支払い

「支払いを複数回に分けて行う」という点において、分割払いとリボ払いは非常に良く似ています。

そのため、違いがはっきりと分かっていないまま、「何となく」で使っている人も多いです・・・。

それでは一体、この2つの支払い方法にはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、分割払いとリボ払いの違いについて解説します。

分割払いとは?

支払い

分割払いとは、その名の通り「支払いを複数回に分ける決済方法」です。

一般的に2回払いなら手数料無料、3回払いからは支払い額に応じた手数料が発生します。

手数料は購入した金額に対してかかるため、例えば30,000円の商品を3回払いで購入する際は、「30,000円+分割手数料」を3分割して支払います。

この場合の支払いイメージは下記の通りです。

  • 1ヵ月目:10,000円+手数料
  • 2ヵ月目:10,000円+手数料
  • 3ヵ月目:10,000円+手数料【完済】

分割の可能回数や手数料はカード会社によって異なるため、利用する前に確認しておきましょう。

分割払いのメリット

分割払いのメリットは、自分で支払いの回数を決められることです。

完済までの期間をコントロールできるため、自分の都合に合わせられます。

また一括払いと比べて、一回の負担を少なくできることもメリットとなります。

負担を数回に分散させることで、無理のない支払いが可能です。

分割払いのデメリット

対して分割払いのデメリットは、やはり手数料が必要なことです。

分割払いの手数料は、多くのカード会社が12.00~15.00%程度に設定しており、支払い回数によって利率が変わります。

そのため、支払回数を多く設定するほど手数料も高額に・・・。

一括払いと比較すると負担も大きくなってしまいます。

しかし2回払いに対応しているクレジットカードなら、そのほとんどが手数料無料で使えるため、2回払いを有効活用することで負担なく利用できます。

リボ払いとは?

支払い

リボ払いとは、購入金額に関わらず「毎月決められた額」を支払う方法です。

支払いのタイミングや金額は下記の通りとなります。

例:30,000円の商品をリボ払いで購入し、毎月の支払い額が5,000円の場合
  • 1ヵ月目:5,000円+手数料
  • 2ヵ月目:5,000円+手数料
  • 3ヵ月目:5,000円+手数料
  • ・・・

という支払いが、完済するまで続きます・・・。

リボ払いの手数料計算は分割払いとは異なり、未払い残額に対して行われるため、購入した商品が高額なほど手数料も上がる仕組みです。

ちなみに毎月の支払い額は、カード会社が定めた最小額以上であれば自分で自由に設定できます

そのため「今月は多めに支払えそうだ・・・」という時はリボ設定額を引き上げて、少しでも負担を減らしておくのが良いでしょう。

リボ払いのメリット

リボ払いのメリットとして挙げられるのは、支払いの柔軟性です。

例えば、「○○円のお買い物で、一括払いはきついけど月○円ずつなら平気!」という時はリボ払いが活躍します。

早く完済したいと思ったら、追加で入金することも可能。

リボ払いは分割払いよりも融通が利くため、自分の都合に合わせた支払いができます。

リボ払いのデメリット

リボ払いのデメリットは、分割払いと同様に手数料が必要なことです。

しかしリボ払いの場合は、「まだ支払っていない金額」に対して手数料がかかるため、毎月の支払設定額を低くしているといつまで経っても支払いが終わらない可能性があります。

そうなると膨れ上がった手数料のせいで、「いつになったら支払いが終わるの・・・」なんてことにもなりかねません。

これがいわゆる、「リボ払い地獄」と呼ばれる状態です(汗)。

完済に数年かかってしまうケースも珍しくないため、利用の際はしっかりと計画を立てなければなりません。

分割払いとリボ払いの比較

クレジットカード

ここまで解説したところで、分割払いとリボ払いの違いを簡単にまとめてみました。

  分割払い リボ払い
毎月の支払額 利用額によって変動 固定(自分で設定)
支払い回数 固定(自分で設定) 利用額によって変動
手数料 購入金額に対して発生 未払金額に対して発生

「手数料が必要&複数回に分けて支払う」という点においてはどちらも同じですが、両者の仕組みは全く異なることが分かっていただけたのではないでしょうか?

  • 分割払い:利用金額が大きくなるほど、1回の支払額も大きくなる
  • リボ払い:支払額は固定されるが、利用金額が大きいほど支払いの期間が長くなる

並べて比較してみると分かりやすいですね。

分割払いとリボ払いの違いまとめ

分割払いとリボ払いは、一見同じイメージを持ってしまいやすい支払い方法です。

しかし実際には異なる点も多く、しっかり理解していないと自身の生活を脅かすことにもなりかねません。

もしも使う機会が出てきた場合には、メリットやデメリットを把握しつつ計画的に利用してくださいね。

もっと読む

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket