番号

クレジットカードを申し込む時、ほぼ必ず4桁の暗証番号を決めなくてはなりません。決済時の本人確認手段として必要だからです。

しかし最近では、暗証番号の代わりにサインの記入を求められることも多いですよね。

サインに慣れてしまっている方は、意外と自分のカードの暗証番号を忘れていたりします。そこで今回は、暗証番号の重要さを知っていただけたらと思います。

暗証番号はなぜ重要なのか

私たちがクレジットカードを使う時、不正利用防止のために、お店側はそのカードが本人のものであるかを確認しなくてはなりません。

一般的には、暗証番号入力かサインという手段が使えます。

しかし、サインは「カードの持ち主が万が一暗証番号を忘れてしまっても利用できるように」と取り入れられた手段なので、あくまで暗証番号を覚えていることが大前提。

サインという手段が利用できることで暗証番号の重要性は軽視されがちですが、実際にはとても重要です。

海外では暗証番号がないとお買い物ができない?

旅行

海外ではほとんどのお店で暗証番号の入力を求められ、暗証番号がわからないとカードを利用できない場合もあります。

現地で混乱しないためにも、暗証番号を把握しておきましょう。

暗証番号はどんな番号がベスト?

前述の通り、クレジットカードの暗証番号は自身で決めるようになっています。

暗証番号を決める上で、「他人から推測されやすいもの」は避けましょう。

避けるべき暗証番号の例
  • 自分の誕生日
  • 0000や1111など単純なもの
  • 車のナンバー
  • 電話番号の下4桁

とは言え、推測されにくいものばかりにこだわって、自分でも覚えにくい暗証番号を設定するのはおすすめしません。

自分自身が暗証番号を覚えられないと意味がないので、「他人から推測されにくく自分が覚えやすい番号」がベストです。

保険が適用されないことも

クレジットカードに付帯する「盗難・紛失保険」は、カードの持ち主に過失があったと見なされた場合、補償を受けられません。

暗証番号は漏れないことが前提とされているので、暗証番号を入力された上でカードを不正利用されると、自己責任となってしまいます。

次のような行為は、管理不足を問われる可能性が高いので注意してください。

  • 他人から推測されやすい番号を設定している
  • カードの裏面に暗証番号をメモしている
  • 暗証番号をメモした紙をカードと一緒に持ち歩いている

できれば、暗証番号は記憶の外に持ち出さないことがベストですが、どうしても忘れてしまいそうだと思ったら、メモなどは家に保管しておくのが無難でしょう。

暗証番号を確認または変更する方法

考える

暗証番号を確認するには

数回暗証番号を間違えると、ロックがかかってカードが使えなくなってしまいます

そんな時はカード会社への電話や、会員サイトで暗証番号の照会ができます。

私も以前カードの暗証番号を忘れてしまったことがありますが、オペレーターの指示に従って会員サイトから確認ができました。

暗証番号を変更するには

暗証番号の変更も確認の時と同様、カード会社への電話か会員サイトから行えますが、細かい規定はカード会社によって違うので確認してみてください。

ちなみにクレジットカードの暗証番号は、安全のためにも定期的に変えた方が良いと言われています。

まとめ

実際、クレジットカードの暗証番号を把握していない人は意外と多いです。

サインで支払いをしていると、自然と暗証番号入力の機会が減るため、忘れてしまうのは仕方のないこと。

また、クレジットカードを複数枚保有している人は、1枚1枚の暗証番号が混沌してしまっているなんてこともありえます。

しかし、自分のカードを不正利用から守るためにも暗証番号の重要性を認識し、しっかりと管理しましょう。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket