「クレジットカードのキャッシング」と「カードローン」って何が違うの?人には聞きづらい借り入れについての疑問を解決。

よく耳にする「キャッシング」と「カードローン」。

どことなくかしこまった雰囲気を感じ取れる用語ですが、どちらも根本的な意味は同じ「借金」です

ではなぜキャッシングとカードローンは区別されているのでしょうか?それは2つの借入形態に違いがあるためです

この違いについて知らない人は意外と多いので、借入時に失敗をしないためにも正しい知識を身に着けておきましょう。

キャッシングとは?

キャッシングとはクレジットカードに付帯している機能の1つで、現金を借りることがメインではありません。

「カードの利用限度額の範囲内で、いざという時に現金を引き出せる」という借入方法です。

ご存知の通りクレジットカードは、下記のように様々な機能を兼ね備えており、主な使い道はお買物やお支払い等でしょう。

  • ショッピング機能
  • 旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • ポイントサービス
  • その他カードごとに異なる特典

年会費がかかるものがあったり、カードごとに機能が違ったりします。

そのため、キャッシングはあくまで「付帯サービスのうちの1つ」でしかなく、副次的なものです。

カードローンとは?

これに対してカードローンは現金を借りるためだけにあるもので、現金を借りることがメインです。

いずれのカードも年会費は不要ですが、クレジットカードのようにカードでお買物や支払い等はできません。

現金を引き出す以外の機能は存在しないので、簡単に言うと「借金専用カード」です。

こう聞くとイメージが悪いかもれませんが、カードローンにもきちんとメリットがあります。

そのことも後ほど説明していきますね。

金利はどのくらいかかるの?

キャッシングとカードローンは、それぞれ金利が異なります。

  • キャッシング:借入額の18%固定。どんなに借りても18%。
  • カードローン:借入額の最大18%。低金利のカードローンを選べば金利1.9%等もあり得る。

遅延損害金

ちなみに、支払いを滞納すると遅延損害金が発生しますが、その金利にも差があります。

  • キャッシング:29%前後
  • カードローン:18~21%前後

遅延損害金となると、途端に跳ね上がります。返済期日はくれぐれも守りましょう。

それぞれの返済方法は?

キャッシングとカードローンは、返済方法も違います。

キャッシングの返済方法

キャッシングはクレジットカードの付帯機能なので、支払いはもちろんクレジットカード利用分と合わせて一括で請求されます。

基本は一括払いですが、カードによっては「リボ払いができるものや、後からリボ払いに変更できるもの」もあるので、都合に合わせて支払うことも可。

しかしリボ払いだと、その都度手数料が発生するので、おすすめはしません。

一括の返済が難しいなら、余裕のある月に余分に入金する等して、なるべく早くキャッシング分を返済し終えましょう。

カードローンの返済方法

カードローンの返済方法はリボ払いのみ。

月々の最低支払額がカード会社の規定によって決められるので、最低でもその金額は毎月返済しないといけません。

余裕がある月に追加で入金するのは可能

ただし、最少金額での支払いを続けていると、いつまでたっても返済が終わらず利息に苦しめられるので注意が必要です。

それぞれのメリット&デメリット

キャッシングとカードローンのメリット&デメリットを簡単にまとめてみました。

  メリット デメリット
キャッシング ・素早く現金を借りられる
・一括払いができる
・金利が高い
・限度額が限定的
カードローン ・金利が低い
・限度額が幅広い
・支払いの自由度が高い
・即日融資が可能
・主婦、パート、アルバイトでも利用可能
・一括払いができない
・少額の返済を続けていると利息で損をする

キャッシングとカードローンどちらを選ぶべき?

金利は高いが一括で返済が終わるため、後に引きずらないキャッシング。

金利は低い分、長期にわたって返済を続けなくてはならないカードローン。

こんな人向け
  • キャッシング:急遽、一時的に多少の現金が必要。まとめて返済したい。
  • カードローン:長期にわたってまとまったお金が必要。自分のペースで返済したい。

最近ではキャッシングでも返済がリボ払いになっているものもあるため、その線引きは曖昧になってきています。

未返済カードローンがあるとクレジットカードは作れない?

カードローンでの借入はクレジットカード審査に影響するのでしょうか?答えは「はい」です。

私たちの金融取引情報は「信用情報機関」を通して全て共有されているので、お金に関す取引は隠せません。

しかし、必ずしもクレジットカードの審査に通らないわけではなく、現在の借入金額によります。

あまりにも多額の借入をしている場合は不利になることはありえます。

まとめ

もしもクレジットカードとカードローンの両方を手にしたいなら、順序的には先にクレジットカードの方が良いでしょう。

基本的にこうです。

  • カードローンはお金に困っている人に発行するもの
  • クレジットカードはお金に困っていない人に発行するもの

いずれにせよ、それぞれのメリットとデメリットをわきまえて、計画的に利用しましょう。

もっと読む

都合に合わせて支払いたいなら、リボ払いも有効な手段です。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket