電子マネーWAON(ワオン)を徹底攻略!WAONポイントを貯めて毎日の暮らしをお得に。

数ある電子マネーの中でもWAON(ワオン)は、主にイオングループで使える電子マネーとして人気。

 支払いが完了すると、「ワオン!」という犬の鳴き声風のサウンドが鳴り、会員を楽しませてくれます。

 今回はそんなWAONについてまとめてみました。

WAON(ワオン)って?

WAONは、ポイントがたまるおトクな電子マネー。

主に「イオンでお得に使える電子マネー」としての認知度が高いですが、もちろんイオン以外でも幅広く使えます。

 犬をモチーフにしたイメージキャラクターと、支払い完了時に鳴る「ワオン!」という犬の鳴き声風のサウンドが可愛らしくて主婦の方にも人気です。

WAONのスペックは?

電子マネーWAON(ワオン)を徹底攻略!WAONポイントを貯めて毎日の暮らしをお得に。

WAONポイントが貯まるポイントカード「WAON」のスペックをまとめました。

発行手数料 300円(税込)
年会費 無料
申込資格 特になし。誰でもOK
購入場所 イオンのお店(サービスカウンターなど)や一部の加盟店で購入可能
チャージ上限金額 50,000円
※1回のチャージ限度額は29,000円まで

他にもおサイフケータイや、クレジットカード一体型としてのWAONもあります。

WAONの使い方は?

WAONの使い方は、楽天EdyやSuica等と同じ。

  1. カードにチャージ(入金)
  2. 支払いの際に「WAONで支払います」と伝える
  3. レジなどに設置のリーダライタ(読み取り機)にWAONカードをタッチ
  4. 「ワオン!」と鳴ったらお支払い完了

WAONはそのままでも使えますが、名前や生年月日、住所等を登録すると↓のサービスが追加で使えるようになります。

  • WAONカード紛失・盗難時の残高移行
  • WAONポイントまとめてプログラム(ポイントの合算)
  • 提携ポイントとWAONポイントの交換

WAONポイントが貯まる

WAONカードでお買い物をすると、「WAONポイント」が200円(税込)につき1ポイント(1円相当)貯まります

※200円(税込)未満の端数は切り捨て。

この他に、キャンペーンの参加等でWAONポイントがプレゼントされることもあるので、幅広い範囲でWAONポイントを貯められます。

WAONポイントの使い方は?

WAONポイントはWAON(電子マネー)に交換しないと使えませんが、この交換のことを「ポイントチャージ」と呼びます。

ポイントチャージはイオンのお店等に設置されているWAON端末(WAONステーション等)から行えます。

また、同端末からWAONポイントの残高・利用履歴の確認/WAONポイントダウンロード(プレゼントされたポイントの受取り)等も可能。

その他ポイントチャージ等が出来る端末
  • WAONステーション
  • イオン銀行ATM
  • Famiポート
  • ミニストップの店等レジ 1WAONポイントから1円分のWAON(電子マネー)と交換可
  • WAONネットステーション
  • モバイルWAON

WAONはどこで使えるの?

WAONは、こちらのマークがあるWAON加盟店で利用可能。

電子マネーWAON(ワオン)を徹底攻略!WAONポイントを貯めて毎日の暮らしをお得に。

お店で使う!

電子マネーWAON(ワオン)を徹底攻略!WAONポイントを貯めて毎日の暮らしをお得に。

WAONは、特にイオンで使えることで有名です。

その他、WAONが使える代表的なお店

ダイエー ミニストップ
ファミリーマート ローソン
ポプラ 生活彩家
ビックカメラ
※オートチャージ適用
コジマ
※オートチャージ適用
マック 吉野家
ハワイアンズ 富士急ハイらんど
コスモ石油  

ネットショップで使う!

電子マネーWAON(ワオン)を徹底攻略!WAONポイントを貯めて毎日の暮らしをお得に。

WAONの加盟店であれば、インターネットショップでも利用可能です。

ただし、その際は「ICカードリーダライタ」という決済端末が必要。

手順
  1. ネット決済まで進む
  2. ICカードリーダライタを接続し、WAONで決済

配送サービスで使う!

電子マネーWAON(ワオン)を徹底攻略!WAONポイントを貯めて毎日の暮らしをお得に。

「イオンネットスーパー」や「ヤマト便の配送料」など、配送ドライバーが携行する端末でWAONカードを使えます。

ただし、チャージやオートチャージはできません。

WAONのチャージ方法は?

電子マネーWAON(ワオン)を徹底攻略!WAONポイントを貯めて毎日の暮らしをお得に。

WAONのチャージ方法は4つあります。

1回のチャージ上限額は29,000円(入金額の上限が20,000円のカードは1回最大20,000円)。

現金チャージ

現金の場合、以下の端末から、チャージ可能です。

  • WAON加盟店のレジ イオン直営売場/ミニストップ/ファミリーマート等
  • WAONチャージャー
  • イオン銀行ATM

チャージ単位:1,000円単位

※モバイルWAON、モバイルJMB WAONも現金チャージができます。

イオン銀行口座からのチャージ

こちらのカードであれば、イオン銀行普通預金口座からチャージができます。

  • イオンカードセレクト
  • イオンバンクカード
チャージ可能な端末
  • イオン銀行ATM
  • WAONネットステーション(ICカードリーダライタが必要)

チャージ単位:1,000円単位

クレジットチャージ

指定のクレジットカードからチャージが可能です。

チャージ可能な端末
  • WAONチャージャー
  • WAONステーション
  • イオン銀行ATM
  • WAONネットステーション(ICカードリーダライタが必要)
  • モバイルWAON
クレジットチャージができるカード
  • WAONカードプラス
  • イオンカード(WAON一体型)
  • G.Gイオンカード
  • モバイルWAON(クレジットカード登録が必要)
  • JMB WAON、モバイルJMB WAON
    (JALカードのクレジットカード登録が必要)
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
  • 三井住友カードWAON
  • VJAグループ加盟各社発行のWAONカード
  • JP BANK カード WAON
  • 吉野家WAON(イオンカードが必要)
  • スポーツオーソリティWAONカードプラス

チャージ単位:1,000円単位

クレジットチャージならクレジットカードごとにポイントが付くので、現金チャージよりお得。

オートチャージ

こちらもクレジットチャージの1つですが、WAONの残高が一定額を下回った場合に自動でチャージされる方法です

利用できるクレジットカードは、上で記載したクレジットカード一覧に加えて下の2つもOKです。

オートチャージは下記の端末から申込・設定変更が可能。

  • WAONステーション
  • イオン銀行ATM、
  • WAONネットステーション(ICカードリーダライタが必要)

こちらもクレジットカードのポイントが貯まるので現金よりお得ですし、チャージの手間がかからなくて便利!

まとめ

WAONはクレジットカードからチャージするのが最もお得です。

イオン系列のクレジットカードはほとんどの券種が年会費無料なので、現金や銀行口座からチャージするならクレジットチャージがおすすめです。

また、WAON一体型のクレジットカードならお財布もかさばらず、利用明細もまとめて確認できるためメリットだらけです。ぜひご検討ください。

もっと読む

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    Pocket