ゴールドカード

お財布から取り出すだけで、周りから一目置かれるゴールドカード。

クレジットカードの中では、一般カードの次にランクが高いとされており、上質なサービスを提供してくれます。

「ゴールドカードなんてお金持ちしか持てないんでしょ」と思われがちですが、最近は比較的取得しやすくなっているので、ぜひ目指してみてください。

それでは、ゴールドカードのメリットや入手難易度について解説していきます。

ゴールドカードとは?

ゴールドカードとは、一般カードのワンランク上に位置する高ステータスカード。

ちなみに、クレジットカードのランクを高い順に表すとこうなります。

  • ブラックカード
  • プラチナカード
  • ゴールドカード
  • 一般カード(シルバーカード)

ゴールドカードの年会費

ゴールドカードの年会費は、だいたい1万円~2万円程度が平均。

高いと思う方もいるかもしれませんが、付帯する特典やサービスを考えると年会費以上のお得を還元してくれます。

ゴールドカードの入手は難しい?

"お金持ちが持っているカード"と言うイメージを持たれがちですが、最近では年収300万円程度あれば誰でもゴールドカードが取得できます。

低年会費や、若者が持てるゴールドカードもたくさん出ているので、入手はそれほど難しくありません。

もちろん決して審査が緩いというわけではないですが、取得できれば上質なサービスを堪能できるので、ぜひ取得を目指してみてください。

ゴールドカード保有のメリット

goldcard

ゴールドカードは一般カードよりもワンランク上に位置するだけあって、質の高いサービスを提供してくれます。

ここが一般カードと差のつくところなので、しっかり把握しておきましょう。

空港ラウンジ

ゴールドカード以上のランクだと、空港ラウンジが無料で利用できる特典が付いてきます。

空港でチェックインを済ませた後、少し時間に余裕が出来るはず。そんな時に活躍するのが空港ラウンジです。

フリードリンク、フリーWi-fi、シャワールームなど設備が整っており、フライト前のひと時をゆったり過ごせます。

補償が手厚い

ゴールドカードは、一般カードと比較して補償額が高額。

海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険などの補償額が大きいので、常に安心を携帯できます。

また、ゴールドカードは"家族カードを持っていない家族"も補償の対象となるので、家族全体で考えてもお得です。

ポイント優待

ゴールドカードは一般のクレジットカードよりも、還元率が高い場合が多いです。

マイルであったりポイントであったりと、カードごとに強みがあるので、ライフスタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。

ちなみに「ポイント還元率は平均的である代わりに、サービスの質が高い」というカードもあります。

例えばアメリカン・エキスプレス・カードは還元率が低いですが、旅行におけるサービスや補償制度が充実しているという強みがあります。

還元率にこだわる方は、ゴールドカードの中でも慎重に選択するべきでしょう。

レストラン優待

高級レストランや料亭など、上質なお店で割引優待を受けられるカードも多いです。

特にダイナースクラブは、こういったサービスを提供する代表的なブランド。

「食事をする人=Diners(ダイナース)」というネーミングがブランドの由来になっているほど、グルメ優待に優れています。

専用デスク

会員の様々な要望に電話一本で応じてくれるのが、ゴールドカード専用デスク。

旅行の手配やチケットの入手など、電話口で何分も待たされることなく素早く対応してくれます。

一般カードの場合、混み合っている時などはオペレーターにつながるまで結構待たされたりするので、ストレスなくつながるメリットは大きいでしょう。

限度額が大きい

ゴールドカードは、一般カードよりもカードの利用限度額が大きいです。

「ゴールドカードを取得できる時点で、ある程度の収入と信用度がある」と見なされるため、当然ではありますが、大きな買い物をする時などにありがたいですね。

ちなみに限度額を超えて利用したい場合、アメリカン・エキスプレス・カードならカードに事前入金することで、限度額以上の利用もできます。

高いステータス

なんと言ってもゴールドカードを保有する一番のメリットは「ステータス」!

ゴールドカードを持っているだけで周りから一目置かれたり、提携店で優待されたりと、贅沢尽くし。

また、ゴールドカードを利用し続けて信用度が上がると、カード会社から"プラチナカード"へのインビテーション(招待)が届くこともあります。

プラチナカードを入手するには、「ゴールドカードの利用実績を積むこと」がほとんど必須!

道のりは長いですが、プラチナカードは「ゴールドカードより更に質の高いサービス」を利用できるので、目指してみるのもおすすめです。

低年会費で持てるゴールドカード

ゴールドカードの中では年会費1,905円(税抜)が最安値水準!

これより安いゴールドカードは、今のところ見たことがありません。

  MUFGカード ゴールド セディナカードゴールド NTTグループカードゴールド セディナゴールドカード
MUFGカードゴールド セディナカードゴールド NTTグループカードゴールド セディナゴールドカード
年会費 1,905円(税抜) 1,905円(税抜) 5,000円(税抜) 6,000円(税抜)

29歳以下限定のゴールドカード

ヤングゴールドカードというジャンルのカード。

低年会費ながら、ゴールドカードとして申し分のないサービスを提供してくれるので、とてもお得。

29歳を過ぎると自動的に通常のゴールドカードへ切り替わるため、お試しで持ってみるのも良いですね。

  三井住友VISAプライムゴールドカード UCカードヤングゴールドカード JCB GOLD EXTAGE
三井住友VISAプライムゴールドカード UCカード ヤングゴールド JCB GOLD EXTAGE
年会費 5,000円(税抜) 3,000円(税抜) 3,000円(税抜)

ゴールドカードまとめ

クレジットカードの中でも2番目にランクの高いゴールドカード。

最近は、「ゴールドカードを手に入れるのは難しい」というイメージは払拭されつつあります。

ぜひ、思い切って取得を目指してみてくださいね。

もっと読む

そのさらに上位ランクである「プラチナカード」について、併せてご覧ください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket