リクルートカードMasterCardブランド

2017年1月23日から、Mastercard(R)ブランドのリクルートカードのお申込みを開始いたしました。また、リクルートカード(Mastercard(R))はApple Pay対応いたします。

この度リクルートカードから、MasterCardブランドの発行がスタートしました(2017年1月23日~)。

Apple Payにも対応し、Suicaへのクレジットチャージも可能とのことです。

早速詳細を見ていきましょう。

リクルートカードからMasterCardが登場!

リクルートカード

これまで国際ブランドはVISAとJCBのみだった「リクルートカード」に、MasterCardブランドが追加となり、3大国際ブランド全てが揃いました。

カードの券面に刻印された「MasterCard」のロゴも、従来のものから20年ぶりに変更された新デザインへと切り替わっています。

MasterCardロゴ

MasterCardはVISAに次いで加盟店数が多いブランドなので、世界でカードを使いたい方におすすめです。

リクルートカードは、どの国際ブランドを選ぶかによって利用できる電子マネーが異なります

  • VISA・MasterCard:nanaco / 楽天Edy / モバイルSuica / SMART ICOCA
  • JCB:nanaco / モバイルSuica

より多くの電子マネーを利用したい方は、VISAかMasterCardを選ぶと良いでしょう。

いち早くApple Payに対応

Apple payロゴ

リクルートカード(MasterCard)はVISA・JCBブランドにならって、早速Apple Payへの対応を開始

iPhone 7、iPhone 7Plus を利用している方は、スマホにリクルートカードを格納できます。

リクルートカードは「QUICPay(クイックペイ)」の割り当てとなるため、お店でApple Payを利用する際は「QUICPayで支払います」と伝えてくださいね。

Apple Pay利用分のクレジットポイントに関しては、通常利用と同様に1.2%の還元率にてリクルートポイントが貯まります。

Suicaへのクレジットチャージにも対応

モバイルSuicaアイコン

リクルートカード(MasterCard)は、VISA・JCBブランドと同様にモバイルSuicaにも対応を開始しました。

オンラインでSuicaへのクレジットチャージができるので、現金チャージよりも手間がかかりません。

チャージしたSuicaを利用すれば、スマホをかざすだけで乗車やお買い物ができます。

もちろん、Suicaへのクレジットチャージもリクルートポイント付与の対象。

こちらもApple Payの利用と同じく、還元率1.2%のリクルートポイントが貯まります。

「リクルートカード」とは?

リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは、リクルートグループが運営する主要サービスをお得に使えるクレジットカードです

主なリクルートグループのサービス
  • じゃらんnet
  • ホットペッパーグルメ
  • Hot Pepper Beauty
  • ポンパレモール
  • ポンパレ

最大還元率4.2%を誇り、ポイント重視派の方から人気があります。

名称 リクルートカード
券面 リクルートカード
年会費 無料
国際ブランド VISA / MasterCard / JCB
基本還元率 1.2%
最大還元率 4.2%
ポイント リクルートポイント
ポイント有効期限 最終獲得より1年間
特徴 リクルートグループサービスの利用がお得
電子マネー VISA・MasterCard:nanaco / 楽天Edy / モバイルSuica / SMART ICOCA
JCB:nanaco / モバイルSuica
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円 / 国内:最高1,000万円
ショッピング保険 最高200万円

リクルートのサービスを頻繁に利用する方は、検討してみてくださいね。

リクルートカードMasterCardブランドまとめ

「年会費無料・高還元率・手厚い補償」という、メリットの多いリクルートカード。

そんなリクルートカードに、MasterCardブランドが加わったというニュースでした。

リクルートカード(MasterCardブランド)の発行を心待ちにしていた方は、ぜひ申込みを検討してみてくださいね。

もっと読む

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket