travel

私は先日、海外へ行く機会があったのですが、クレジットカードに海外旅行保険が付帯していることもあり、空港等で旅行保険に別途加入せずに出国しました。

しかし現地で体調を崩し、一日寝込むというまさかの事態に・・・。

体調はすぐに良くなったのですが、年に1回の旅行が台無しになってしまいました(泣)。

ただその時、ベッドの中で「クレカの旅行保険と別途加入する旅行保険では、どんな違いがあるんだろう?」「年1回しか海外に行かない場合はどっちがお得なんだろう?」という疑問を抱きました。

そこで今回は、帰国後に私が調べたことと、クレカ付帯の海外旅行保険と別途加入する旅行保険では、どちらがお得になるのかについてお話いたしと思います。

海外旅行保険とは?

hospital

「そもそも海外旅行保険って何?」と思っている方も、きっといらっしゃいますよね。

そんな方のために、まずは海外旅行傷害保険について簡単に説明します。

海外旅行保険とは、旅行中での病気やケガの医療費の補償、または盗難の被害金を補償してくれる保険です

海外では慣れない環境や食事で体調をくずしたり、事故に巻き込まれてケガをしたりなど、様々なトラブルが想定されます。

そんな時に頼りたいのはもちろん病院ですが、海外の病院では日本の健康保険が使えないことで、医療費や入院費はかなりの高額になってしまいます。

このような事態に備えるのが「海外旅行傷害保険」です。

金銭的な補償はもちろん、トラブル処理や現地での日本語サポートなどの手厚いサービスも受けられるため、いざと言う時の強い味方になります。

海外の病院における医療費の目安

medical

海外で病院に行った場合、実際にはどの程度の医療費がかかるのでしょうか?

ここでは、ジェイアイ傷害火災の資料を参考に見ていきましょう。

 地域 日本 ホノルル グアム ソウル ローマ
救急車 無料 82,000円~ 20,300円 無料 無料
初診料 2,820円 15,400円~ 10,900円 5,100円 25,200円~
1日の部屋代(個室) 30,000円~ 330,000円 51,200円~ - 69,900円~
1日の部屋代(ICU) 80,000円~ 880,000円 150,600円 - 419,700円
盲腸の手術費用 600,000円 3,000,000円 656,900円 517,600円 -
骨折時の治療費 20,000円 50,000円 86,000円 28,200円 -

日本では当たり前のように無料で呼べる救急車が、海外においては高額な請求になるのが分かりますね。

骨折や盲腸は突然起こりやすい事故や病気ですが、海外旅行保険に加入していれば万が一の時にも安心を手にできます。

海外旅行保険に加入する方法と保険料

insurance

海外旅行保険へ加入するには、2つの方法があります。

  • 旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを活用する
  • 空港等で別途加入が必要な旅行保険に申し込む

別途加入が必要な旅行保険は、オンラインや空港に設置された窓口で申し込めます。

一方クレジットカードでは、保険が適用になる場合とならない場合の条件があります。

それは保険の付帯条件が、自動付帯なのか?利用付帯なのか?によるものです。

自動付帯とは、旅費等をクレジットカードで支払わなくても、自動で保険が適用される保険となります。

しかし利用付帯は、旅行代金や空港までの交通費等をクレジットカードで支払った場合にしか保険が適用されないため注意が必要です。

自分の持っているカードが、利用付帯なのか?自動付帯なのか?を事前に確認しておきましょう。

保険料の比較

それでは具体的に、クレカの旅行保険と別途加入する保険とでは、どのような違いがあるのかでしょうか?

ここでは保険料について比較してみましょう。

クレカの旅行保険は前述のとおり、付帯条件をクリアすれば適用されるため追加の保険料はかかりません

しかし別途加入する旅行保険については、渡航先と日数に応じて保険料が必要になります。

別途加入する保険の料金目安
  • ハワイ(7日間):3,000円~6,000円
  • グアム(4日間):1,500円~4,000円
  • 韓国(5日間):1,500円~5,000円
  • イタリア(10日間):3,500円~7,500円

クレカの旅行保険が年会費以外の料金がかからないのに対して、別途加入する旅行保険は日数や渡航先によって料金が必要です

2つの海外旅行保険のメリットとデメリット

scales

クレジットカードに付帯する旅行保険のメリット&デメリット

クレジットカードに付帯する旅行保険のメリットは、何といっても保険料がかからないことです。

年会費無料のカードの場合には、無料で海外旅行保険に加入している状態とも言えるでしょう。

また年会費が必要な場合にも、別途加入する旅行保険の保険料を下回る年会費のカードであれば、年に1回海外へ行くことで元が取れます

保険の対象期間が、60日間もしくは90日間と長めに設定されているのもメリットです。

長期の海外旅行や留学にも適していますね。

しかしこの保険は、対象範囲の狭さがデメリットと言えます。

持病が悪化して治療を受けた場合には、基本的に保険は適用されません

持病を患っている時は安静にしていることが一番ですが、どうしても海外に行かなければいけない時もあると思います。

そんな時には、別途加入する旅行保険に申し込んだほうが良いでしょう。

一般の旅行保険のメリット&デメリット

別途加入する旅行保険のメリットは、保険対象範囲の広さです。

持病が悪化し、応急処置を受けた場合にも保険が適用されます

保険によって異なりますが、緊急の歯科治療や弁護士費用を補償してくれるものもあります。

しかしこちらの旅行保険は、保険料の高さがデメリットです。

出国日から旅行日数を指定し、指定した日数に対しての保険料が必要になります。

滞在日数が伸びた場合にも、別途費用が必要になるため注意が必要です。

年に1回しか海外へ行かない場合の賢い海外旅行保険の選び方

beach

本題に戻りますが、年に1回しか海外へ行かない方にとって、クレカの旅行保険と別途加入する保険はどちらのほうがお得になるのでしょうか?

これは保険の内容や対象の範囲に違いがあるため一概には言えませんが、保険料だけで考えた場合にはクレカの旅行保険に軍配が上がります

それは、別途加入する旅行保険の保険料を下回る年会費のクレジットカードであれば、他の費用を必要とせずに旅行保険が適用になるからです。

年会費無料のクレジットカードや低年会費のものでも、充実した海外旅行保険が付帯しているカードはいくつかあります。

それらのカードが自動付帯保険であれば、尚更お得ですね。

少し前置きが長くなってしまいましたが、最後に年会費無料&低年会費で持てる海外旅行保険付きクレジットカードを紹介します。

年会費無料&低年会費の海外旅行傷害保険付きクレジットカード

せっかくなのでここでは、年会費無料かつ低年会費で持てる保険付きクレジットカードを利用付帯と自動付帯に分けて紹介しますね。

利用付帯で保険が適用されるクレジットカード

名称 リクルートカード  JCB一般カード
券面 JCB一般カード
年会費  無料 1,250円+税(初年度無料)
国際ブランド MasterCard JCB
傷害治療費用  100万円 100万円
疾病治療費用  100万円 100万円
傷害死亡・後遺障害  最高2,000万円 最高3,000万円
 賠償責任  2,000万円 2,000万円
携行品損害  20万円 20万円

上記のカードはどちらのも利用付帯となるため、旅行代金や空港までの交通費をクレカで支払った場合に保険が適用されます。

リクルートカードは年会費無料で所持できるため、海外旅費の決済&旅行傷害保険のためだけに持っていても損はありません

それに対してJCB一般カードは日本発行の国際ブランドということもあり、海外でも日本語の手厚いサービスを受けられます。

初めて海外へ行く方にもおすすめの1枚です。

自動付帯で保険が適用されるクレジットカード

名称 REX CARD Lite セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
券面 REX CARD Lite セゾンブルー
年会費 無料 3,000円+税(26歳未満の方は無料)
国際ブランド VISA AMEX
傷害治療費用 200万円 300万円
疾病治療費用 200万円 300万円
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高3,000万円
 賠償責任 2,000万円 3,000万円
携行品損害 20万円 30万円

こちらの2つのカードは、旅行代金をカードで決済しなくても自動で保険が適用されます。

REX CARD Liteは年会費無料で持てるため、使わずにお財布に忍ばせておくだけで旅行保険を手にできる優れものです

またセゾンブルーは、今回紹介したカードの中でも補償額がひときわ大きいのが特徴です。

より安心して海外旅行を楽しめます。

年1回海外に出掛ける方の旅行傷害保険の選び方まとめ

クレカの旅行保険と別途加入する保険には補償内容や期間、保険料に違いがあります。

しかしその違いは「旅行頻度や目的によって適切に選ぶべきもの」だと、今回のことをきっかけに知りました。

私も今後は自分の海外旅行の頻度や目的を踏まえたうえで、一番安心できる旅行傷害保険を選ぼうと思います。

きっと更に旅行が楽しくなるはずですね。

もっと読む

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket