税

クレジットカード納付とは、インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続です。クレジットカード納付は、平成29年1月4日8時30分からサービスを開始することとしており、同日10時00分に当ページから専用のWebサイトにアクセスを可能とする更新を行う予定です。

2017年1月4日より、国税の支払いにクレジットカードが使えるようになりました。クレジットカード納付が可能となる税目は、実に30種類

詳細をまとめたので、早速見ていきましょう。

国税のクレジットカード納付が可能に!

国税クレジットカードお支払サイト

国税庁は、国税のクレジットカード払いに対応することを発表しました

2017年1月4日8時30分より、「国税クレジットカードお支払サイト」にて納付受け付けを開始しました。

ただし、クレジットカード納付は決済手数料がかかるので注意が必要です。

  • 最初の1万円まで:76円(消費税別)
  • 以後1万円を超えるごとに:76円(消費税別)

※この手数料は国の収入になるものではありません。

クレジットカード納付可能な税目は?

対象となる税目は、下記の通り。

  • 申告所得税及び復興特別所得税
  • 消費税及び地方消費税
  • 法人税(連結納税を含む)
  • 地方法人税(連結納税を含む)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
  • 源泉所得税(告知分のみ )
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税(連結納税を含む)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ税及びたばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及び地方道路税
  • 揮発油税及び地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分のみ)
  • 自動車重量税(告知分のみ)
  • 印紙税
  • 附帯税(加算税、延滞税等)

※「源泉所得税及び復興特別所得税(告知分以外)」と「源泉所得税(告知分以外)」の2つは、2017年6月開始予定

実に30種類もの税目がクレジットカード払いに対応するので、手元にお金がない時も納付可能です。

使えるクレジットカードは?

国税クレジットカード払い

国税の納付に使用できるカードは次の国際ブランドもの。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ

これに加えて、TS CUBIC CARDも対象です。

日本で発行されているほぼ全てのクレジットカードが使えると思って間違いないでしょう。

納付の際はクレジットカードの他に、納付する税目や金額等がわかるもの(例:国税の申告書や税務署から送付される通知書)を用意のうえ、手続きを行ってくださいね。

クレジットカードで国税を支払う手順

国税支払いの流れ

国税納付のステップを順に説明していきます。

1. 利用規約の確認

「国税クレジットカードお支払サイト」にて、注意事項等を確認して納付手続きを行います。

2. クレジットカード納付を行う税金情報を入力

税金の種類(税目)や課税期間、申告区分などを入力し、納付する税額を入力します。

3. 利用するクレジットカードの情報を入力

利用するクレジットカード番号や、納付手続完了メールの送信先アドレスなどを入力します。

4. 入力内容の確認

納付手続きを行った後は、手続きの取り消しはできません。

そのため、入力内容を確実に確認する必要があります。

5. 納付手続の確定

「納付」ボタンを押すと、納付手続が確定します。

※納付手続の完了後、その納付手続により納付済となった国税については、納税の猶予などを受けることはできません。

6. 手続の完了

納付手続きの完了ページが表示されるので、表示画面を印刷するなどして保存しておくと良いでしょう。

7. クレジットカードの決済

納付後のカード利用額は、カード会社の会員規約に基づき、後日請求が来ます。

国税クレジットカード払いのQ&A

国税クレジットカード払いについて、公式より発表されているQ&Aをまとめました。

夜間休日も利用できる?

原則として、クレジットカード納付は24時間365日いつでも利用可能です。

領収証書は発行される?

クレジットカード払いの場合、領収証書は発行されません。

金融機関やコンビニ、税務署の窓口でもカード払いはできる?

金融機関、コンビニ、税務署の窓口ではクレジットカードによる国税の納付はできません。

「国税クレジットカードお支払サイト」を通した場合のみ、カード払いが可能です。

所得税や消費税など複数の税目をまとめて納付手続できる?

所得税や消費税などの複数の税目を、まとめて納付手続することはできません。

税目ごとに納付手続をする必要があります。

家族などの国税もクレジットカードで納付できる?

家族の国税も納付可能です。

ただし、クレジットカード納付は、カード名義人が行う必要があります。

クレジットカードの支払い回数は選べる?

支払は、一括払い・分割払い(3回、5回、6回、10回、12回)またはリボ払いの中から選択可能です。

クレジットカード利用代金の引落しはいつ?

クレジットカード利用代金の支払いは、カード会社によって異なるので確認してみてください。

国税クレジットカード払いまとめ

30種類もの国税が、クレジットカードで支払えるようになるというビッグニュース。

オンライン上でいつでも簡単に手続きができるのも便利です。

手数料がかかること考慮した上で、今後は支払い方法の一つとして検討してみてくださいね。

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket