aa

クレジットカードを手にした時に生まれるのが、不正利用への恐怖

1枚で現金の役割を果たすクレジットカードは、多額のお金を持ち歩いている意識を薄れさせる側面があります。

実は私もカードを不正利用されたことがありますが、手続きやら何やらでとても面倒な思いをしました。

今回は実際に不正利用された時の利用明細も用いて、「不正利用に遭った時の対処法」と「悪用を未然に防ぐ対策法」をお伝えします。

不正利用には種類がある!

一口に不正利用と言ってもそのやり口は様々で、きっかけはどこに落ちているかわかりません。

盗難

盗難は、盗まれたクレジットカードを利用されること。

本体ごと手元から姿を消すので、悪用に気づきやすいだけまだマシです。

スキミング

スキミングは、クレジットカードの情報を読み取り、同じカードを作って利用する高度な悪用方法。つまり「偽造」です

信頼のおけないお店などで使用すると、この危険性があるようです。

カード番号の盗用

クレジットカード不正利用の中で、最も多い被害が「カード番号の盗用」です。

クレジットカードは、オンラインであればカード本体が無くても利用できて、とても便利。

この機能を逆手に取って、「巧妙な手口でカードに記載されている番号を盗む」という犯罪が相次いでいます。

年間被害総額は総額308億円!?

不正利用の被害者と、被害総額を調べてみました(日本クレジットカード協会参照)。

明日は我が身!?クレジットカードが悪用されたらどうする?不正利用された時の対処法&されないための対策まとめ。

平成9年から平成17年まで、8年連続で年間被害総額は150億円超え・・・。

平成12年には308億7千万という最高額を叩き出しています。

ちなみに昨年度(平成27年度)の不正利用被害総額は85億3千万円

クレジットカードの普及率が高まった現在では、被害額も減少傾向にありますが、まだまだ少ないとは言えません。

不正利用被害の内訳(平成27年度)

  • 59.7%:番号盗用
  • 23.0%:その他
  • 17.3%:偽造

不正利用の中でも断トツで多いのがカード番号の盗用です。

おそらく理由は「証拠が見つかりづらく、カード本体は盗んでいないため、不正利用が気づかれにくいためで」しょう。

盗まれたカード番号は主にネット上でff悪用されますが、インターネットでの不正利用は補償が利かない場合があるため、非常に面倒。

保険は利くの?

不正利用の損害には、ほぼ全てのクレジットカードに付帯している『盗難・紛失保険』が適用されるので、多くの場合は心配いりません。

しかし、一般的な補償期間である前後60日間(合計120日間)を過ぎると、不正利用分も自己負担になります。理不尽すぎますね・・・。

また、オンラインでの不正利用は「盗難・紛失保険」の対象外になる場合があります。

オンライン不正利用でも保険が適用されるか、事前にカード会社に確認しておきましょう。

不正利用された場合、どうしたらいいの?

万が一不正利用に遭ってしまった時、何よりも優先してほしいのがカード会社への連絡

異変に気づいたらすぐにカードを止めて、警察への盗難届も忘れずに提出してください。その後カードは破棄し、新しいものを再発行してもらいましょう。

再発行の申請後、約1週間で、新しいカード番号が記載されたクレジットカードが到着します。

不正利用分の請求は?

  • 引落が行われる前に気づいて連絡した場合:請求が取り消される
  • 既に引き落とされてしまっていた場合:口座に返金される

カードの付帯保険が持ち主を守ってくれるため、損害を被る可能性は低いですが、それでも十分に注意してくださいね。

実は私も不正利用の被害者

実は、私もクレジットカードを不正利用されたことがあります。その時の利用明細があるので、特別に公開します(笑)。

明日は我が身!?クレジットカードが悪用されたらどうする?不正利用された時の対処法&されないための対策まとめ。

上の3件が不正に利用された履歴です。

私の場合は、カード会社から「不正利用されているかもれませんが、利用履歴に覚えがありますか?」と、電話がありました。

確認したところ、確かに覚えのない請求が届いていたので、無事に返金していただきました。

カード会社独自の「不正探知システム」で所有者のカード利用傾向を参考に、「不正利用の疑惑」を見つけ出せるようです。

無事、損害を被ることなく済んで一安心でした。

不正利用に合わないためにできること

不正利用防止のためには、

  • 貴重品を無防備に放置しないこと
  • 信頼できない通信販売会社やお店では、クレジットカードを容易に使用しないこと

などの対策が重要。どれも日常生活の中で少し意識すれば全く難しくはない対策です。

とは言え、細心の注意を払っていても、いつどこで何が起こるかは誰にも予測できません。

くれぐれも異変に気づいたら、すぐに対応するようにしてください。

もっと読む

クレジットカードのセキュリティについては、様々な施策が取られているため、カードを持つのが不安な方は知っておくと安心です。

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket