「支払いはグーグルで」と声をかけるだけでお買物ができる『Hands Free(ハンズフリー)』がすごい!

最近、クレジットカードを利用する際の本人認証手段として、生体を用いた技術が次々と開発されています。指紋認証や静脈認証、顔認証等・・・。

そんな中、現在Google(グーグル)が実験を進めているのは声を用いた本人認証システムです。

その名も「Hands Free(ハンズフリー)」。今回は、このハンズフリーについて紹介します。

「声」でお買い物!

「支払いはグーグルで」と声をかけるだけでお買物ができる『Hands Free(ハンズフリー)』がすごい!

現在Google(グーグル)が実証実験を行っているのは、「声」を用いた本人認証システム。

お会計の時、店員さんに「グーグルで支払います(I'll pay with Google)」と言うだけで支払いが完了します。

もちろん現金やクレジットカードを取り出したり、スマートフォンを専用端末にかざす必要もありません。

手を一切使わず声だけで支払いが完了することから、このシステムはHands Free(ハンズフリー)と名付けられています。

Google(グーグル)が実験中

ハンズフリーは、現在アメリカのシリコンバレーにて実験が行われていますが、まだ初期段階のようです。

ハンズフリーが体験できる場所
  • マクドナルド
  • ピザチェーン店のパパ・ジョーンズ(Papa John's)
  • 地元レストラン

※シリコンバレーのサウスベイ店のみ

日本にはまだ上陸していませんが、シリコンバレーに行く機会があるなら、観光ついでに体験してみるのも良いかもしれません。

ハンズフリーの使い方と仕組み

しかしなぜ、ただ声をかけるだけで支払いができるのか気になります。

というわけで、使い方や仕組みについても調べてみました。

使い方は?

  1. アンドロイドまたはiPhoneに専用のアプリをダウンロード
  2. クレジットカードやデビットカードの情報や、顔写真等を登録
  3. お会計時に「支払いはグーグルで」と声をかける

実は、ハンズフリーは正確に言うと「声認証」ではありません。

実際には下記のような流れです。

  1. 「支払いはグーグルで」と言うことで支払い方法を指定
  2. 顔認証が行われる
  3. 一致すれば支払いが完了

そのため、「ただ声をかければ良い」というわけではないみたいですね。

仕組みは?

ハンズフリーがユーザーをなぜ認証できるかというと、下記のようなシステムが働くため。

  1. GPSによる位置情報、無線通信のBluetooth(ブルートゥース)やWi-fi等が作動
  2. 専用アプリが、ハンズフリー加盟店の近くにいることを検知
  3. 「支払いはグーグルで」と言うと、アプリとレジに置かれた専用端末同士が通信

つまり、「自身の位置情報を加盟店に読み取らせた後で、店員に声をかけると、顔認証が行われて決済完了。」という仕組みです。

お買物後は、利用明細がスマートフォンに届きます。画期的ですね。

セキュリティ面の心配は?

スピーディーに支払いができるというメリットがある反面、声だけでお買物ができちゃうとなるとセキュリティ面で不安・・・。

そんな問題点はどのように解決するかというと、いろいろと対策が取られているようです。

店員がお客をしっかり確認

不正利用防止のために、店員側でもしっかりと「そのお客が本人であるかどうか」を確認します。

  • 店員がお客に名前のイニシャルを訪ねる
  • 専用端末に表示された、買物客の顔写真と照らし合わせる

顔認証の実験も実施

声の他に、店内のカメラを使った顔認証の実証実験も行われているみたいです。

カメラ画像と、ハンズフリーに登録された顔写真を照合させて本人確認するとか。

カメラの画像と照合できれば、店員さんの主観で誤判断する可能性もなくなりそうですね。

個人情報保護のために、カメラで撮影した画像は、お買物終了後に即消去されるので安心です。

ハンズフリーのメリット

ハンズフリーのメリットを挙げてみました。

支払いがスピーディー

お財布、現金、クレジットカード、スマートフォン・・・。

お会計の際に、これらを出す手間が省けます。

手ぶらでお買物ができるため、「とにかくスピーディーで楽」というメリットが挙げられるでしょう。

不正利用の危険性が減る

顔は偽造できない唯一無二の生体なので、他人から悪用される危険性はほとんど0に近いです。

また、お会計時にカードを出す必要がないので、クレジットカード情報を晒さなくて済みます

スキミングやカード番号盗用の心配も減るでしょう。

まとめ

もっと読む

今回は声でのお買物について紹介しましたが、他にも様々な『生体を用いた本人認証システム』が、最近続々と開発されています。

興味のある方は、ぜひ併せてご覧ください。

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket