発し、全国のアミューズメント施設に販売を予定しています。

対応予定の電子マネー
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON

マルチ電子マネーチャージ機は、2017年夏頃より全国のアミューズメント施設へ展開できる予定とのこと。

また、2月10日より開催されるJAPAN AMUSEMENT EXPO 2017にて、セガ・インタラクティブブースでの出展も予定しています。

1台で12種類の電子マネーを取り扱うチャージ端末は業界初の試みとなるため、夏頃の本格導入が楽しみです。

セガはマルチ決済端末も開発中

セガはコナミと提携して、複数の決済サービスを取り扱うマルチ決済端末も2016年10月より開発中です

こちらは、かざすだけで決済が完了する端末となります(下記画像は端末のイメージ)。

マルチ決済端末

現金でしか対応できなかった頃と比較して、格段に利便性がUPします。

両替の手間や小銭を管理する煩わしさは、もう必要ありません。

対応の電子マネーは、前述の12種類に加えて下記の3つが対応予定です。

  • iD
  • QUICPay
  • PASELI

PASELIとは?

ちなみに上記リストにある「PASELI(パセリ)」は、コナミが提供しているアミューズメント施設専用の電子マネーです。

パセリマーク

アミューズメント施設内で、上図マークのあるゲーム機にて利用できます。

もっと簡単に電子マネーを利用するには?

マルチ電子マネー決済端末を利用しなくても、電子マネー対応のクレジットカードがあれば簡単に電子マネー決済が可能です。

またクレジットカードの中には、電子マネーとカードが一体化しているものもあるため、1枚で「クレジットカード+電子マネー」の2役を担ってくれます。

電子マネーが一体となった代表的なクレジットカード

このようなカードを利用すれば、電子マネーにクレジットカードからチャージを行えます。

オンラインからその都度チャージしたり、カードによってはオートチャージ(残高が一定額を下回った際に自動でチャージ)をすることも可能です。

チャージの手間を省きたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

マルチ電子マネーチャージ機まとめ

セガ・コナミ・タイトーなど、大手のアミューズメント施設が続々と電子マネーを導入し始めている現在。

電子マネーを導入することで、お店側も小銭を管理する負担が減り、ユーザーも両替の手間が不要になります。

双方にとってメリットがあるため、今後はアミューズメント施設では電子マネーの利用が一般的になっていくのかもしれません。

2017年夏頃の、マルチ電子マネーチャージ機導入を楽しみに待ちたいと思います。

もっと読む

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket