カード

現金派の方にとっては、クレジットカードとデビットカードの違いを知る機会があまりありません。

違いを聞いてみても、ぼんやりとしかわからないという人も多いでしょう。

そこで、今回はクレジットカードとデビットカードの違いを徹底解説します。

支払い方法の違い

クレジットカードとデビットカードの最大の違いは「支払い方法」です。

  • クレジットカード:後払い
  • デビットカード:即時払い

クレジットカードは、あらかじめ定められた利用可能枠の範囲内で利用できます。支払いは、"カード会社が設ける「引落日」に銀行口座から引き落とされる"という後払い式。

それに対してデビットカードは銀行口座と紐づいているため、口座残高以上の利用はできません。使ったと同時に利用金額が引き落とされます。

そのため、クレジットカードのように「分割払い、リボ払い、ボーナス払い」等はできず、1回払いのみとなります。

審査の違い

  • クレジットカード:審査あり
  • デビットカード:審査なし

クレジットカードは間接的には借金に近いため、信用を元にカードを発行できるかどうかの審査があります。

「カードを発行しても問題ないかどうか」を信用情報や収入を見て判断するので、この審査に落ちると当然ながら発行はできません。

対して、デビットカードは使った分が即時引落しとなります。カード会社がお金を貸し付けることはないため、その分審査も基本的には不要。

申込条件もクレジットカードは"18歳以上(高校生を除く)"であるのに対し、デビットカードは"15歳以上(中学生を除く)"であることが多く、ハードルも低めです。

ポイント還元率の違い

  • クレジットカード:還元率平均0.5%、それ以上も多い
  • デビットカード:還元率0.2%前後、もしくは還元率自体無い

クレジットカードは「カード利用100円ごとに○ポイント付与」といった還元率を売りにしているため、ポイントサービスが充実しています。

平均は0.5%で、高いと楽天カードのように還元率6.0%なんてことも。数十万、数百万の利用となるとかなりの差が出てきますよね。

デビットカードの場合は、還元率自体が無いという場合も多く、0.2%前後あれば良いほう。

還元率より「利子」と考えた方が適切かもしれません。基本的にデビットカードは、ポイント目的で利用するカードではありません。

国際ブランドの違い

国際ブランドに関しては、クレジットカードもデビットカードも使い方に差はありません。

最近発行されているデビットカードには、クレジットカードと同じようにVISA、MasterCard、JCBなどの国際ブランドが付いていることが多いです。

そのため、これらの加盟店ではクレジットカードはもちろん、デビットカードも使えます。もちろん、海外やネットショップでも同様。

  • VISAの加盟店:VISAのデビットカードが使える
  • MasterCardの加盟店:MasterCardのデビットカードが使える
  • JCBの加盟店:JCBのデビットカードが使える

※一部の加盟店ではデビットカードが使えない場合も稀にあります。心配な方はデビットカードが使えるかどうか確認してください。

クレジットカードとデビットカードはどちらがお得?

クレジットカードとデビットカードの違いをまとめてみました。

  クレジットカード デビットカード
支払い時期 後払い 即時
支払い方法 一括/分割/リボ/ボーナス等 1回払い
審査 あり 原則なし
利用可能額 カードによって違う
(10万円~無制限まで幅広い)
預金口座残額内
還元率 平均0.5%、またはそれ以上 なしまたは0.2%前後
メリット カードごとの特典・優待・サービスが多い 使い過ぎの心配がない
デメリット 使いすぎる心配がある 目立ったお得感がない

比較してみると、使い過ぎの心配さえなければ、クレジットカードの方が断然お得であることがわかります。

デビットカードを簡単に言うと「決済機能の付いたキャッシュカード」なので、お得という面ではメリットが薄いかもしれません。

それぞれ、こんな人向けです。

  • クレジットカード:優待サービスやポイント、ステータス等を重視する
  • デビットカード:クレジットカードを持つまでもないけど、現金を持ち歩きたくない

人気のデビットカード

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)

デビットカードは還元率0.2%前後が一般的なのに対し、楽天銀行デビットカード(JCB)は、還元率2.0%

クレジットカードを持つのは不安だけど、還元率も捨てがたいという方におすすめです。

楽天銀行の口座と紐づけて利用するデビットカードです。

三菱東京UFJ-VISAデビット

三菱東京UFJ-VISAデビット

CMでおなじみの三菱東京UFJ銀行が発行するデビットカード。国際ブランドがVISAなので、海外でも問題なく使えます。

また、海外のATMで現地通貨も引き出せるので国際キャッシュカードとしても重宝する1枚。

還元率最大0.5%でキャッシュバックされます。

HISワールドキャビットVISAデビットカード

HISワールドキャビットVISAデビットカード

スルガ銀行発行の海外向けデビットカードで、旅行や留学の際に大活躍。

利用額の0.2%が1年に1回キャッシュバックされます。

まとめ

クレジットカードとデビットカードはどちらも機能が違いますが、それぞれにメリット・デメリットを持っています。

「使い過ぎが心配」という理由だけでクレジットカードを持つのをためらっている方は、カードの限度額を10万円など少なめに設定すれば問題ありません。

日々のお得を考えるなら、クレジットカードが断然おすすめです。

もっと読む

トップページ:クレジットカードおすすめ比較で自分ピッタリの1枚を探す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket