smaho

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下「CCC」)の子会社であるCCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:武田宣、以下「CCCマーケティング」)は、ポイントカードやスタンプカード、クレジットカード、電子マネー、キャッシュカードなど、お財布の中にある各種カードを一つのアプリに集約し、アプリ経由で利用できる共通プラットフォーム「スマホサイフ」アプリを7月20日より提供を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

お財布の中にあるカードをスマホに集約できる「スマホサイフ」というアプリが、2016年7月20日にリリースされます。

このアプリを開発したのは、CCCマーケティング株式会社(Tカードなどを発行するCCC株式会社の子会社)。具体的にどんなアプリなのか、解説していきます。

スマホサイフとは?

smasaif

スマホサイフとは、

  • ポイントカード
  • スタンプカード
  • クレジットカード
  • 電⼦マネー
  • キャッシュカード

など、お財布の中にある数種類のカードを、一つにまとめることができるアプリ

また、他にもこんなメリットがあります。

  • カードの残高や使用履歴も、一つのアプリでまとめて管理できる
  • 好きなブランドの割引クーポンや、セール情報もまとめて届く

スマホサイフの使い方

スマホサイフの使い方

  1. アプリを開く
  2. 店頭でバーコードやQRコードを提示する

スマホサイフの使い方は非常にシンプルなので、手間もかかりません。

対象のカードは?

現時点でスマホサイフと提携している企業は、下記のとおり。

そのため、下記の店舗で使えるカードは、スマホサイフに集約できます。

業種 企業名 ブランド
ファストフード  株式会社モスフードサービス モスバーガー
ドーナツ専門店 クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社 クリスピー・クリーム・ドーナツ
フラワーショップ  株式会社日比谷花壇 日比谷花壇
アパレル 株式会社ライトオン ライトオン
株式会社イーグルリテイリング アメリカンイーグルアウトフィッターズ
ギャップジャパン株式会社 Gap
 株式会社TSIホールディングス  NATURAL BEAUTY BASICなど 36ブランドで順次開始予定
ファッション小売  株式会社ユナイテッドアローズ※ 実施ブランド検討中
電子マネー 株式会社ジェーシービー※ QUICPay(JCBグループ発行のみ)
共通ポイント 株式会社Tポイント・ジャパン Tポイント提携企業(モバイルTカード対応店)

※「スマホサイフ」アプリでの取り扱いに向けて協議中。また、決済機能については、提携企業によって異なります。

スマホサイフのデメリットは?

スマホサイフのデメリットは、現段階では提携企業が少ないことです。

しかし、この点については提携拡大の方針が出されているので、今後に期待したいですね!

また、スマホの電池切れ・紛失・水没などの際には、スマホサイフが利用できなくなってしまうこともデメリットの一つと言えるでしょう。

多機能クレジットカードを紹介

クレジットカードにも、数種類のカードが一体化した多機能なものがあります。

それがイオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトはイオンカード(WAON一体型)にイオン銀行への連携を追加することで、クレジットカード機能と電子マネー、キャッシュカード機能の1枚3役をこなすクレジットカードです。

イオングループの店舗をよく利用する方や、既にイオンカード(WAON一体型)をお持ちの方には、特におすすめできるカードです。

スマホサイフのまとめ

今後、提携企業が増えていけば、ポイントから決済までが一つのアプリで可能になり、お買い物がますます便利になりますね。

また、これまで別々のアプリで管理していたポイントカードなどがスマホサイフと提携すれば、すべて一つのアプリに集約されて、スマホ画面もすっきり整理できます。

ぜひ使ってみたいですね!

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket