解約

使っていたクレジットカードが不要になった際は、当然ながら解約の手続きが必要です。

解約方法はとても簡単なので、難しく考える必要はありません。

しかし、カードを解約する前に注意しておきたいことがいくつかあるので、チェックしておきましょう。

クレジットカードの解約はとても簡単

クレジットカードの解約方法は「カード会社へ電話し、解約の申し出をする」だけ。

入会時には申込書の記入や審査など手間がかかるのに、解約時はあっさりしています。

特に理由を問われたりすることもなく、スムーズに進むので気負いする必要もありません。

もしも解約理由を聞かれたとしても、任意のアンケートのようなものなので正直に答えて大丈夫です(もちろん答えなくてもOK)。

自動応答で解約が出来ることも!

カード会社によっては、音声ガイダンスに従い自動応答で解約が出来るケースもあります。

自動応答ならプッシュボタンを押すだけで解約が出来ます。

「オペレーターに解約の意向を伝えづらい」という方に向いているでしょう。

解約後はカードの処分を忘れずに

はさみ

クレジットカードの解約手続きが済んだら、忘れずにカードを処分しましょう。

多くの場合は、電話口で「解約後はハサミなどでカードを処分してください。」との案内があるはず。

カード情報が読み取られないように、細かく切り刻むことが推奨されています。

クレジットカードはほとんどがプラスチック素材なので、ハサミで簡単に切れます。カードにも使えるシュレッダーなどもおすすめ。

解約前に注意したいこと

クレジットカード解約の手続きをする前に、いくつか注意したいことがあります。

未払い金がある場合

カードを解約する時点で、まだ支払いの終わっていない金額(未払い金)がある場合、解約時に一括払いとなります。

もしも「未払い金があるけど一括払いは厳しい」という状態なら、支払いを済ませてから解約するべきでしょう。

一体型クレジットカードの場合

電子マネーなどの機能が付いた「一体型クレジットカード」も、解約時に注意が必要。

チャージ残高を使い切らずにそのまま解約すると、残高ごと無くなってしまうので、解約時にはチャージ残高がない状態にしておきましょう。

また、チャージ残高が一定額を下回った場合に自動でチャージされる「オートチャージ設定」をしている方も要注意

オートチャージを設定していると延々とチャージされてしまうため、チャージ残高を使い切る時に弊害となります。

解約前に、オートチャージ設定の解除も忘れないでくださいね。

解約手数料がかかる場合も

ほとんどのクレジットカードは解約にお金はかかりません。

しかし、クレジットカードを取得してから特定の期間内に解約した場合など、ごくまれに解約手数料が発生する場合もあります。

とは言え、これは非常に特殊なケースなので、そこまで気にしなくて良いでしょう。

入会後すぐの解約はおすすめしない

クレジットカード入会後、すぐに解約することはおすすめしません。

ほとんどのクレジットカードは入会キャンペーンを実施しており、入会だけでポイントやマイルがもらえたりします。

そのため、あまりにもすぐカードを解約すると「入会キャンペーンだけが目当てだったのでは」と、悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

同じカード会社で別のクレジットカードを作る時など、非常に不利になるので、最低でも入会後半年以上は解約を控えましょう

カード解約後の再入会は可能?

これはもちろん可能です。ただし、もう一度申込みをして審査を受けなくてはなりません。

「以前そのクレジットカードを使っていたから」という理由で、申込書の記入や審査を省けるわけではないです。

そのため、カードを利用する可能性が今後もあるなら、解約について考え直すのも手です。

初年度無料クレジットカードの解約も問題はない

通常は年会費がかかるクレジットカードも、初年度は無料という場合が多くあります。

こういったカードは、お試しとして使ってみるのもおすすめ!通常は年会費がかかる上質なサービスを、1年間は無料で利用できます。

一年間利用してみて、自分に合わないと思ったなら、年会費が発生する前に解約しても何の問題もありません。

「カード会社側も、お試し期間という意味合いも込めて、初年度無料にしている場合が多い」からです。

初年度無料ゴールドカードは特におすすめ

初年度無料ゴールドカードは、特におすすめです。

ゴールドカードは一般カードよりも、特典やサービスの質が高いため、1年間でも無料で利用できるメリットはかなり大きい!

もちろん、1年間使ってみて合わなければ、年会費が発生する前に解約しても問題なしです。

通常年会費10,000円(税抜)が初年度無料

まとめ

クレジットカードの入会時にかかる手間と比較すると、解約は圧倒的に簡単。

今回解説したいくつかの注意点に気を付けて、正しく安全に解約手続きを進めてもらえたらと思います。

「今持っているクレジットカードを解約して、新しいカードを探したい!」と思ったら、当サイトトップページ:クレジットカードおすすめ比較より、自分ピッタリの1枚を見つけてくださいね。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket