ダイナースクラブロゴ

アメリカンエキスプレスと並ぶ富裕層向け国際ブランドである「ダイナースクラブ」。

ダイナースクラブの中で一番グレードの低いカードですら、他社のゴールドかプラチナカードと同程度の価値を持ちます。

入会へのハードルはかなり高いので、ダイナースクラブを持っている人は暗黙の了解でセレブと認識されます。

そんなダイナースクラブの魅力を徹底解説!

ダイナースクラブの持つイメージ

クレジットカード上級者の間では、ダイナースクラブのイメージをこのようにとらえている人が多いようです。

『年配向き。スマートで、洗練された紳士・淑女が持つイメージ』

対してアメリカンエキスプレスの持つイメージは下記の通り。

『若年向き。ゴージャス。若くして成功した社長等が持つイメージ』

そんなアメリカンエキスプレスのイメージと比較すると、ダイナースクラブは「落ち着いている」という言葉がよく似合います。

個人的には、プロパーカードならアメリカンエキスプレスよりもダイナースクラブの方が、ワンランク上に位置する印象です。

どんな特徴があるの?

ダイナースクラブは世界初のクレジットカードであり、由緒あるアメリカの国際ブランド。日本に導入された一番最初のクレジットカードでもあります。

ダイナースクラブが設立された当初、「買い物、石油、航空、運輸、電話、鉄道」などでは早くからカードが発達していたのに、レストランで使用できるカードがほとんどありませんでした。

そのため『食事をする人』のためのクラブという意味で、『Diners Club』というネーミングに決定したと言います。

確かに、ダイナースの『Diner(ダイナー)』はディナーと読むこともできますね。

利用限度額がない

ダイナースクラブの最大の特徴と言えば、利用限度額が存在しないこと

高級車や、一戸建ての家もカードで買うことができてしまいますので、過去には「ダイナースクラブカードでメルセデスベンツが買える」というキャッチフレーズも存在したそうです。

ただし車や家を購入する場合、支払い方法は翌月一括払いのみなので、相当の支払い能力が必要でしょう。

ちなみにアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードも利用限度額に一律の制限はありませんが、限度額が50万円程度だった事例もあります。

そう考えると、一般カードながらカードで家や車が買えるという、ダイナースクラブがいかに凄いかわかるでしょう。

提携先が一流企業のみ

ダイナースクラブのすごいところは、ブランド力の維持を徹底していること。

例えばVISAやMasterCard、JCBはイオンやセゾンと言った流通系企業と提携しており、「大多数の人がスーパーやコンビニなどで生活に密着した『お得』を手にできる」という側面も持っています。

ところがダイナースクラブの提携先を見てください。

セレブ御用達の一流企業としか提携していません。というか、そもそもセレブしかターゲットにしていません。

「ダイナースクラブの会員には、多くの人より洗練された1人を選びたい」というメッセージが込められているのでしょう。

このスタイルがダイナースクラブのブランド力とステータスを守り続けてきたのですね。

グレードは3種類だけ

通常、クレジットカードにはゴールドカードやプラチナカードと言ったランクが存在しますが、

しかしダイナースクラブカードは3種類だけ。

  • ダイナースクラブカード:一般申し込み可
  • ダイナースクラブ ビジネスカード:団体代表者、個人事業主専用
  • プレミアムダイナースクラブカード:インビテーション(招待)のみ

グレードは3種類、しかも一般申し込みができるのは「ダイナースクラブカード」一択というところにまた希少価値を感じます。

プレミアムダイナースクラブカード(年会費13万円+税)のインビテーションが届く条件は公開されていませんが、「年間利用額が400万円程度あること」という噂も・・・。

いずれにしてもダイナースクラブは本当に限られた人しか持てない、希少性の高いカードです。

ダイナースクラブリワードポイント

カード利用100円につき1ポイント貯まるダイナースクラブリワードポイントは、有効期限がありません。

貯めたポイントの交換先も豊富で、旅行好きな方ならマイルと交換する使い道もおすすめ。

無条件で無期限ポイントとして貯めることが出来るので、通常有効期限のあるマイルなども実質無期限マイルとして貯められます。

14社の航空会社と提携しているため、好きな便を選ぶことも可能。主な提携航空会社は以下の通りです。

  • ANA
  • アリタリア航空
  • コリアンエアー
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空
  • クリスフライヤー
  • マレーシア航空 他

Diner(ディナー)での豪華な優待

もともと『食事をする人』のためのカードとして作られたダイナースクラブは、グルメにおいても力を発揮します。

特別な空間で素敵なディナータイムを過ごせるのは、ダイナースクラブならではの特典です。

エグゼクティブ ダイニング 1名分のコースを優待。6名以上なら2名分の料金が無料になるグループプランも用意。
おもてなしプラン シェフやオーナーが心をこめて用意する、その店ならではの“おもてなし”を受けられる。店舗ごとに様々な優待を用意。
料亭プラン 通常は予約が難しい高級料亭をダイナースクラブが会員に代わって予約。
サインレス・スタイル 専用デスクに予約すると、当日はダイナースクラブカードの提示もサインも不要。
アラン・デュカスからの招待 国内外にも多くのレストランを運営するアラン・デュカスが、会員ための特典を用意
ナイト イン 銀座 銀座のバーやクラブにもっと気軽に親しめるプランを提供。

トラベルでの優待

もちろん、アメリカンエキスプレスに負けじと旅行における優待も充実しています。

一枚あれば旅で不自由をすることはまずないでしょう。

  • 空港ラウンジ
  • 手荷物宅配サービス
  • 空港送迎タクシー・サービス
  • 国内外でのホテル優待
  • パッケージツアー割引
  • 航空券の手配 他

エンタテイメントでの優待

会員であれば、あらゆる店舗にて割引優待を受けることができます。↓一例でもこんなにたくさんあります。

  • コナミスポーツクラブ優待
  • スパ優待
  • 銀座ショッピング優待プラン
  • ゴルフプライベートレッスン優待
  • ゴルフ練習場優待 他

保険が充実している

ダイナースクラブカードは普通カードでも最高1億円の旅行傷害保険と、最高500万円のショッピング・リカバリーが付帯しています。

他社の普通カードなら旅行傷害保険は1,000万円~2,000万円程度であることを考慮すると、いかにダイナースクラブの保険が手厚いかわかるでしょう。

他社のプラチナカードに匹敵する価値を持っています。

まとめ

アメリカンエキスプレスと並んで2大富裕層向け国際ブランドの地位を築く『ダイナースクラブ』。

個人的には「アメリカンエキスプレスよりもワンランク上なのではないかな」という印象を受けます。

決して簡単に手の届く国際ブランドではありませんが、一度は手にしてみたい憧れのブランドです。

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket