【家賃もカードでOK!?】クレジットカードで銀行振込みをする2つの方法。

あらゆる用途に使えるクレジットカードですが、銀行振込み等クレカが使えないケースも少なくありません。

クレジットカード払いを使いたい、と思う場面は大きく分けて2つあります。

一つは、ポイントを貯めたい場合。もう一つは、手元にお金がない場合。

そんな時にクレジットカードが使えないととても不便ですよね。

そこで今回は、クレジットカードでも振込みが出来る2つの方法を紹介します。

方法1『ちょコム送金』を利用する!

1つめは、『ちょコム送金』を利用して「通常はできないクレジットカードからの振込み」を行う方法。

ちょコム送金とは、クレジットカードで銀行振込みができちゃうサイトです。

「クレジットカードで送金用電子マネーを購入し、その電子マネーで振込みを行う」という仕組み。

大手のNTTグループが提供しているサービスなので、安心できます。

ちょコム送金の使い方

【家賃もカードでOK!?】クレジットカードで銀行振込みをする2つの方法。

使い方はシンプル
  1. 振込みの申込み(送金用電子マネーの購入+送金依頼)をする
  2. 指定の銀行口座に『ちょコム』から振込まれる
送金後は
  • 振込人名義は自身の名前の後に『-ST』という文字が記載
  • 後日カード会社から送金用電子マネーと送金手数料が請求(通常のクレカ利用と同じ)
  • 利用明細には「ちょコム送金」または「チョコムソウキン」と記載
利用例
  • 家賃の支払い
  • 家族への仕送り
  • 商品代金の支払い
  • 塾代の支払い 等

ちょコム送金のメリットは?

1.ポイントが貯まる!

ちょコム送金では、電子マネーをクレジットカードで購入するというひと手間を挟みます。

そのため、通常のクレジットカード利用時と同じようにポイントが貯まるメリットも。

2.とにかく楽

ちょコム送金はネットから簡単に行えるので、ATMや銀行へ行く手間が省けます。

また、クレジットカード情報や、振込先銀行口座の登録もできるので、一度登録してしまえばスムーズに振込みができますよ。

3.振込人名義がわかりやすい

塾代等、子どもの名前で振込みが必要な時は「自身の名前+子どもの名前」でも振込み可

4.ネットショッピングでも楽

ネットショッピングでの支払い等では、振込人名義に「注文番号」を入れることもできます。

注意点も忘れずに!

そんな便利なちょコム送金ですが、注意点も覚えておきましょう。

  • 利用できるのはVISAかMasterCardのみ
  • 利用上限額は月間30万円まで
  • 送金手数料がかかる

送金手数料に関しては、この通りです。

【家賃もカードでOK!?】クレジットカードで銀行振込みをする2つの方法。10万円送金すると、5,000円近い手数料がかかりますね・・・。

方法2『キャッシング』を利用する!

クレジットカードから振込みをする2つめの方法は、「クレジットカードのキャッシング機能を利用する」です。

大抵、クレジットカードにはキャッシング枠が付帯しているので、いざという時にATM等で現金を引き出せます。

この機能を利用して、クレジットカードから現金を引き出し、振込みに利用するという手があります。

もちろん手数料が発生してしまう上、キャッシング利用ではポイントがつかないことがほとんど。

稀にキャンペーンや条件付きでポイントがもらえることもあります。

しかし「キャッシングリボ利用で100ポイントプレゼント」等、手数料の割にあまりお得とは言えません。

ポイントは期待しない方がいいでしょう。

ちょコム送金とキャッシングの比較

では、ちょコム送金とキャッシングはどちらがお得なのか『手数料』という観点から比較してみたいと思います。

例:クレジットカードで10,000円の振込みをし、一か月後に返済するとします(キャッシング手数料は一般的と言われている年率18%で計算)。

  • ちょコム→10,473円
  • キャッシング→10,150円

「ポイント目的で、家賃を毎月ちょコムから振込むぞ!」という考えはあまりおすすめできません。ポイントより手数料の方が高いためです。

あくまで「不意に振込みが必要になった場合に利用する」くらいがちょうどいいと思います。

ポイントのために日常的に利用するものではありません。短期ならキャッシングの方が合理的かもしれないですね。

それぞれこんな人向け!

ちょコム送金とキャッシングは、それぞれどんな人に向いているのかまとめてみました。

  • ちょコム:クレジットカード引落日には支払えるけど、今は手元にお金がない。しかしすぐに振込みたい。
  • キャッシング:一時的にお金がないけど、急に振込みが必要になった。引落日より前に返済できる

キャッシングは手元にお金があればATMからいつでも返済できるので、引落日まで待つ必要がありません。

そのため、すぐに返済できる場合はできるだけ日割りの手数料を抑えられます。

そういう点では短期ならキャッシングの方がお得ですね。

今回は、クレジットカードを使った2つの振込方法を紹介しました。

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket