はやかけん

九州エリアの交通系ICカード「はやかけん」は、特に福岡市地下鉄に強いです。

同じく九州エリアの交通系ICカードである「SUGOCA」や「nimoca」が使えるエリアでも利用可能。

1枚で乗車もお買い物もスピーディーにできちゃうので、持っているとお得です。

はやかけんのメリット

日本全国で使える

はやかけんエリアはもちろん、「SUGOCA」や「nimoca」、全国の交通系ICカード利用可能エリアと相互利用ができます。

そのため、九州以外でもはやかけんが活躍!

お買い物もできる

切符代わりだけではなく、電子マネーとしても利用可能

もちろん相互利用サービスの対象エリアでも使えるので、下記のマークがあるお店や自動販売機などでお買い物ができちゃいます。

相互利用

定期券が搭載できる

はやかけん定期券

JR九州・西鉄~地下鉄の連絡(乗り継ぎ)定期券が搭載できます。

ポイントが貯まる

はやかけんポイント

地下鉄乗車時に「はやかけんポイント」が付きます。

貯まったポイントは1ポイント=1円として、運賃や電子マネーとして利用可能!

再発行ができる

無記名式「はやかけん」以外は、無くしても再発行が可能です。

そのため、安心して利用できますよ。

タッチで乗車できる

定期入れから出さずに、自動改札機にタッチするだけで通過できます。

乗車がスピーディーになるので、忙しい朝などにとっても便利。

はやかけんの価格&種類

はやかけんは、下記の中から希望の購入額を選択できます。※購入額には、500円のデポジットが含まれます。

  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 4,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
はやかけんの種類
無記名式はやかけん 誰でも利用できるカードです。
・個人情報登録は不要。
・紛失時の再発行不可。
・個人情報登録をすると記名式「はやかけん」に変更可能。
・記名式「はやかけん」から無記名式「はやかけん」への変更は不可。
・大人用のみ。
はやかけん
記名式はやかけん 記名人本人のみが利用できるカードです。
・購入時に「名前・性別・生年月日・電話番号」の登録が必要。
・再発行が可能(再発行時は手数料510円と新カードのデポジット500円の計1,010円が必要)。
・定期券を搭載すると「はやかけん」定期券となる。
・小児用、割引用もある。
記名式はやかけん
はやかけん定期券 記名人本人のみが利用できる、定期券機能付きカードです。
・通勤・通学定期券、一般用・学生用ちかパスがある。
・定期券区間以外からの乗車や乗り越しの場合も、チャージしておくと定期券区間外の利用分もタッチだけで自動精算される。
・再発行が可能(再発行時は手数料510円と新カードのデポジット500円の計1,010円が必要)。
・定期券を払いもどしすると、記名式「はやかけん」になる。
はやかけん定期券
ANAはやかけん ANAマイレージクラブ会員のみが利用できるカードです。
・購入時はANAマイレージクラブカードまたはANAカードが必要。
・ANAホームページより、ANAマイルを10,000マイル=10,000円相当の「はやかけん」ポイントに交換可能。(※「はやかけん」ポイントからANAのマイルには交換不可。)
・記名式「はやかけん」や「はやかけん」定期券をANA「はやかけん」に載せ換えることは不可。
・ANA「はやかけん」の購入は、1人1枚。 
ANAはやかけん
ANAはやかけん
 小児はやかけん 小児料金が適用されるカードです。
・本人確認として公的証明書(健康保険証・パスポート等)が必要。
・記名人本人以外は利用不可。
・小児「はやかけん」は1人1枚のみ。
・本人が12歳となる年度の3月31日(ただし、4月1日が誕生日の場合は前日の3月31日)がカード有効期限。
・有効期限の翌日以降は自動改札機等で利用不可なので、大人「はやかけん」に変更してください。
・「はやかけん」マークがある地下鉄駅券売機及び、お客様サービスセンター(定期券うりば)で変更可能。
 子供用はやかけん
割引はやかけん
割引はやかけん
(障がい者本人)
割引料金が適用されるカードです。
「身体障害者手帳」等が必要。
・記名人本人以外は利用不可。
・割引「はやかけん」(障がい者本人)は、1人1枚のみ。 
割引はやかけん
割引はやかけん
(介護者)
割引料金が適用されるカードです。
介護が必要な方の「身体障害者手帳」等が必要。
・介護が必要な障がい者の方を介護する時に利用するカードであり、介護時以外は利用不可。
・氏名欄には「○○サマノカイゴ様」と表示される(○○は、介護が必要な方(障がい者本人)のお名前)。
・毎年8月31日が有効期限。
・有効期限の翌日以降は自動改札機等で利用不可なので、有効期限の更新が必要。
・8月1日から駅窓口及び、お客様サービスセンター(定期券うりば)で更新可能。更新には介護が必要な方の「身体障害者手帳」等が必要。
割引はやかけん
割引はやかけん
(福祉割引証)
割引料金が適用されるカードです。
「福祉割引証」が必要。
・記名人本人以外は利用不可。
・割引「はやかけん」(福祉割引証)は、1人1枚のみ。 
・毎年8月31日が有効期限。
・有効期限の翌日以降は自動改札機等で利用不可なので、有効期限の更新が必要。
・8月1日から駅窓口及び、お客様サービスセンター(定期券うりば)で更新可能。更新には8月1日以降に交付される新しい福祉割引証が必要。
waribikihayakaken

はやかけんポイントについて

はやかけんポイント

はやかけんは1カ月間(毎月1日~末日)の地下鉄乗車料金に応じて、基本ポイントやボーナスポイントが貯まります。

ボーナスポイントの付与率
1か月間の地下鉄乗車料金 ボーナスポイント
1,000円以上3,000円未満 +50ポイント
3,000円以上5,000円未満 +200ポイント
5,000円以上8,000円未満 +350ポイント
8,000円以上10,000円未満 +600ポイント
10,000円以上 +800ポイント

またはやかけんを用いて姪浜駅をまたがってJR筑肥線⇔地下鉄線を利用すると、上記のポイントに加えて1乗車につきさらに10ポイントが付きます。

対象区間はJR筑肥線(下山門~西唐津間各駅)⇔地下鉄線(空港線・箱崎線・七隈線各線)。

はやかけん利用例

貯めたはやかけんポイントの使い方

貯めたはやかけんポイントは、チャージ残額へ交換することで、1ポイント=1円で地下鉄乗車料金や電車マネーとして使えます。

つまり、「ポイントをチャージ残額としてチャージ」というひと手間を挟まなくてはならないので注意してください。

「はやかけん」マークがある駅券売機・精算機、または定期券売り場にて、ポイント交換の手続きが行えます。

はやかけんポイント使い方

はやかけんポイントの注意点

  • 1ヵ月間(毎月1日~末日)の乗車料金額に応じて、翌月10日に基本ポイント及びボーナスポイントが付与される。
  • 1ヵ月間の乗車料金額の100円未満は、切り捨てて計算。
  • ポイントの有効期限はポイントが付与された月から1年後の月末まで。

はやかけんの利用可能エリア

九州エリア

はやかけんは下記の通り、福岡市地下鉄全線で使えます。

  • 空港線
  • 箱崎線
  • 七隈線

また、同じく九州エリアの交通系ICカード「SUGOCA(スゴカ)」と「nimoca(ニモカ)」が使える場所でも利用可能!

SUGOCAとnimocaの利用可能エリア
  • JR九州:SUGOCA
  • 西鉄電車・バス:nimoca

相互利用エリア

はやかけん相互利用

はやかけんは、日本全国の交通系ICカードと提携しているため、上記のICカード利用可能エリアでは、相互利用ができます。

はやかけん1枚あれば、九州以外にも日本全国でお買い物や乗車ができちゃうので、現地で交通系ICカードを買い直す必要はありません。

相互利用サービスの内容は下図を参照してください。

はやかけん相互利用

はやかけんまとめ

乗車やお買い物で便利&お得な「はやかけん」。

時間やお金の節約に繋がるので、福岡に在住の方は1枚持っておくことをおすすめします。

もっと読む

同じく九州エリアの交通系ICカード「SUGOCA」「nimoca」について解説している記事です。併せてご覧ください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket