ダイニング30

クレジットカードの醍醐味は、ポイントサービスやステータス等だと考えている方が多いのではないでしょうか。

しかし、プラチナカードや一部のカードでは、グルメ優待サービスが充実していたりするので、利用しない手はありません。

そこで今回は、今年2016年3月1日からJCBでスタートした『ダイニング30(サーティー)』について紹介します。

これは飲食代が30%OFFになる特典なので、知っているのと知らないのとでは大きな差が出てきます。

ダイニング30とは?

JCBがザ・クラス会員向けに開始した『ダイニング30』を利用すれば飲食代が30%OFFに!

2016年3月1日より、JCBでは上級会員向けに新たなグルメ優待サービス『ダイニング30(サーティー)』を開始しました。

利用すると、飲食合計代金またはコースの総額が30%OFFになります

対象者は、JCB発行の以下のクレジットカードを持つ人です。

jcb

  • ザ・クラス
  • プラチナ
  • ゴールドザ・プレミア

3月8日の時点で対象のお店は71店舗。おそらく今後も拡大していくでしょう。

利用方法は?

対象者は↓のような流れでダイニング30を利用できます。

  1. 予約時にダイニング30を利用する旨を伝える
  2. 支払時にJCBザ・クラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミアで支払うことを伝える

注意しなくてはならないのが、「予約の時点でダイニング30を利用することを申告する必要があること」です。

お会計時にいきなり「ダイニング30で。」と言っても適用されません。

予約時に、忘れずに伝えましょう。

グルメベネフィットとの違いは?

グルメベネフィット

JCBでは既に『グルメベネフィット』というグルメ優待サービスを提供しています。

これは、対象のお店のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の飲食料が無料になるというサービス

2人で行けば50%OFFです。つまり半額

こう聞くと、グルメベネフィットの方がお得なのでは?と感じますが、それぞれにメリットがあります。

ダイニング30の割引率はグルメベネフィットには劣りますが、割引が「お会計総額」に適用されることにメリットがあります。

つまり、ダイニング30は人数が多ければ多いほどお得

逆にグルメベネフィットは、人数が少ない方が割引率をキープできます。

お得度を計算してみると・・・

例として、ダイニング30とグルメベネフィットについて、簡単に計算してみました。

1人10,000円の食事を2名で予約
  • グルメベネフィット:お会計10,000円。10,000円お得!(一人当たり5,000円)
  • ダイニング30:お会計円14,000円。6,000円お得!(一人当たり7,000円)

2名だとグルメベネフィットの方がお得。

それでは、6名で計算してみます。

1人10,000円の食事を6名で予約
  • グルメベネフィット:50,000円。10,000円お得。(一人当たり約8,333円)
  • ダイニング30:42,000円。18,000円お得。(一人当たり7,000円)

どうでしょうか?ダイニング30は、人数が多ければ多いほどお得ということがわかるでしょう。

実際は人数やお会計額によっても変わってくるので、あくまで参考程度に。

まとめ

ダイニング30は「JCBの上級会員向け」と限定的な範囲ですが、30%割引という特典は大きいです。

3人以上だとお得を感じやすいので、会食やパーティー等、大人数になることが予想される時はぜひ活用してみると良いでしょう。

サービス条件に関してはお店ごとに違うようなので、Webサイトで確認してください。

JCBザ・クラスはインビテーション制なので、まずはJCBゴールドカードを持つことから始めてみるのがおすすめです。

もっと読む

JCBザ・クラス向けの"東京ディズニーランドの会員制レストラン「クラブ33」への入場特典"については改悪となったので、確認しておきましょう。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket