愛宕神社

江戸幕府を開いた徳川家康ゆかりの愛宕神社(東京都港区)が今年1月4日限定で、電子マネーで初詣のさい銭を受け入れました。

ついに、お賽銭も電子マネーの時代がやって来ました。

愛宕神社では、2014年から試験的に電子マネーの読み取り機を設置してきましたが、小銭を持たない人が増えたことと盗難防止のため、2017年から正式採用が決まりました。

では実際にどんなサービスなのか見ていきましょう。

愛宕神社とは?

愛宕神社

愛宕神社は1603年(慶長8年)江戸幕府を開いた徳川家康公の命により防火の神様として、祀られた神社です。

標高26メートルの愛宕山の山頂にあり、天然の山としては東京23区内で一番の高さ

愛宕神社に上がる急な石段は、出世につながる「出世の石段」と呼ばれ、現在も多くの経営者が信仰しています。

また、オフィス街の中心にぽつりと残ったオアシス的な存在として、人々の安らぎの場となっています。

愛宕神社で電子マネー決済するには

楽天Edy

愛宕神社で電子マネー「楽天Edy」を利用し、お賽銭ができるのは、2017年1月4日午前8時から日没頃までです。

端末は本殿前に常設されているお賽銭箱の横に設置されました。

お賽銭は好きな金額を1円単位で端末に入力でき、自身のカードや携帯をかざすと決済が完了します

楽天Edy以外の電子マネーは使えないので注意しましょう。

お賽銭だけでなく、お守りやおみくじも決済できちゃいますよ。

電子マネーを導入すると防犯対策にもつながる

防犯

残念なことに日本各地の神社などで、お賽銭泥棒の被害が相次いでいます。

中にはお賽銭箱や鍵を壊してしまう事件も発生しており、深刻な問題になっています。

被害防止のために、防犯カメラや注意音声を鳴らすセンサーを設置するなどの対策がなされていますが、そんな場合にも電子マネーの導入は心強い対策の一つになるはずです。

日本初の試みとして期待しています。

「電子マネーで参拝」今後の予想

電子マネーを導入すると、神社にはどのような利点があるのでしょうか。

まずは前述の盗難防止になること。これは安心にもつながりますね。

他には、お賽銭で集まった小銭を銀行に入金する際の手間や費用の削減になること。

この様なことから神社としても利便性が向上します。

愛宕神社は、いずれは電子マネー端末の常設を考えているようです。

時代の流れに沿って、今後は電子マネーを導入する神社が増えていくかもしれませんね。

楽天Edyが使えるクレジットカード

電子マネー「楽天Edy」で支払いをするには、現金をチャージする「Edyカード」か楽天Edyが使えるクレジットカードが必要です

どちらも多くの加盟店で使え、ポイントが貯まります。

ここでは楽天Edyが使えるクレジットカードを紹介していきますね。

楽天カード

楽天カード

楽天カードは8年連続顧客満足度ナンバー1のクレジットカードです。

  • 年会費 / 無料
  • 国際ブランド / VISA・Master・JCB
  • 還元率 / 1.0%~
  • 特徴 / 「楽天市場」利用でポイント3倍 各種サービス利用でポイント7倍
  • 旅行傷害保険 / 最高2,000万円
  • ショッピング保険 / 最高30万円(年間5回まで)

楽天スーパーポイントを貯めたい方におすすめです。

エポスカード

エポスカード

エポスカードはマルイをはじめ、多くの加盟店で割引やサービスを受けられるクレジットカードです。

  • 年会費 / 無料
  • 国際ブランド / VISA
  • 還元率 / 1.0%~
  • 特徴 / 会員限定サイト「たまるマーケット」利用でポイント最大30倍
  • 旅行傷害保険 / 最高500万円
  • ショッピング保険 / なし

普段マルイを利用している方はチェックしてみてくださいね。

愛宕神社の楽天Edy対応まとめ

電子マネーでお賽銭をすることは、まだまだ馴染みのない決済方法です。

参拝に並んでいる時に「小銭がない!」なんてことも無くなる日がくるかもしれません。

電子マネーで参拝を済ませてしまうことには、賛否両論の意見が飛び交っていますが、お賽銭をする人の気持ちが最も大切なのではないでしょうか。

もっと読む

  • はてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • Pocket