ICチップ

「クレジットカードが使えなくなった!」「支払いの滞納もしていないし、限度額オーバーでもない。カードが使えなくなる原因が見当たらない・・・。」

そんな時は、もしかしたらカードに搭載されている「ICチップ」の磁器不良が原因かもしれません。

そこで今回は、磁器不良が起こる原因や対処法、または防止策について解説します。

ICチップの磁器不良とは?

ICチップ

最近では、ほとんどのクレジットカードにICチップが搭載されています(上図参照)。

クレジットカードは、このICチップを読み取ることで、決済や利用履歴の蓄積が出来るという仕組みです。

つまり、ICチップはクレジットカードの中で非常に重要な役割を果たすパーツ。

このICチップが何らかの原因で機能しなくなることを「磁器不良」と言い、磁器不良が起きるとカードが使えなくなってしまいます。

磁器不良を起こす原因は?

はてな

ICチップが磁器不良を起こす原因は様々です。1つ1つ見ていきましょう。

汚れや指紋の付着

頻繁にクレジットカードを利用していると、ICチップが汚れたり指紋が付着して、読み込めなくなることがあります。

この場合は、ふき取ることで復活する場合もあるみたいです。

強い磁器の影響

強い磁器(スマートフォンや電化製品など)と重ねてカードを保管したり、近づけたりすると、ICチップの磁器が狂う可能性があります。

最近、ポケット付きのスマホケースも数多く発売されていますが、そこにカードを入れている方も多いのではないでしょうか。そんな方は、注意が必要です。

財布やケースとの摩擦

クレジットカードを他のカード類と重ねて保管している場合、摩擦によってICチップが傷つく恐れがあります。

お財布に入れる時は、重ねず1枚1枚分けておくと良いでしょう。

破損

何らかの衝撃によって、ICチップが破損している可能性も考えられます。

磁器不良を直す方法は?

ひらめき

磁器不良だと思ったら、これから紹介する方法を試してみてください。

ICチップを布で拭く

ICチップに指紋や汚れなどが付着していることが原因で磁器不良を起こしている場合。

この場合は、前述の通りふき取ることで復活する可能性が高いです。布で綺麗に拭いてあげましょう。

セロハンテープを貼る

ICチップの上にセロハンテープを貼りつけることで、磁器が復活する場合も。

セロテープを貼ることでICチップと読取装置の間にわずかな隙間ができ、これがノイズを減らす効果に繋がるそうです。

カードを再発行する

自力ではどうしようもない場合、クレジットカード会社に連絡して新しいカードを再発行してもらうしかありません。

約1~3週間で新しいカードが届きます。その間カードが使えませんが、こればかりは待つしかないでしょう。

磁器不良を防止する方法は?

再発行の手続きなど面倒な手間をかけたくない方は、磁器不良を起こさないための対処が必要です。

ネットで磁器不良を防止する商品が販売されているので、検討してみてくださいね。

磁器シールドカード

磁器不良防止

クレジットカードの表面に重ねるだけで、ICチップの磁器を守ってくれる優れもの。

お財布やスマホカバーなどにカードを入れる時、この磁器シールドカードを重ねて保管するだけでOKです。

防磁カードケース

防磁カードケース

磁器不良を防いでくれるだけでなく、多数のカードを保有している方は管理がしやすいというメリットもあります。

クレジットカードICチップの磁器不良まとめ

私も半年間で2回ほど、所有しているクレジットカードが磁器不良を起こしたことがあります。

おそらくスマホケースのポケットに、複数枚のカードを重ねて入れていたことが原因でした。1枚1枚分けて保管するようにしてからは、磁器不良は起きていません。

突然クレジットカードが使えなくなったら、まずは磁器不良の可能性も考慮してみてくださいね。

もっと読む

クレジットカードが使えない原因としては、他に複数のケースが考えられます。

「カードが使えなくなってしまったけれど、磁器不良の可能性は低い・・・」という方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket