クレジットカードのサインは適当でもいい!座右の銘や記号でもOK・・・?

クレジットカードで決済をする時、パスワードを入力する機会が減ってきましたね。

最近はサインで本人確認ができますが、結構汚い字でサインしても意外と通ってしまったり・・・。

本当にちゃんとサインを見ているのか。どこまで適当が許されるのでしょうか(笑)。

そんな疑問が浮かんできたので、ちょっと調べてみました。

サインは何のためにあるの?

クレジットカードで決済をする時、どうしてサインが必要なのか。答えは単純。

お店とお客による、『取引の相互確認』のためです。

つまりこういうこと。

  • お店側:『カード裏面の署名』と『伝票のサイン』を照らし合わせて、本当に本人が利用しているか確認するため
  • お客側:「提示された金額を、クレジットカードで支払うことに同意した」と証明するため。

不正利用を防ぐ目的も兼ねています。

サインを拒んだらどうなる?

実は「サインを拒んだお客に対しては、店側もカードの利用を拒める」という決まりがあります。

そういう決まりがあるというだけで、サインしないと必ず拒否されるわけではありません。

しかし、店頭で「面倒だからサインしなくてもいいですか?」なんて言って、不信がられる可能性を考えたら・・・。

きちんと書くべきなのは、言うまでもないでしょう。

また、サインをしていないと、不正利用の被害に遭った際に、保険が適用されないこともあります

書かないメリットが特にないので、必ずサインはするべきです。

サインをしなくても良いケースも

とはいえ、サインをしなくてもカード払いが通用する場面も。

カード社会であるアメリカではいちいちサインを求められないと言われています。

国内では、時間短縮のためか、スーパーやコンビニ等の少額決済の際にはサインを求められません。

これは実際に私も経験しました。カードを渡す意外に何もしなくて良かったので、とても楽でした。

サインは何でも良いの?

各カード会社によると、サインは自分が書いたことを証明できるものなら何でも良いそうです。

クレジットカードのサインは適当でもいい!それなら座右の銘や記号でもOK・・・?

さすがにこれは厳しいかもしれませんね(笑)。

しかし大げさですが、例えば下記のような感じなら大丈夫だそうです。

イニシャル、筆記体

筆記体は一般的ですが、イニシャルでもOKということは意外と知られてないと思います。

フルネームを書くよりずっと楽なので、私もたまにイニシャルでサインすることがありますよ。

苗字のみもしくは名前のみ

フルネームでなくても、どちらか一方で通りました。

経験済みです。

ペンネーム、芸名

芸能人や、クリエイターならではのケースですね。

おすすめはしないが、大丈夫だそうです。

馴染みのない言語

アラビア語、スワヒリ語など(笑)。

本人が書いていると確認できるのであれば、よくわからない外国語でもOKだとか・・・。

座右の銘

座右の銘でもOKということには驚きました。

一応、『本人を識別できるもの』という条件には当てはまっているのでOKみたいです。

しかし、もし「時は金なり」とかサインしている人を見たら、私の中でその人は伝説になるでしょう(笑)。

記号、顔文字

記号や顔文字でも一応は、大丈夫です。

しかし他人に真似されやすいというリスクを考えた結果、おすすめはしません。

お店によっては「名前でサインしてください。」と注意されることもあるようです。

悪用防止にはこんなサインがおすすめ!

綺麗に書こうとしないこと

小学生の時、習字の授業がありました。お手本を見て、皆で真似して同じ字を書いたものです。

ゆっくり丁寧に書けば、お手本と同じような字が書けました。

しかし、適当に書いた殴り書きのような文字なら、同じような質感を、他人に再現することはできません。

つまり、あまりにも丁寧すぎたり綺麗すぎる字は他人に真似されやすいです

サインをする時は、適度に字を崩しましょう

海外では漢字がおすすめ

アメリカンエキスプレスによると、「海外でサインをするならパスポートと同じサインがおすすめ」だそうです。

つまり日本語の『漢字』が、一番安全性が高いということです。

英語やひらがななどは、日本人以外でも真似しやすいですが、漢字となるとそうはいきません。

あの複雑な『漢字』に慣れている、日本人の筆跡を真似するのは難しいため、悪用の防止に繋がるのでしょう。

自分らしいサインをするのが一番

結論、「サインは特にこれと言った決まりがなく、適当でもなんでも良い」とのことでした。

記号や座右の銘など、人前で書いたらウケが狙えるかもしれませんね(笑)。

個人的には、より安全にカードを使うために、名前かイニシャルでサインすることをおすすめしたいです。

・・・が、適度に書きやすく自分にしか書けない、つまり『自分らしいサイン』をするのが一番でしょう。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket