クレジットカードのセキュリティコードとは何か。初心者向けにその確認方法と役割をまとめてみました。

ネットショッピングでクレジットカード決済をする場合、カード情報を入力しなくてはなりません。

この時、ほとんどの場合「セキュリティコード」の入力を求められます。

しかし、クレジットカードに慣れない方からしたら「何それ?どこに書いてあるの?」と思うのも無理はないですよね。

そこで、今回はセキュリティコードの確認方法とその役割について解説します。

セキュリティコードとは?

クレジットカードのセキュリティコードとは、券面に記載されているカード情報の1つ。

主にインターネットでのお買物時に、本人確認のために入力を求められる、暗証番号のようなものです。

特徴としてはこんな感じ。

  • カード利用伝票や明細書に記載されることはない
  • カード所有者にしかわからない

何のためにあるの?

セキュリティコードは、インターネットでのお買物時に、第三者からの悪用を防ぐためにあります。

カードが手元にないと確認できないため、自ずと本人確認へと繋がります。

また、クレジットカード番号とは違ってデコボコした文字ではなく、ペンで記入したような質感で記載されています。

そのため、磁気情報として取り扱うことはできず、カードリーダー等によって読み取られる心配もありません。

万一、他人にカード番号や有効期限等の情報を盗まれたとしても、セキュリティコードだけは偽造ができないため、悪用を防げます。

どこに書いてあるの?

クレジットカードのセキュリティコードとは何か。初心者向けにその確認方法&役割をまとめてみました。

セキュリティコードは、カードの裏面のサイン欄に記載されています

右端から3桁の数字がこれに当たります。

VISA、MasterCard、JCB、ダイナースクラブが発行するカードは、裏面を確認してください。

アメックスだけは特殊

 

ただし、アメリカンエキスプレスだけは例外で、表面にセキュリティコードの記載があります。ただし、アメリカンエキスプレスだけは例外で、表面にセキュリティコードの記載があります。

また、アメリカンエキスプレスだけは4桁になっているので、少しわかりづらいかもしれませんね・・・。

セキュリティコードの名称

このセキュリティコードは、国際ブランドによって名称が異なります。

  • VISA:CVV2(Card Vertification Valueの略)
  • MasterCard:CVC2(Card Validation Codeの略)
  • JCB:なし
  • アメリカンエキスプレス:CID(Card Identification Numberの略)
  • ダイナースクラブ:なし

JCBとダイナースクラブだけは特に名称を定めていないみたいですね。

とはいえ、セキュリティコードのことを「CVV2」等と呼んでいる人は見たことがありません。

もちろんインターネットでの入力時にも、「CVV2を入してください」等とは言われたことがないです。

一般的には「セキュリティコード」の呼称で通用していることは間違いないでしょう。

まとめ

インターネット上ではまだまだ、「セキュリティコードがなくても決済ができてしまう場合が多い」という現実も。

経験上ネットショッピングでは、毎回セキュリティコードの入力を求められないことが多かったです。

「一度カード情報を登録してしまえば、そのまま情報が引き継がれて決済がスムーズになる」

という、クレジットカードのメリットを損ねることに繋がるためでしょう。

「セキュリティコードがあれば100%安心」とは決して言いきれないため、自分自身でも日頃から注意が必要です。

もっと読むgv

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket