ポイントの還元率とは?1ポイントの価値を計算して、もっとお得にクレジットカードを使いこなそう!

クレジットカードを選ぶとき、よく目にするのが「ポイント還元率」という表示。

実際、クレジットカードのポイント還元率は、お得なカード選びをする上で、もっとも重視すべき要素です。

しかし、ポイント還元率について「あまりよくわかっていない」方も、意外と多いのではないでしょうか?

そこで、今回はポイント還元率について詳しく解説してみます。

ポイント(還元率)とは?

ポイント還元率の説明に入る前に、まずはクレジットカードの「ポイント表記」について解説します。

ポイント表記の例
  • 100円で1ポイント貯まる
  • 200円利用するごとに1ポイント貯まります
  • カード利用額1,000円につき5ポイント

これまでに、こんな表記を見たことがある方は多いのではないでしょうか?

しかし、これでは貯まる時のポイントは分かっても、何ポイントで何に交換できるかは分かりませんよね・・・。

そこで「ポイント還元率」は、貯める時のポイントと使う時のポイントを両方踏まえて、「お得度」を表す数字として使われます。

ポイント還元率の計算方法は?

それでは、ポイント還元率はどのように計算されているのかというと・・・。

これが一筋縄には説明ができません(笑)。

というのも、下記の様に「貯めたポイントをどう使うか?」によって、還元率が変動するためです。

貯まるポイントが同じでも還元率が異なるケース
  • 100円で1ポイント貯まるカード → 1ポイント=0.5円相当の商品と交換する(還元率0.5%)
  • 100円で1ポイント貯まるカード → 1ポイント=1円相当の商品と交換する(還元率1.0%)
  • 100円で1ポイント貯まるカード → 1ポイント=2円相当の商品と交換する(還元率2.0%)

次は、交換先が同じでも貯まるポイントが変わるケース。

貯まるポイントが異なるケースの還元率
  • 100円で0.5ポイント貯まるカード → 1ポイント=1円相当の商品と交換する(還元率0.5%)
  • 100円で2ポイント貯まるカード → 1ポイント=1円相当の商品と交換する(還元率2.0%)
  • 200円で1ポイント貯まるカード → 1ポイント=1円相当の商品と交換する(還元率0.5%)

最後が、貯まるポイントと交換先が両方変わるケース。

両方変わってしまうと、本当にややこしいです・・・。

貯まるポイントとが交換先が両方異なるケースの還元率
  • 100円で0.5ポイント貯まるカード → 1ポイント=0.5円相当の商品と交換する(還元率0.25%)
  • 100円で2ポイント貯まるカード → 1ポイント=1円相当の商品と交換する(還元率2.0%)
  • 200円で1ポイント貯まるカード → 1ポイント=2円相当の商品と交換する(還元率1.0%)

余計にややこしくなってしまいました・・・(汗)。

ただ、簡単にまとめると「本当のお得指数を表す数値=ポイント還元率」です。

参考までに、下記に計算方法を掲載しておきます。

「細かいことは気にしないぜ!」という方は「なるほど~」くらいに思っておいてくれれば大丈夫ですよ!

※還元率=((もらえるポイント数÷カード利用額)×(ポイントの価値÷交換ポイント数))×100

200円で1ポイント貯まるカードで、1ポイント=1円相当の商品と交換する場合
  • 0.5%=((1ポイント÷200円)×(1円÷1ポイント))×100

代表的な還元率しか、サイトに表示されない理由

上記でも説明した通り、ポイント還元率はポイントの交換先によって変動します。

そのため、本来であれば全ての交換先と還元率を表示すべきです。

しかし、ポイント交換先の数だけポイント還元率を掲載すると「このカードはお得なのか?」という、還元率本来の目的が分かりにくくなってしまいます

そのため、クレジットカードの紹介記事で、基本となるポイント還元率を示す時には、一番レートの良い交換先で還元率を計算するのが一般的です。

そうすることで、数百と発行されているクレジットカードを平等に比較できるようになります。

クレジットカードの平均還元率と最大還元率

一般的なクレジットカードの平均還元率は0.5%です。

1.0%以上あれば、高還元率のクレジットカードと評価されます

ちなみに、クレジットカードを紹介する時は、「最もポイントが貯まる状態で、一番レートの良い交換先」を使った場合の最大還元率が表記されるケースもあります。

最大還元率は、VIASOカードのような高還元をウリにしているカードでは、10.0%を超えるものも・・・。

一定の条件下でしか得られないものとなりますが、それでも10.0%は驚異的です。

還元率が低くても価値があるカード

ポイント還元率は、クレジットカード選びで重視すべき項目ですが、「還元率の低いカードには価値がないのか?」と言われたら、そうではありません。

クレジットカードにはポイント還元だけでなく、特典や補償・サービスなどの様々な『お得』要素が付帯しています。

自分のライフスタイルにピッタリのサービスや、ポイント還元サービスを上回る特典が付いたクレジットカードには、高い価値を見出せます。

  • カードを提示するだけで、よく行くお店の優待特典を受けられる
  • 旅先で緊急時のサポートをしてくれる
  • 旅行傷害保険やショッピング保険等が手厚い
  • 空港ラウンジが使える
  • カード利用限度額が高い
  • 限定アイテムが手に入る

この手のカードの代表格としては、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードダイナースクラブカードが有名です。

還元率の高いクレジットカード3選

それでは、基本還元率が1.0%を超える高還元クレジットカードを、比較しつつ紹介します。

 楽天カードVIASOカードP-one Wiz
 楽天カードVIASOカードP-one wiz
年会費無料
平均還元率1.0%1.0%1.5%
最大還元率最大6.0%最大10.0%最大5.0%
還元方法ポイントキャッシュバック
特徴楽天市場でお得携帯・プロバイダなど固定費でお得自由支払い型リボ払い専用カード

楽天カードは楽天市場のお買い物で力を発揮し、VIASOカードはインターネットショッピングでお得なクレジットカードです。

平均還元率ならP-one Wizがお得なのが分かりますね。

このように、一言に「ポイント高還元」と言っても、利用シーンや利用先でそのお得度は様々。

自分自身に合った使い方ができる1枚を、探し当てることが大切です。

まとめ

今回の記事は少し難しくなってしまいましたが、いかがでしたか?

ポイント還元率は、カード各社がしのぎを削って、そのカードをアピールする「最もウリとなる部分」です。

利用者としても、一番目に見えてお得を感じられるため、カード選びの中でも重要となります。

この記事を参考にしつつ、「自分ぴったりの1枚」をゲットしてくださいね。

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket