クレジットカードに付帯するショッピング保険とは何か?その内容や必要性について徹底解説。

クレジットカードの付帯保険の中でも、「旅行傷害保険」と並んで代表的なのは、「ショッピング保険」。

ショッピング保険は、年会費無料のカードにも付帯していることが多いので、安心してお買い物が楽しめます。

今回は、そんなショッピング保険について、適用の条件等を含めて詳しく解説します。

ショッピング保険とは?

ショッピング保険とは、「クレジットカードで購入した物が、盗難・破損等の損害を受けた場合に、その金額を補償してくれる保険」のこと。

クレジットカード会社によって様々な呼び方がありますが、全て意味は同じです。

  • ショッピングプロテクション
  • ショッピングリカバリー
  • お買い物保険
  • ショッピングセイバー
  • ショッピングセーフティ
  • ショッピングガード保険
  • 動産総合保険

ただ、何でもかんでも補償してもらえるという考えは間違いで、適用にはいろいろと条件があります。

ショッピング保険の条件は?

補償期間

ショッピング保険には補償期間が存在します。

多くのカードは適用期間を90日間としているので、だいたい3ヵ月程度と覚えておいて良いでしょう。

商品を購入してから90日以内に連絡をしないと、それ以降の商品に関しては補償されません。

自己負担額

ショッピング保険を利用する際、3,000円~10,000円程度の自己負担が必要という場合がほとんどです。

そのため、あまり安いものだと、逆にショッピング保険が損になり得ることもあります・・・。

補償を受ける場合は、自己負担額より金額の高いものでないと意味がないでしょう。

ショッピング保険を受ける際に必要なものは?

ショッピング保険の補償を受ける場合、クレジットカードのお客様控え(クレジットカードで商品を購入した際に付いてくるレシート)が必要です。

これがないと保険が適用されません。

商品をクレジットカードで購入したことを証明するために必須なので、必ず保管しておきましょう。

ショッピング保険が適用されない商品は?

ショッピング保険は、商品によっては適用の対象外となることがあります。というより、対象外の物が結構多い・・・。

こちらは保険が適用されないため、注意しましょう。

  • 動物
  • 植物
  • 電子機器
  • 家電
  • 乗り物
  • 商品券
  • メガネ
  • サーフボード
  • 食料品

ショッピング保険が適用されない事例は?

商品以外にも、ショッピング保険が適用されない事例もあります。

規定には「盗難や破損が対象」とありますが、次のような場合はショッピング保険が適用されません。

  • 置き忘れ
  • 紛失
  • 詐欺被害
  • 配送中の破損
  • 水害
  • 地震による損害

つまり、「自分のミスでも自然災害でもなく、突然の事故として商品にトラブルが起きた」際に適用されるということです。

ショッピング保険の注意点

ショッピング保険の補償を受ける際に注意したいことを確認しておきましょう。

修理代しか出ない場合がある

ショッピング保険では、破損した商品が修理不可な状態であれば全額補償されます。

しかし、もしも修理可能な状態なら修理代のみが補償されます。

「修理できる状態だけど新品が欲しい」と思っても、そうはいきません・・・。

購入に条件が付くことがある

カードによっては、次のようにショッピング保険適用に条件があることも。

  • 分割払いやリボ払いで購入した商品のみ適用
  • 海外での利用時のみ適用

といった感じです。

ショッピング保険は必要なのか?

これまで説明してきた通り、ショッピング保険には様々な適用条件があり、正直必要性を感じない方もいるのではないでしょうか。

まとめると、保険適用となるのは"壊れにくく高額な商品が、自分のせいでも自然災害のせいでもなく、偶然のアクシントで盗難・破損を受けた場合"ということになりますが、こんなケースは滅多にありませんよね。

実際「最も壊れやすく、補償が要りそうな家電や電子機器が保険の対象外」という時点で、特に需要がないように感じます。

それに、電子機器などはメーカーの保証が付いているので、ますますショッピング保険を利用する機会はなさそうです。

いざという時の心のよりどころくらいの認識がちょうど良いかもしれません。

こんな人にはショッピング保険が必要!

しかし、全然役に立たないというわけではありません。ショッピング保険はこんな人におすすめと言えるでしょう。

  • ショッピング保険の対象となる高価な商品を買う人
  • 海外でお買い物をする人

海外でのお買い物や、ブランド品など高価なお買い物をする方にとっては、なくてはならない保険とも言えます。

実際、ショッピング保険はカード会社ごとに細かく条件が設定されているので、確認してみてください。

高価なお買い物をする機会がそう多くないなら、「万一の際に適用されたらラッキー!」くらいに受け止めておくのが得策かもしれません。

クレジットカードにショッピング保険が付いていたらそれはそれで良いと思いますが、わざわざ付いているかどうかでカードを選ぶ必要はないでしょう。

上質なショッピング保険付きカード

最後に、上質なショッピング保険が付帯しているクレジットカードを紹介します。

アメリカン・エキスプレス・カード ショッピングプロテクションの他に「リターンプロテクション」が付帯。商品の返品を店舗が受け付けない際に、その購入額を補償してくれるという、他のカード会社にはないレアな保険です。
アメリカンエキスプレスカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ショッピングプロテクション、リターンプロテクションの他に「キャンセルプロテクション」も付帯!各種チケットをキャンセルする際に、その費用を配偶者も合わせて年間最高10万円まで補償してくれます。
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

まとめ

いかがでしたか?

ショッピング保険は必須ではないという結論ですが、もしも付帯していれば、クレジットカードでお買い物をする際に少しでも不安を減らせるでしょう。

もっと読む

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket