JR北海道エリアの交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」について解説!

北海道エリアの交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」は、チャージ&タッチで交通機関の利用が便利です。

道民以外はなかなか目にする機会のないカードですが、Suica(スイカ)との相互利用が可能なので、北海道以外でも使い道に困りません。

今回は、そんなKiacaについて解説します。

Kitaca(キタカ)とは?

JR北海道エリアの交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」について解説!

Kitacaはきっぷを買わずにタッチするだけで改札機を通過できるICカードです。電子マネーとしてお買い物にもご利用いただけます。

KitacaはJR北海道旅客鉄道株式会社が運営する交通系ICカード。

交通系ICカードだと有名なものでSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)がありますが、Kitacaはその北海道バージョンだと思えばOKです!

Kitacaの種類

JR北海道エリアの交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」について解説!

Kitacaには、

  • Kitaca定期券
  • 記名Kitaca
  • 無記名Kitaca

の3種類があり、どのカードにも入金(チャージ)できる機能があります。

Kitaca利用可能エリア内の駅「みどりの窓口」で買えますが、無記名Kitacaに限り、Kitaca対応の券売機でも購入可能。

また、クレジットカードと一体化した「JRタワースクエアカード Kitaca」もあります。

Kitaca種類別の違い

下記は、Kitacaのいずれの種類にも共通しています。

  • カード内残額の上限は20,000円
  • 手数料220円で払戻可能

その他のサービスに関しては多少の違いがあるので確認しておきましょう。

  Kitaca定期券 記名Kitaca 無記名Kitaca
発売額 定期代金 +デポジット500円 ※カードを新規に購入する場合 2,000円
(チャージ分1,500円+デポジット500円)
発売箇所 Kitaca利用可能エリア内の駅 「みどりの窓口」で購入可能 (旅行センター等を除く) Kitaca利用可能エリア内の駅 「みどりの窓口」(旅行センター等を除く)。もしくはKitaca対応の券売機
紛失再発行 可能
(手数料510円+デポジット500円で 計1,010円必要)
不可

Kitacaの利用可能エリア ― 北海道エリア

JR北海道エリアの交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」について解説!

Kitacaは主にJR北海道エリアで利用できます。

下記の場合は使えません。

  • エリア外への乗り越し
  • 他社路線からエリア内への乗り入れ

同じ北海道エリアでは、SAPICA(サピカ)が使える場所でもKitacaが使えます。

Kitacaの利用可能エリア ― 全国エリア

ちなみに、Kitacaは北海道以外でも使えます。全国の対象エリアで利用可能。

JR北海道エリアの交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」について解説!

他社エリアでKitacaを利用する際の注意点
  • 各エリア内完結の場合に限り利用可能なので、エリアをまたがっての利用は不可。(首都圏SuicaエリアとPASMOエリア、SUGOCAエリアとはやかけんエリアの一部(相互直通区間)は利用可能)
  • 他社エリアでは、Kitacaを使っても他社(利用する交通会社)のカード扱いとなる。
  • PASMOエリア、manacaエリア、PiTaPaエリアでは、一部利用できない鉄道会社がある。

Kitacaと他社カードは相互利用が可能

上に載せたエリアのカードは、Kitacaエリアでも使えます。つまり対象エリア同士で相互利用OK!

Kitacaエリアで使える他社のカードは下図を参照。

JR北海道エリアの交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」について解説!

※一部を除き、他のデザインのカード・モバイルSuicaも利用可能。

他社カードをKitacaエリアで使う場合、下記のサービスが利用できます。

  1. 改札機の入出場
  2. 自動券売機、入金機での入金(チャージ)
  3. 自動券売機でのきっぷ購入
  4. 乗り越し精算(積算区間がKitacaエリア内完結の場合のみ)
  5. 自動券売機等での履歴表示・印字
  6. 電子マネー加盟店でのお買い物(PiTaPa除く)

他社エリアでできること

他社エリアでKitacaを用いて利用できるサービス
  1. 改札機の入出場
  2. バス車載機等での乗降車
  3. 自動券売機、入金機、のりこし精算機での入金(チャージ)
  4. 自動券売機でのきっぷ購入
  5. 乗り越し精算
  6. 自動券売機等での履歴表示・印字
  7. 電子マネー加盟店でのお買い物

基本的にKitacaエリアで出来ることは他社エリアでも出来ますが、「他社エリアではプラスアルファで利用できるサービスが多い」という感じです(例えばバスの乗降車やのりこし精算機でのチャージなど)。

注意点

  • グリーン車Suicaシステムも利用可能( 首都圏Suicaエリアのみ)
  • 3~7のサービスは、一部取り扱わない事業者がある。
  • 7のサービスはSAPICA加盟店、PiTaPa加盟店では利用不可。
    ※ただし、SAPICA加盟であっても同時にKitaca加盟店である店舗等では、利用可能。
  • 他社では、Kitacaの再発行登録、再発行や払いもどしの取扱は不可。
  • 他社エリアでKitacaを利用しても、SAPICAポイント等の他社の各種ポイントは貯まらない。(例えば、SAPICAポイントを貯めたいならSAPICAカードを使うしかないという意味

電子マネーとしても使える!

Kitacaは、交通機関はもちろん、全国のKitaca加盟店では電子マネーとしてお買い物もできます。

Kitacaだけでなく↓のマークがあるお店であればどこでも利用可能!

JR北海道エリアの交通系ICカード「Kitaca(キタカ)」について解説!

出張や旅行で北海道を出た際も、問題なく使えるでしょう。

Kitaca加盟店

Kitacaが使える北海道の代表的な施設
  • APIA
  • ESTA
  • paseo
  • STELLAR PLACE
Kitaca加盟店の主なチェーン店
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • サンクス
  • セブンイレブン
  • セイコーマート
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ガスト
  • 松屋
  • すき家
  • ミスタードーナツ
  • ドトール
  • 紀伊国屋書店
  • ブックオフ

まとめ

Kitacaは北海道発行の交通系ICカードですが、なんだかんだ日本全国で使えます

Kitacaが利用できる場所では必ずSuicaが使えるので、加盟店数トップクラスのSuicaもおすすめです。

 

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket